新着情報トピック

2015年08月29日

コードバンアイテム完成しました

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

朝晩に秋の虫の鳴き声が聴こえてきましたtanuki
日中は暑いですけど、楽しい夏が終わっていきますねぇ~。

今回、仕入れたコードバンでアイテムを製作してみました。
9月の初日にSpecialite & Entreeの通販サイト(簡易版)がオープン予定ですので、そこで少しリリースできるかと思います。


コードバン採用で高級感がグッとましたカードケース『Pack』
今回製作したのはこちらkirakira

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


前回ご紹介させて頂きましたカードケース『Pack』の外装をコードバンで仕上げました。『Pack』の詳細は過去記事をご参照下さい。
今回、国内で唯一のコードバン精製を行う有限会社新喜皮革さんのコードバンを採用していますface03
新喜皮革さんのコードバンの詳細は8月1日に参加してきた工場見学の過去時期をご参照下さい。
コードバンは革の宝石kirakiraと言われております。
独特の質感と艶が良いですねぇ~。


インナーキャメルヴァージョンは3色のカラー展開
今回の仕様は外装パーツをコードバンに。内装パーツにはオリジナル皮革の『Pate』(牛革)のキャメルを採用しています。
オールコードバンにしても良かったのですが、あんまりかっこ良くなかったicon11ので、コードバンと牛革のコンビネーションの仕様にしています。ちなみに内装パーツは丘染め染色ですので、飴色に焼ける経年変化を楽しめます。
内装にキャメルを採用しているコードバンは3色に決めました。

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : ボルドー
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


ボルドーのコードバンが欲しかったので採用face03

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : バーガンディー
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


意外と人気カラーなのがバーガンディーface08
私は自分用はバーガンディーをチョイス(笑)。関西ですので阪急電車カラーと私は呼んでます(笑)。

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : モカ
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


で初の採用となるモカーカラー。
新喜皮革さんで見た時にあまりにも綺麗だったので今回仕入れてみましたkuma


ネイヴィーだけはキャメル合せると変なのでインナーパーツはブラックにしました
実は一番人気カラーがネイヴィーですface03
あえてつや消しのネイヴィーが気に入ったのでインナーキャメルが色の組み合わせ的に合わないのですがコードバンのカラーがカッコ良かったので承知の上で仕入れました。

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : ネイヴィー
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


案の定、製作担当の職人である椎名君からもキャメルが合わないよと指摘されました。だからネイヴィーだけこうしてみました。

内装パーツはブラックのレザーを採用kirakira
カラーはブラックですが同じくオリジナル皮革の『Pate』(牛革)を採用しています。インナーパーツがブラックになったことより縫製糸のカラーもしっかり配慮して黒糸で縫製しておりますface03


内装パーツの素揚げの染色仕上げはレザー好きには堪らない質感です
今回コードバンと牛革のコンビネーションめっちゃ気に入ってますface05


『Pate』(牛革)の仕上げは丘染め染色の素揚げに近いので革らしい革と言う表現がピッタリです。
コードバンの高級感と革らしい革のこのギャップが堪りませんface03。個人的な好みですけど(笑)。


刻印が綺麗に入るのも表面に塗膜加工や顔料がない証拠なんですけどね。
120度ぐらいの高温に熱した印で刻印を施します。
ブラックもやっぱりえ~な~とシミジミkuma


コバは全て磨いてから染色しています。
しかも全て染色カラーもコードバンのカラーに合わせて染料を混ぜて染料のカラーづくりからやってます!!

コバは全て磨き作業で仕上げております。
コードバンにキャメルやブラックのレザーをコンビネーションしてるからコバはどうなってるの?と言われそうですがコバはこの通り。

磨いてからコードバンにカラーに合わせて手作業でコバを染色しています。
コードバンに合わせてと言ってもそんな染料はないので、色んなカラーの染料を混ぜあわせて色合せを行ってます。
絵の具を混ぜるようにしてコードバンのカラーに近づけて行きます。これはも~勘。

素材だけでなく、製作技法まで拘った逸品に仕上がりました。
もう間もなくリリースです。
2015年03月03日

半年穿き経年変化サンプル

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

え~今回、日本経年変化協会を応援して頂いている方から経年変化サンプルを見せて頂きました。
Honey Hills神戸本店の別注であるBespoke Denim Bush Pantsをご購入いただいたようで、半年穿き続けた経年変化サンプルでございます。


12オンスのカイハラデニムに拘った理由はコレです
穿き込み期間が半年ですので、まだまだこれから育てて頂きますが、週に5回は着用して頂いているようで、かなりスピードエイジングを実現されていると思いますface06。縦落ちも確認できます。
ちょっと拡大してみると。

色落ちとアタリが随所に確認できます。
特に通常の5ポケデニムパンツと異なり、立体裁断を施したMX風のブッシュデニムパンツとなりますので、特有のアタリが楽しめます。

一般的にはヒゲが楽しめる部分にはポケットがあります。
ポケット周辺には独特の色落ちとアタリが出てきていますface08

膝周りは特に装飾を施しておりませんので、通常の縦落ちの色落ちが発生しています。
近年ヘビーオンスデニムが主流ですので、通常のヴィンテージのような色落ちは見ててホッとします。
ヴィンテージデニムに多い12オンスデニムを採用して正解kuma

裾上げは敢えて形だけのチェーンステッチを採用せず、裾を絞りながら縫製する方法をHoney Hills神戸本店では採用しておりますので、裾もヴィンテージさながらの激しいねじれたアタリが発生しています。100%綿のミシン糸でないとチェーンステッチも縫製の形状だけで意味がないと私は思いますから、私はもっぱら近年ではチェーンステッチは推奨しておりません。

Bespoke Denim Bush Pantsの特徴はリア周りですね。
レザーを採用したリアポケットが何かと評価を頂きますが、半年穿き込んでもまだまだです。

左のリアポケットにワレットを突っ込んでいるでしょうface06
左のリアポケットに強いアタリが出ていました。愛用者のライフスタイルが刻み込まれるのが経年変化の面白いところ。

膝裏には蜂の巣が発生しかけていますface03
もうちょい育てて頂くと面白くなりそうです。

レザーパッチのヤレ具合も抜群ですね。

新品と比べるとこんな感じ。
穿き込む事で、インディゴブルーの鮮やかさがましております。
ヘビーオンスデニムは全体的にドバっと色落ちする感じがありますので、やはりベーシックな12オンスデニムはメリハリがある色落ちをしますので、少し賑やかなデザインのBespoke Denim Bush Pantsは面白い色落ちすると思います。

お客様お持ち込みありがとうございますface03
私は普段お客様とはほとんどお会いする機会がないので、是非今度直接感想をお伺いしたいですね~。


現在欠品サイズもございますが、この春には待望のXSも揃う予定です
『Bespoked Denim Bush Pants』 : 24,000+tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : Tomohiro Tokita Representative Tomohiro Tokita 
Brand : Arco Crafts (Bespoke R-18)
Leather Material : Denim fabric(Kaihara made 12 oz denim)+cowhide(Arco Tannin Leather)

Handling : Honey Hills Kobe

現在Sサイズが完売icon11
要望の多いXSサイズも現在新たにパターンを製作しています。
もうじき全サイズ揃うんじゃないかと思います。



お問い合わせ先
何度も確認しますが、当協会で企画は行っておりますが、販売は一切行っていませんので、直接店舗までお問合せお願いします。
販売やお問い合わはいつもの如く、姫路レザー有限会社及びまでHoney Hills神戸本店お願いします。

【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日

2015年02月24日

渾身の新作でございます!!

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

いつもは前置きをしますが、今回は皆様に是非見て頂きたいサンプルが完成kirakiraしましたので早速ご紹介を!!
自分好みの企画だったので、ここ最近サンプルの完成まで熱中しました。


大好評のEmmaをシリーズ化。今回は待望のブリーフケースでございます
昨年リリースしたショルダー・トート・バッグの『Emma』
日本経年変化協会と盟友Ken Shiina Design Laboratory代表の鞄デザイナー/職人の椎名賢氏と共同ブラン『Specialite』先行アイテムとして販売されました。姫路レザー有限会社の埴岡社長の依頼でArco Craftsブランドで別注仕様でリリースもされていますが、お買い求め頂いたお客様からは顧客満足度NO1(某保険会社風に)kirakira(笑)。遠く離れたショップ様からも別注モデルの依頼を頂戴しております。

もともと、『Emma』『Specialite』のレーベルの1つで、この風合いで、ブリーフケース(ビジネスバッグ)、ボストンバッグ、ショルダーバッグを今後リリース予定でしたが、なかなか着手できずでしたicon11。年明けに某オーダースーツ専門店様と知り合い、、『Emma』の雰囲気がお好きと言うことで、年明けに一気に企画プロデュースを推し進めました。お客様からも今か今かと楽しみにして頂いていましたが、妥協を許さず製作。それがこちら。

『Emma Briefcase』 : Unknown (for Sample)
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Specialite Emma Label
Leather Material : cowhide(Tochigi Leather & Crom Leather)


サンプル段階ですので、価格は未定と言うことでicon11
私の手持ちの栃木レザーと椎名君手持ちのクロムレザーでとりあえずサンプルを製作してみました。本体がクロムレザーです。
デザイナー/職人の椎名君は実際に製作してみて、少し修正を加えるようですが、ほぼ完成形の形です。
『Emma』の最大の特徴は老略男女選ばずファッションも選ばないことをコンセプトに企画を行っているレーベルです。


Emmaの風合いはそのままに、別物に仕上げたいんですよ。企画プロデュースする側としては
もともと、『Emma』はレーベル化を考えていたので、私も椎名君も構想はあったのですが、今年に入りテーラー屋さんとお話して一気に話しを進めました。1月に入ってから手書きのデザイン画で話しを進め、天才的な技術で椎名君がパターンを製作して素材選定して一気にサンプルを製作しました。
まぁ~ほんまにこんなラフスケッチから打合せが始まるんですけど、私と椎名君は同い年で誕生日も一日近いだけなのでお互いの感性が近いのか、企画と製作の息がピッタリなので、驚く速さですicon11

実際に昨年先行販売されたショルダー・トート・バッグの『Emma』と見比べてみるとこんな感じ。近い色合いですが、素材が異なるのでカラーリングが異なるのはさておき、風合いは統一されたと思いますが、基本流用パーツなど言うものは存在しませんicon23
良く、メーカーさんがやるのはシリーズ化して流用パーツで商品数を増やすパターン。
それって派生モデルってだけちゃうん??
と思ってしまうので、風合いは似ておりますが、全て新規でパターンを製作し、手断ちでサンプルを仕上げております。
日本経年変化協会は別にメーカーではないので、こだわり優先なんです。
デザインや風合いを似せただけで、今回の『Emma Briefcase』は全くの別物だと豪語します。


Emma Briefcaseのここに拘りました ~マチ幅12cm未満で鞄本体のチャックはアカン~
ブリーフケースって書類などを入れるビジネスで多用されることが多い鞄です。
私は思いますface06
「ブリーフケースで美しいシルエットはマチ幅が10cm前後であること。」
「マチ幅が12cm未満でチャックで鞄本体を開閉するものは使いにくい。」

これ主観ですけどね。
実際にマチ幅は重要で例えば、

左がトート・バッグ。
右が今回のブリーフケース。
トート・バッグのマチ幅は12cm。ブリーフケースは9cmで設計されていますface06
たった3cmでこんだけ印象が変わりますface08
双方マチ幅が12cm未満なので、チャックで開閉していません。前作のトート・バッグ『Emma』は鞄本体は開放式でしたが、ブリーフケースは書類など機密書類tanuki!?を入れることもあって密閉式にしたいのですが、ファスナーで開閉するものはどうも面倒なので、ダレスにしたかったけどダレスになると『Emma』の風合いを損ねるので、こんな工夫を施してみました。

鞄本体の背面がカブセの役割を果たすのですface03
鞄の開閉は差し込み式の金具を外すだけで

このように『ガバ』っと開きます。ファスナー式のインナーポケットを装着し、右側にボールペン収納を装着しています。
一応ビジネスマンの要望をお応えしてface06
万が一ボールペンが落下してもファスナー式のポケットと内部が繋がっておりますので、ボールペンのサルベージも簡単ですkuma

反対側にもインナーポケットを装着kirakira
こちらは敷居を設けており、スマホが収納できるスペースを確保。あとはハンカチなどの小物が入る大型のポケットとなっております。

ブランドロゴはレザーに箔押しを施してコバを磨いて縫製にて取り付けております。
ブランドロゴのレザーのコバも切り目本磨きしているこの無駄な拘りは自己満足ですface03
徹底的に拘るのが、私はmade in Japanだと信じています。
大手メーカーや海外製品はここまではなかなかやりませんからね(笑)。
好きな方だけがニヤニヤするようなものづくりが理想yotsubaです。


流用パーツはない。専用にパーツを製作する手間を惜しまないと別モノになる
ホントに各ブランドやメーカーのレーベルは当然のことながら、シリーズ化を図るとともに効率化も同時に求めるので、流用パーツを使用することが多いですが、私的には類似品でレーベルが成り立っているように長年思っていましたface06
今回流用パーツではなく、全てパーツの型紙を新たに製作しています。例えば

前作のトート・バッグ『Emma』はハンドルは丸ハンドルですが、今回平ハンドルを採用しています。
単なるレザーの貼りあわせではなく、平ハンドルでも強度を考えて芯材をきっちり入れています。

ハンドルの補強及び強度を考慮して、唯一今回手縫いが発生。
一目だけですが、3回縫い返しております。
手縫いの場合ミシン糸より太い糸を使えるので、強度としては申し分がありません。
製作職人は凄く面倒なんですが、私も制作担当の椎名君は妥協したくないのですface06

『Emma』はビジネスシーンだけでなく、デイリーユースも考慮してブリーフケースですが、ショルダーベルトの取り付けも考慮しております。マチに空間を演出することで、シンプルなデザインに遊び心を演出しましたkuma
とりあえずサンプルですので、修正でき次第販売が可能になると思います。
今回の型紙はレザーだけでなく、鞄本体を生地で製作できるように工夫してますので、スーツ生地やツィード生地でも製作が可能なんです。お楽しみに。各ショップ様のオリジナル別注モデルも開始できるように頑張ります。


オマケ ~手帳とメモ帳は別やねん!!言う方向けの小物~
今回別件でこんなもんも製作。

『Businessnote & Notebooks Cover』 : Unknown (for Sample)
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Specialite
Leather Material : cowhide(Crom Leather)


『通帳ケース??』
違いますtanuki
実はビジネス手帳と大学ノートが一式で収納できる『手帳&ノートカバー』なんです。
ルーズリーフ式の手帳カバーは数多く販売されていますし、私も企画プロデュースした経験があります。
仕事で使う場合、市販されているビジネス手帳ってめっちゃ便利なんですよね。

それと打合せの内容をメモするのに手帳にメモする時って抵抗ないですか?スケジュールが打合せ相手に見られたり。次回の打合せ日程を調整してる時
「この日はダメですね~。」
な~んて応えてると、打合せの相手がチラっと私のスケジュールが見えて
「あぁ~、すみません、会長その日はデートなんですね~(笑)。」
と言われたことがありましたicon11。顔から火を吹くほどかっこ悪い(笑)。「ちゃんとせ~よ。」と相手のマインドヴォイスが聞こえてきそう。

それからスケジュールだけを書き込むのが手帳。メモは大学ノートと使い分けてるのですが、手帳を持って来てるけど大学ノート忘れたり、大学ノート持って行ってるけど手帳忘れてたりと、マヌケは私は苦労してました。だから1つにまとめたいと。

「そもそも手帳カバーに併せて中身考えるの可怪しいでしょ?カバーを市販品の便利なものに合わせろよ??」


と言う欲望が強くなってこれ。

普通に販売されているビジネス手帳がカバーごと収納可能。
ホンでもって裏側に

大学ノートが収納できてるんです。
これぞ必殺技『ノート ON THE ノート』face08
左側には書類とかプリントを挟める仕様。

名刺もなんとなく、収納できます。
多分私は必要ないけど椎名君の配慮かな???
多分ニーズは無いね(笑)。

完全にオッチョコチョイの私には超ベンリグッズなんですが・・・。
いかがでしょ?
2015年02月19日

企画コンセプトは『日本の春』

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

まだまだ少し寒いですが、最近日中暖かい日がありません??
寒さが和らいできたと言うか?

もう春が目の前ですねぇ~mituhana
今回春をテーマに企画させて頂きました。


数々の別注モデルが生まれた名作トート・バッグ『Amanda』
かれこれ3年ぐらい前でしょうか?
真っ赤なレザープロジェクトであるR-18プロジェクトで真っ赤なトート・バッグ『Amanda』を企画・製作を行いました。

Leather Hand Made Tote Bag 『Amanda』 : 100,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : R-18 Project
Leather Material : cowhide(Tochigi Leather & Italian Leather)


別注の栃木レザーイタリアンレザーのハンドメイドの真っ赤なオールレザートート・バッグで皮革素材を別注したので少々高価な価格になってしまいましたが、非常に好評価を頂きましたface03。ハリウッド女優のアマンダ・サイフリッドをイマージュした鞄です。
素材を変更してコストパフォーマンスを改善するなど非常に多くのカバン専門店様やショップ様が別注を頂きましたkirakira


今回の別注のテーマは『ニッポンの春』なんです
今回の別注を頂いたのは姫路レザー有限会社の埴岡社長とHoney Hills神戸本店のスタッフさんから。年末年始ぐらいでしたでしょうか?
「春物で別注したいんだけ、Amandaイケるかな??」
かなり『Amanda』は別注頂いておりますからねぇ~icon11。今更過去にやったようなものはやりたくないしicon11
今回は季節重視の企画にしてみましたtanuki。テーマはずばり

『ニッポンの春』

日本って我が国ながら四季折々は美しいですよねぇ~。
もう春は目の前ですし、冬から春の移り変わりを昔から日本人はとても美しい言葉で表現されていました。調べてみると

①薄氷(うすらい)
春浅いころの薄く張った氷のこと。または、解け残った薄い氷のこともいうそうです。
冬の終わりを感じる季語ですね。

②土筆(つくし)
氷が溶けると土筆を始めとした春の草花が芽を出します。
「土筆の子が恥ずかしがり顔を出します。も~すぐる春ですね~。ちょっと気取ってみませんか?」
って歌ありましたicon11。土筆は春の訪れを感じさせてくれる自然のサインなんです。

③青春(せいしゅん)
青春と聞くと若者を指す言葉だと思いがちですが、春を表す言葉で語源は陰陽五行説に由来しており、春を指す色が青であることから、青春と呼ばれているそうですface06。春先で青臭いことから若者を指すようになったそうです。

④若草(わかく
本格的に春になると青空の下、草木が葉っぱを豊かに実らせていきますyotsuba
若葉たちは美しい緑を演出してくれます。

⑤桜(さくら)
日本の春の代名詞と言われる華です。
美しいピンク色が季節の節目の合図です。

そんな日本の春の訪れをテーマにしてみようかと。周りからエライ知的やね。と突っ込まれるけども私は元々インテリでございますkirakira(笑)。全てパステルカラー展開で日本の春を表現しました。勿論、細部にはメチャ拘りましたよ~。それでは各色ご紹介。


Bespoke Amanda ~Usurai~
Bespoke 『Amanda』 : 28,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Arco Crafts (Bepoke R-18 Project)
Color : Usurai (Pastel Gray)
Leather Material : cowhide(Arco Tanning Leather)


鞄本体はリバコ生地と言われる生地でカラーはパステルグレーで、春先の薄い氷である薄氷(うすらい)を表現しました。
服装を選ばないのでヘビロテで使えるカラーとなっております。


Bespoke Amanda ~Tsukushi~
Bespoke 『Amanda』 : 28,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Arco Crafts (Bepoke R-18 Project)
Color : Tsukushi (Pastel Beige)
Leather Material : cowhide(Arco Tanning Leather)


鞄本体はパステル・ベージュで春先に顔を出す土筆(つくし)をイマージュしました。
オーガニックな雰囲気で女性に評価高いようですface08


Bespoke Amanda ~Seisyunn~
Bespoke 『Amanda』 : 28,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Arco Crafts (Bepoke R-18 Project)
Color : Seisyunn (Pastel Blue)
Leather Material : cowhide(Arco Tanning Leather)


パステルブルーで青春(せいしゅん)を表現kirakira
この辺りから鞄のアクセントがあるので、お洒落の幅が少し広がります。この青だけはレザーで出せないので生地はありがたい。


Bespoke Amanda ~Wakakusa~
Bespoke 『Amanda』 : 28,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Arco Crafts (Bepoke R-18 Project)
Color : Wakakusa (Pastel Green)
Leather Material : cowhide(Arco Tanning Leather)


パステル・グリーンで春先の若草を表現。
色んな別注ありましたが、グリーンが一番に完売するカラーなんです。しかし多めに製作はしてません(笑)。
アクセントにもなるし、併せる服によっては自然にもなるので、以外とオールマイティーカラーなんですね。


Bespoke Amanda ~Sakura~
Bespoke 『Amanda』 : 28,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina 
Brand : Arco Crafts (Bepoke R-18 Project)
Color : Sakura (Pastel Pink)
Leather Material : cowhide(Arco Tanning Leather)


パステル・ピンクで桜を表現。
私イチオシカラーでございます。女性は勿論、男性でも綺麗と思います。


本体はソファーの生地なんで丈夫かつお手入れが楽なんです
毎回、『Amanda』を別注頂く際、鞄本体の素材をレザーでするのはあまりお勧めしていませんicon23
レザーにするとある程度重量感があります。
そして価格が高くなりますよ。
とアドバイスさせて頂きております。なので鞄本体には生地を採用してカラー展開遊べるし、幾ら良い生地と言ってもレザーほど高くないのが理由です。今回採用したのもリバコと言う生地です。

この生地、実は鞄用ではなく、家具に使われる生地で私は好きface05です。
ソファーなんかに良く使われているもので肌触り良いし、色数がめっちゃ多いので、色鉛筆を選ぶみたいにワクワクします。企画してて。
そして何より汚れに強いface08
淡いカラーは汚れが気になりますが、最悪マイペットで叩いて拭くようにすれば汚れ落ちます(笑)。ソファーなんて汚れるアイテムだから汚れに強い仕様なんですな。
ナイス・マテリアルkuma


実は普通のトート・バッグよりめっちゃこだわってるのが『Amanda』なんですな。職人技全開です。
『Amanda』の全体のシルエットをよく見てもらうと逆台形で上からボトムにかけて絞っているデザインなんですよ。
このデザインで製作するためにちょっとした工夫を施してあります。

通常鞄は袋状に縫ってからひっくり返します。これを内縫と言います。縫い目が鞄内部に来るようにね。
この『Amanda』は外縫いです。ひっくり返してないんです。
鞄サイドにはレザーが縫製で施されていますが、補強もありますし、外縫いの縫製跡を隠す役割もあるんですよ。
外縫いはホントに珍しいので自己満足要素抜群です(笑)。

鞄底部はレザーですkuma

鞄職人の椎名賢氏といえば丁寧な縫製t仕上げ。パーツのステッチ(縫い目)の数も左右対称と一糸の乱れもございません。

パーツにコバ(革の断面)がある場合は必ず切り目本磨きで手作業で全て磨き上げて仕上げを行っております。


今回の姫路レザーさんの別注モデルでこだわったとこは??
今回の別注モデルはちょっとカラーだけでなく、こだわってます。
まず今までの別注では絶対やらなかったのが、今回のハンドルです。

今回レザーで芯入れのハンドルを全て製作。コバは勿論磨きも発生します。
これ今までやりたくてもやれなかったんです。理由は
①革の使用量が増える。
②職人さんの手数が増える(製作費用があがる)。

別注受ける時は、極力費用がかからないように希望されることがあるんですが、姫路レザー有限会社は自分とこで革作ってますからね。ちょっと手間かけさて頂きましたよkuma
実はね。一番こだわったのはハンドルの長さ。女性だと肘に掛けたり肩に掛けたり手で持ったり。と色んな持ち方しますよね?

こちら肩にかけて持つことは考慮してます。
肩からかけるトート・バッグ。欠点は小柄な女性が持つと身長がないから鞄が地面についてしまうicon11
そんな事態があるようですので、

手にもってもたて型トートにも関わらず地面につかないと言う絶妙なハンドルの長さで型紙を作成しました。
あとご愛用者の方々のお声を集約して

鞄内部の両サイドにポケットを追加しました。
ファスナー付きのポケットが追加されたポケットです。

ブランドロゴはレザーに刻印してから縫製にて装着。

このアルコタンニンレザーは丘染め染色で色止めぐらいしかしてないので、使い込めば使い込むほど色濃く。最後は飴色まで経年変化しますので、あしからずご了承お願いします。



お問い合わせ先
何度も確認しますが、当協会で企画は行っておりますが、販売は一切行っていませんので、直接店舗までお問合せお願いします。
販売やお問い合わはいつもの如く、姫路レザー有限会社及びまでHoney Hills神戸本店お願いします。

【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日

2015年02月02日

『ラッスンゴレライ』みたいに完成

こんばんはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

最近、8.6秒バズーカー『ラッスンゴレライ』ネタにハマりまくっておりますface03
ちなみにの『ラッスンゴレライ』英語ヴァージョンこれ笑えます。


めっちゃ発音良くて、全然企画が進みませんicon11
お待たせしてしまっている皆さま申し訳ございません。

そんな中、職人さん達がですね、ノリノリの私を心配してくれて予定より早く仕上げてくれたアイテムが届きました。
「ちょと待ってちょっと待ってお兄さ~ん。」

「ウチの子供らもめっちゃハマってますわ・・・。」

私お子様レベルですかface07icon11
純粋だから自由な発想ができるんですよとかフォローされましたが・・・。それでは今回のご紹介。


今回使いたくて仕方がなかった『アルコヴィンテージ』
今回も別注を頂いたのは姫路レザー有限会社の埴岡社長。
私が企画プロデュースしたアルコタンニンレザーのラインナップでヴィンテージのレザー製品によく見られたピグメント仕上げで仕上げられたアルコヴィンテージと言う素材kabinkusa。勿論経年変化を考慮して茶芯で仕上げております。

Arco Vintage:80/ds+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : Himeji Leather Co.Ltd 
Leather Material : cowhide (Arco Tanning Leather)


一度茶色で染色してから染料ではなく、皮革の吟面を顔料で着色したものがピグメント仕上げとなります。
難しい技法ではないのですが、顔料の吹付けが難しいようで姫路レザー有限会社ではカタログ落ちするようですので、現在姫路のディレクターと相談して別のタンナーからフルタンでリリース予定です。


限定3着だけ『アルコヴィンテージ』で製作した40's Sports Jacket
今回そんなアルコヴィンテージで製作したのはこちら。

40's Sport Jacket : 180,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : MOTO DEVIL Representative Mr.Okada 
Brand : Bespoked Arco Crafts
Leather Material : cowhide (Arco Tanning Vintage Leather)
Metal Parts : Brass

完全なレプリカをテーマに企画プロデュースされた。
40年代にレザージャケットはスポーツジャケットとして隆盛を誇り、ライダースへと進化していく。ヴィンテージブランドとして名高いモンゴメリーのヴィンテージのパターンをそのまま採用しましたkirakira。巷にはヴィンテージをレプリカするブランドは複数あり、私も愛用しておりますが、レプリカにも関わらず経年変化するとヴィンテージとは異なる経年変化をし、違和感を感じます。
製作担当は神戸でもヴィンテージの老舗専門店であるMOTO DEVILの代表岡田氏。ヴィンテージのリペアも数多く手がけており、その経験から
「今のヴィンテージレプリカは綺麗過ぎる。同じ部位で左右対称に製作するから・・・。馬何頭かで一着製作しているが、昔はモノが希少な時代で馬半裁で一着製作してたから使ってる部位がバラバラやからアンバランスな経年変化するからカッコえ~。昔はフリーハンドで縫製してるから荒々しい作りもカッコ良さや。」
この見解正解だと思いますface06
ですので、この40's Sport Jacketはパターンだけでなく、
①異なる部位を採用した半裁1枚で一着製作。
②今日のように抜き型を採用せず、皮革の裁断はすべて手作業でハサミで裁断。
③フリーハンドで縫製。
④革の裁断から縫製仕上げまですべての工程を同一人物一人で製作。

に拘りましたkirakira
ピグメント仕上げのレザーを使うと”レプリカ過ぎる”のであかんやろ?と思ってましたがやっぱりやりたくてやっちゃいました。

皮革素材が新品ですが、やっぱりカッコイイ~face03
これ育てるとヴィンテージと見極めが付きにくくなるやろね・・・。
ジッパーはWALDESをもちろんですが、採用しております。
50年代になるとTALONが台頭してきますので、40’sであればWALDESを手配してもらいました。

今回Lサイズが2着。Mサイズが1着と合計3着製作していますが、私のお勧めがあります。
店舗でボディー着用で展示されているLサイズは経年変化するとヴィンテージに最も限りなく近いモノになると目をつけておりますtanuki
左腕に皮革素材で言うベリー(腹の部分)が来ているので、右腕よりも深く皺が刻まれてやがて激しく茶芯が顔を出すことが間違いない1着であります。
多分これ完売しても追加で製作しません。
理由は製作が非常に大変だったから(笑)。
Honey Hills神戸本店が近い方は実物見てください。


『やるやる詐欺』から脱却(笑)。ようやくご要望にお応えして『フォーマルロングワレット』完成
2013年頃からね。薄型のスーツに似合う財布が欲しいとホウホウで言われておりました。
姫路レザー有限会社の埴岡社長もそのお一人で、毎回
「あ~やりますよ。やりますよ。」
と返事して何も企画せず放置。
これじゃ”やるやる詐欺”やん。ってことで昨年中頃からがんばりました(笑)。
薄い財布なんてアウトレットに行けばブランドもんが80%オフで転がってるし、あるもん企画するってのはどうも気乗りしませんでしたが、ちょっと映画見て職人さんとアイディア打合せしてできました。

Bespoke Formal Long Wallet : 38,000+Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : Gum-A-Mama Leathers Kobe Co.Ltd Representative Koji Honda 
Brand : Bespoked Arco Crafts
Leather Material : cowhide (Arco Tanning Vintage Leather)


薄くて固い張りのあるのが特徴であるアルコヴィンテージだからこそ実現した設計かもしれません。
二つ折りにした厚みは約1.5cmface08。もちろんカードも収納できますが、札入れと表現した方が良いかもしれません。
財布の製作と言えばGum-A-Mama Leathers代表の本田宏治氏です。
カラーは本体とインナーをすべてアソートで製作しているので全部で9種類存在してます。

手に持った感じはこんな感じです。形状も普通の長方形ですので流行も飽きもごぜいませんicon23

テストサンプルではメダリオンを施した飾りパーツを別途縫製していたのですが、スーツのポケット傷つけても怖いし、デザインはシンプルにしたかったので本体に部分的にアクセント替わりでメダリオンを施しました。80年代のアメリカのビジネスマンはこんなデザイン使ってましたしね。

このスペースは新幹線や飛行機などのチケットを収納するチケットホルダーとなっております。

企画の段階で悩んだのがコインスペース。
小銭の要望が多いというのが一般的らしいですが、私はスーツの時は小銭は別に持つので札とカードでい~じゃん。と主張が異なりコインスペースは取り外し可能で使う方に併せて好きにしてくださいと言う投げっぱなし設計(笑)。

ジャケットの内ポケットに入れて使えるってのがポイントです。
ビジネスで使える財布って新品の時はよくて徐々にへたれて劣化する。
それが嫌なんで、使い込んで育てることができるってのが今回のコンセプトでございますkirakira



お問い合わせ先
例のごとくですが・・・。こちらのアイテムも販売は当協会では行っておりませんし、取扱はございませんface03
こんなアイテム作ってみよう~と考えるのが楽しいわけで(笑)。
販売やお問い合わはいつもの如く、姫路レザー有限会社及びまでHoney Hills神戸本店お願いします。

【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日


次のページ