新着情報トピック

リアルマッコイズ・ダウンベスト着込みサンプル (2012年01月17日)

こんにちは。日本経年変化協会です。
今日は、だいぶ寒さも和らいできました。でもまた寒くなるんでしょうねface07
本日もWEBサイト制作の為に株式会社ワイズエッグさんのオフィスにお邪魔してきました。2月中にWEBサイトをアップ予定ですので、私も楽しみですが、皆様も是非楽しみにして頂ければと思いますface03

さて、本日は友人のメガネ@部長さんが風邪引きでダウンされていましたicon11
彼は毎回私服で出勤されているので、オフィスに立ち寄った際は毎回チェックさせてもらっています(笑)。今日も早速ついでに取材させて頂きました(笑)。本日の着用サンプルはこちらicon23

リアルマッコイズ・ダウンベスト

ザ・リアルマッコイズは主にミリタリーやアメリカンカジュアル、モーターサイクルウェアを取り扱うファッションブランドとして知られていますし、根強いファンもいらっしゃいます。こちらのダウンベストはジョー・マッコイ名義のブランドになります。
========================
ブランド :ザ・リアルマッコイズ(ジョー・マッコイ)
年式   :2009年モデル
着用年数:3年
========================
上質なダウンは長年着用できることもあり、冬場のアイテムでは必須ですねface03。ダウンベストは意外と着回しが難しいことで敬遠されがちですが、アメカジファッションの愛好者は1着は欲しいところです。人気のカラーは赤を始めとした暖色系が多いのですが、メガネ@部長さんはモス・グリーンをチョイス。

裏側はクリーム色です。TALON製のジッパーを装着したダウンベストです。

ヨーク部分はホースハイド(馬革)を用いた贅沢な仕様ですkirakira
レザーのヨーク部分が経年変化によりエイジングしていくのが楽しみな逸品ですface03。実はこの1着のこだわりはメガネ@部長曰く奇跡の一着kirakiraとのこと。うん?どこがでしょうか?
ヨークの左右でホースハイド(馬革)質感が異なっているとのことface08。えっと・・・icon11
オーナーであるメガネ@部長さんに言い難いのですが、それって不良品では?通常、レザーのヨーク部分は左右均等に同じ質感のレザーで制作するはずなので、レザーが異なる製品は通常不良品ってことでアウトレットになってしまいますが・・・・face07
メガネ@部長さんはよくぞ聴いてくれたとくれたばかりに、
「そやろ?マッコイズは過剰品質なブランドで優等生ぶってるから、検品を通り抜けて店頭並んどってん、店員も交換すると言ってたけど、あえてコレ。そやからこのカラーのベスト選んでん。ダウンの歴史はエディ・バウアー以降で歴史浅いからあえて造りが荒い方がモノホンっぽいやん。」
とのこと・・・・。分かってて購入したんだicon11(苦笑)。
私にはちょっと理解し難い感性ですが(笑)。

タグです。
ジャストで着こみたいと言うことでサイズは40をチョイスされていました。

後から見た感じはこのような感じ。
私もウエアハウスのダウンベストを愛用していますが、ザ・リアルマッコイズのダウンベストは若干丈がショート丈のように感じます。
しかし、3年着用した質感はザ・リアルマッコイズのダウンベストの方が雰囲気出てるなぁicon11。私のウエアハウスのダウンベストを紹介しにくくなってしまいます(笑)。

背中のヨーク部分のホースハイド(馬革)は良い感じでホースハイド(馬革)の特徴であるエイジングに仕上がっています。この独特の皺を出すためにはひたすら愛用して着用するのみface03
やはり長く愛用してオーナーの特徴が刻み込まれるアイテムはもう涎ものですよねicon22



同じカテゴリー(エイジングサンプル(ジャケット))の記事画像
『茶芯』と言う経年変化の魅力
リアルマッコイズN-1デッキジャケットの1ヶ月着込みサンプル
バックスキンレザージャケット
A-2のエイジング バズリクソンズとリアルマッコイズの違い
デニムジャケットの色落ちのコツ
同じカテゴリー(エイジングサンプル(ジャケット))の記事
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 リアルマッコイズN-1デッキジャケットの1ヶ月着込みサンプル (2012-01-19 10:00)
 バックスキンレザージャケット (2012-01-13 16:00)
 A-2のエイジング バズリクソンズとリアルマッコイズの違い (2012-01-06 08:00)
 デニムジャケットの色落ちのコツ (2011-12-27 12:08)

Posted by エイジングマスター at 14:01│Comments(0)エイジングサンプル(ジャケット)
前のページ
次のページ