新着情報トピック

リアルマッコイズN-1デッキジャケットの1ヶ月着込みサンプル (2012年01月19日)

おはようございます。日本経年変化協会です。
さて,昨日は株式会社ワイズエッグさんで秋國社長と打ち合わせをさせて頂いてから,社長の7年間愛用されている名刺ケースを突撃取材(突然取材?)させて頂きましたkirakira。秋國社長お忙しいところありがとうございましたicon11

そうこうしているとお昼過ぎに友人でもあるメガネ@部長さんご出勤kirakira。風邪が辛そうでした。彼のアイテムで何かないかなと思っていたら,前回紹介した昨年購入したばかりのN-1デッキジャケットを着用しておられましたが,まだ着用して1ヶ月も経ってないのにすでに変化がface08。ってことでゴホゴホ咳してるメガネ@部長さんを脱がせて撮影させていただきました(鬼か?本人は座薬の話ばかりしてましたが・・・)。


ヘビーローテーションが成せるスピードエイジングN-1

================
ブランド :ザ・リアルマッコイズ
型式   :N-1デッキジャケット
サイズ   :42
着用期間:1ヶ月足らず
着用回数:最低週4回
================
凄いface08。もぅコットン素材が変化し始めてます。
昨年2011年のクリスマスにプレゼントされてから,この冬の外出するときのヘビロテのアイテムだけあってすでに使い込んだ風合いが刻み込まれています。前回に撮影したのがこちらですよね?
【撮影2011年購入時撮影】

すでに雰囲気が変わってるのは一目瞭然です。ザ・リアルマッコイズの作り出すプロダクツの1つであるN-1ジャケットは最高級の素材で作られ実物以上のクオリティkirakiraだと言われています。普通は一ヶ月足らずでココまでにはなりませんicon11

右腕周り。腕の可動部にはすでに深い皺が刻まれています。メガネ@部長さんは
「営業で良く動くからじゃない?」
とのことicon11。営業の外回りで着用時間が長いこともスピードエイジングの要因だとも言えますねface06

左腕周りもバッチリですkirakira
コットンが日に焼けてくると独特の色落ちがありますし,摩擦で摺れて光沢も期待できます。

N-1の特徴でもあるアルパカで保温性を高めた襟周り。使用された雰囲気がビンビンに伝わりますね。どんな着方をしているのか聞いてみると,
「ジップして第一ボタンだけ外してボタン留めて襟立ててるかな?寒いし。実際の海軍もそうやで。」

とのこと。襟を立てて着用するのがポイントなんですなface06。前回撮影したときがこちら。
【撮影2011年購入時撮影】


比べてみるとアルパカの毛並みが変わってますねkabinkusa

内側のアルパカのライニングもN-1の特徴ですが,毛がだいぶ寝てきた印象を受けます。前回撮影したものと比べてみて。
【撮影2011年購入時撮影】

アルパカも動物の毛になりますので,使い込むと変色し毛並みが変わってきます。

今回注目したのはN-1の裾の部分。
汚れかな?と思ったのですが,汚れが青いicon11。なんとこれはデニムのインディゴが色移りしたとのことです(笑)。
現在私とメガネ@部長さんはヘビーオンスデニムの穿き込み対決をしていますが,新品のヘビーオンスデニムもヘビロテ中ですので,色移りしてしまったそうです。

やっぱり愛情込めてヘビーローテーションになるぐらい使い込むと持ち主の歴史が刻まれています。
今年の冬も寒く,きっとこのジャケットを一日中着用されて毎日外回りをしていることがジャケットに反映されているのでしょうね。
今後さらに変化するはずなので時折チェックしてみます(笑)。



同じカテゴリー(エイジングサンプル(ジャケット))の記事画像
『茶芯』と言う経年変化の魅力
リアルマッコイズ・ダウンベスト着込みサンプル
バックスキンレザージャケット
A-2のエイジング バズリクソンズとリアルマッコイズの違い
デニムジャケットの色落ちのコツ
同じカテゴリー(エイジングサンプル(ジャケット))の記事
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 リアルマッコイズ・ダウンベスト着込みサンプル (2012-01-17 14:01)
 バックスキンレザージャケット (2012-01-13 16:00)
 A-2のエイジング バズリクソンズとリアルマッコイズの違い (2012-01-06 08:00)
 デニムジャケットの色落ちのコツ (2011-12-27 12:08)

Posted by エイジングマスター at 10:00│Comments(0)エイジングサンプル(ジャケット)
前のページ
次のページ