新着情報トピック

2016年11月17日

2016年11月17日 うん。極上(ちょっとやり過ぎたけど)!!

こんにちはkabinkusa

新作を出す出す詐欺になりかけるところでした(笑)icon11
今年も残す所あとわずかですが、私が体調を崩す。椎名君も体調不良とかで作業進捗が大幅にずれ込んだりと言うのが理由。
私は幸せな事に趣味が多すぎて毎日ワクワクすることが多すぎて忙しい(笑)icon11

なんで、お腹が空いたり眠たくなったりするんだろう・・・。まぁ御飯は美味しいから良いですが(笑)。

新作と言っても基本原則私が欲しいモノが企画の原点になるんで、こんかいボストンバッグとトート・バッグが欲しかったのでトート・バッグから企画しました(一部メディア担当の方々にボストンバッグと言ってしまってゴメンナサイicon11)。

去る2016年9月23日のブログで、外縫い縫製のトート・バッグ製作中の告知をいたしましたが、まさにそれが完成しましたkirakira
一般的にシワが発生すること理由で鞄作りでは敬遠されがちなスムースレザーを採用した製作に挑戦しましたkuma


やっぱりデザインはシンプルが好き。
車運転する時はトート・バッグが個人的には一番使いやすい。

トート・バッグ:Universel Tote(Entree Ver)
価格:39,800円(税別)
素材:牛革(北米産原皮、脱クロムタンニン鞣し染色仕上げ)
概算寸法:30cm✕40cm✕10cm(高さ✕横幅✕マチ幅)
カラー:チョコ/ネイヴィー
ブランド:Entree
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

今回の新作は『Universel Tote~Entree Ver~』と命名しましたface03
『普遍的なトートバッグ』って意味です。英語で書くと『Universal』ですが、ブランド由来をフレンチからとっているので、あえてフランス語表記の『Uneversel』と表記することにしました。

メッチャこだわってますが、デザインは一般的(普遍的)なシンプルなデザインを採用しました。
上質なスムースレザーなんで、素材の良さが長年の愛用を経年変化として反映するためシンプルなデザインが良いと思います。
新鮮なお魚は刺し身で食べるって感じです(笑)。

画像カラーはチョコ
私は車で移動することが多いのですが、車で移動する時はトート・バッグと言う鞄がメッチャ使いやすいんですよね。
ナビシートにおいて荷物出し入れできるし、ハンドル掴んで車降りるだけなんで。
それでは今回企画プロデュースでこだわったポイントをご紹介させて頂きます。


メッチャ色濃い経年変化しますのでご了承を。
スムースレザーはハードな鞄が多いので綺麗目で機能性の高さを追求しました。

今回はオリジナルスムースレザーの『Pate(パテ)』を採用しておりますが、多量のタンニン成分かつ染料仕上げですので、メッチャ経年変化してしまいますので、あしからずご了承をお願いしたい素材ですicon11。今回はチョコとネイヴィーをチョイスしました。今回のチョイスは私だけでなく、製作担当の椎名賢君と一緒に考えました。何色が綺麗かなぁ~っと。

画像カラーはチョコ

画像カラーはネイヴィー
オリジナルレザーは色を統一して張りのあるスムースとソフトなダコダのレザーを企画したのですが、経年変化を楽しむために極力昔ながらのヌメ革仕上げと言うことで、今日では当たり前のように使われている溶剤(化学薬品)を持ちいらず、染色とオイルだけでしあげているのが特徴のレザーですface06
ですが、ですがですよ(笑)。
想定以上に経年変化が激しいんですよ。『Specialite & Entree』のブログ『【驚愕】経年変化サンプル』でご紹介したように、元色とは別色になってしまいます。淡いカラーから色濃く艶が激しいレザー愛好家であれば堪らない経年変化ですが、この色がずっと維持されると思っている方は驚愕されてしまうと思いますので、予め告知をicon11

鞄は一般的に内縫いが主流なので、スムースレザーはシワが入っている状態であったり、ハードな仕上がりが多いのですが、何とか綺麗目系で肉厚なスムースで鞄にしたかったんですよね。
今回は外縫いですので、1.4mm厚の肉厚なスムースレザーで製作。メッチャ綺麗な鞄本体になりました~face03

内縫いが主流であることは鞄本体の縫製ステッチが見えてしまうのでそれを隠すためが主流なんですが、鞄サイドに型くずれ防止の補強を目的としたレザーを当てることで、本体の縫製が見えないと言う仕組みですkuma

画像カラーはネイヴィー
鞄本体にはショルダーバッグ『Lance~Regular Specification~』にも採用している通常鞄のライニングとしては厚手の綿生地を採用してライニングの耐久性を向上させていますkirakira

鞄内部には両サイドに大型のポケットを装着kirakira
片方にはチャックポケット。
だけど、鞄本体にはチャックで開閉しないよう~にしました。
チャック式のトート・バッグは本体の開閉のチャックが良く壊れるし、好みじゃにので、本体はスプリングホックのボタンで留めるようにしました。
A4サイズが楽々入って小物を分類できて使いやすいのがトート・バッグの特徴なんで、使いやすさ重視の設計ですkirakira


大量生産にない丁寧な仕上げ。
上質な素材に卓越した職人の手仕事。これが大好きなんです♪

私が惚れ込んだ職人の一人である鞄職人、椎名賢君の最大の魅力は類を見ない丁寧な仕上げです。
正直、私が椎名くんと創りだす鞄の価格は仕上げにどれだけ時間をかけると言っても過言ではありません。
ただ、今回過剰品質かもしれない・・・icon11

今回、ハンドメイド、高品質なレザーアイテムの入門ブランドEntree(アントレ)とベテランの愛好家向けのハイエンド仕上げのSpecialite(スペシャリテ)の二つのブランドでトート・バッグのリリースを考えていて、最初はEntree(アントレ)でやろうと言うことでのリリースでしたが、この本体の作りとこの仕上げはSpecialite(スペシャリテ)だろ・・・icon11。製作担当の椎名君も
「おれコレはSpecialite(スペシャリテ)
でやるべきやったと思う・・・。」
でしょうよangly。でしょうよangly
モノのデザインと価格、デザインと品質は別物です。
安い物でもデザインかっこよいのあります。今回も流行のない普遍的なデザインですが、作り込みが企画当初の想定以上のクオリティーで仕上がってきて企画担当の私も製作担当の職人も「やり過ぎちったicon11。」と言った感ですicon11
今回のトートはモノに拘る方が見たら、レザーの素材の良さと作り込みと独特のパターンに「Oh??」ってなるはずです(笑)。

鞄のハンドルも直接本体に縫製するのではなく、別途根革を製作して磨いて縫製して別途製作kirakira
入門ブランドEntree(アントレ)とベテランの愛好家向けのハイエンド仕上げのSpecialite(スペシャリテ)の違いは仕上げがあるのですが、コバ磨きは縫製よりも時間を費やすので、基本原則ハイエンド仕上げのSpecialite(スペシャリテ)で行う技法で、Entree(アントレ)ではレザーのパイピングなどで対応(これも難しいんですけどねicon11)してますが、今回コバ磨き発生してますやんface08

ハンドルも通常革一枚ってのが多いですが、2枚貼り合わせで縫製してかつコバを磨いてしまった・・・。
ま、この形状でしたら磨かない方がダメですけどicon11

でも出来ちゃうと、めっちゃ大満足の一作となりました。
Specialite(スペシャリテ)のヴァージョンはまた来年考えようよ。と椎名くんと先延ばしに(そのまま忘れるかもw)。


持ってみたらちょうど良いんですface03
基本トート・バッグで使いにくいトート・バッグなんて聞いたこと無いので使いやすさはトートならでは。
ネイヴィーはめっちゃ綺麗です。だけどめっちゃ深いディープブルーになります。

私個人はチョコが好き(セルフプロデュースでは初採用のカラーですし)face05
色濃くなるとディープブラウンになるので、使い倒してみようかと思います。
磨き用でパンスト購入しないと。

販売に関してはスタッフ曰く早くて今週末(土曜日?)になるそ~です。
2016年11月05日

2016年11月05日 10年使ってる鞄をお持ちじゃない方の鞄

こんにちはkabinkusa

一気に朝晩が冷え込みましたface08。暗くなるのも早くなりましたよね~。
秋冬は色んなファッション楽しめるので、私個人的には大好きな季節です。アウター選びでワクワクしてますface03

さて、先日ですが、当協会企画直営ブランドSpecialite & Entreeスタッフブログでショルダーバッグ『Lance~Regular Specification~』の経年変化サンプルをご紹介させて頂いたところ、非常に多くの反響を頂きましたface03。ま~実際にどんな経年変化するのかは正直メッチャ気になりますよねtanuki
あと、企画担当者として取材を受けることもありますが、基本老若男女問わず愛用できる事をコンセプトに企画しておりますが、『Lance~Regular Specification~』に関しては
『え~鞄欲しいけど、どのブランドのどの鞄がえ~の?』
『10年使ってる鞄を持っていないんですが?』
って迷ってる方にこそ持って欲しいと思います。


『え~鞄』の定義

『え~鞄』つまり『良い鞄』ってなんだろう??
日本経年変化協会でフォーカスするアイテムは革製品を始めデニムなど色んなアイテムにフォーカスしてます。
私も色んな商品企画プロデュースを行ってきましたが、正直、ブーツ、革ジャン、ジーンズに関しては自分自信が満足できるアイテムが既存で存在しています。私個人大好きなブランドやメーカーが存在していますkirakira
ただし鞄だけは難しいんです。
私も鞄だけは10年選手と言うアイテムが正直存在していなくて、自分が愛着もって使うために商品企画プロデュースしているのがSpecialite & Entreeだと言い切ります(笑)。

吉田鞄とか土屋鞄をこれまで愛用しておりましたが、個人的には悪くはないけどもど~もシックリ来ない。と言う感じでした。

鞄って服飾雑貨でありながら、モノを収納すると言う機能性が求められ、デザイン性を要求されながら鞄がファッションで目立ってはいけないと言う微妙なポジションであるアイテムだと思いますicon11。これらを踏まえると『え~鞄』、『良い鞄』とは

①長年使える鞄である事
 →上質な素材を採用(素材耐久性)。
 →流行に左右されないデザイン性。
 →メンテナンスを考慮した設計。
 
②機能性、使いやすさ
 →使いにくいとやっぱり長年愛用できない。

じゃないでしょうか??鞄に関して言えばicon11
『Lance~Regular Specification~』に関してはこの定義に則って企画しましたkuma
うちのスタッフも素材推しが『Lance~Regular Specification~』の特徴だと思っているよ~ですが、実は企画的には色々考えてますkirakira。なんで、ちょっと今回はウンチク聞いて下さい(笑)。


長年使えるために①
~素材選定:経年変化と言う概念~

この世に生を受けると人間だろうとモノだろうと使用年数に伴って厳密には劣化していくicon11
ただ、多くの人達は経年による劣化に何とか抗おうとし、それらはアンチエイジングと呼ばれてたりしています。

しかし、年を経ることにより、熟成された魅力を増す事があり、それは劣化と言われず経年変化と言われます。
元々ワインが年を経て熟成され旨味を増す事を経年変化と呼びましたface06
今日では、服飾雑貨製品に対して用いられるようになっています。

しかし、ジーンズは労働着であり、ジーンズメーカーはいかに色落ちを防ぐ(もしくは遅らせる)かを工夫し左綾などの技術が生まれました。後世になり、使い込んだ使用感に惹かれる人達が出てきたところで、今日に至っていると思われますkirakira

画像はネイヴィー(右:新品 左:使用約半年)
『Lance~Regular Specification~』は北米産原皮の牛革を採用したオリジナル皮革素材『Sel(セル)』を採用しています。『Sel(セル)』は仕上げは染色とオイルのみで仕上げており、今日のレザーで多く用いられている溶剤(化学薬品)を一切使用していません。ヴィンテージに見られるようなレザー製品の素材の多くは、複雑な加工が施されていないタンニン鞣しの皮革素材(昔はクロム鞣しの技術はもちろん、溶剤のような薬品や技術が無かったんだと思う)が採用さいれている事からヒントを得て『Sel(セル)』を企画し採用に至りました。長年愛用して頂き革らしい使用感を生み出します。使い込むごとに、色褪せるのではなく、レザーに含まれた脂成分が浸透し、色濃く艶を生み出す経年変化を演出する素材を採用していますkirakira


長年使えるために②
~流行に左右されないデザイン~

服飾雑貨業界は流行があり、流行に則った商品はブームが過ぎるとダサいと評価されてしまいますicon11
長年の使用を考えると流行に左右されない所謂ベーシックな定番のデザインが必要不可欠となります。

『Lance~Regular Specification~』はショルダーバッグでは普遍的な定番のフラップ式のヴィジュアルデザインを採用しています。パッと見てデザインに目新しさや斬新さを感じた方はいらっしゃらないと思いますkuma。余計な装飾もなく、シンプルな定番デザインが故に流行に左右されず、どんなファッションにおいてもミスマッチを起こさない、主張しない鞄として製作されていますkirakira


長年使えるために③
~メンテナンスを考慮した設計~

お気に入りのアイテムは大切に寝かすより日々ヘビロテで使用して欲しい。
革製品だけでなく、機械製品も使用頻度が増すとどこかに不具合が生じるのは必然的だと私は思います。
上質なレザーそのものが破けることは考えにくく、革製品において一番不具合が生じるは副資材(ファスナーを始めとする金属パーツ)であることが多いです。

画像カラーはブラウン
企画当初、製作サイドは差し込み金具を提案してきたが、私の強い要望でヒネリ式の金具を採用しました。
私的な経験則ですが、私が通っていた幼稚園の鞄がヒネリ式金具を採用しており、園児の私でも非常に使いやすかったのを覚えていたからですicon11
『Lance~Regular Specification~』において最も破損など不具合が懸念されるパーツであり、万が一不具合が発生した場合、最小限のコストでパーツ交換を可能とすることを考えて設計しています。

画像カラーはブラウン
ネジで交換できるパーツを採用している理由がメンテナンスを考慮していますkirakira
珍しい希少性の高い副資材は数年後に生産されているかどうかは不透明であり、長年製作されている普遍的なヒネリ式パーツをあえて採用していますkirakira


長年使えるために④
~耐久性のある素材を~

鞄の不具合、修理で副資材についで多いのが鞄のライニング(内装生地)でありますface07
その為、ライニングを施していない鞄ブランドも存在するぐらいです。
私は鞄の内側が外装レザーの床面という部分には納得できない派(これは好みだkuma。)なんで、ライニングは必須としています。

画像は全カラー共通のランニング生地
内装のライニングの生地が破けた場合のメンテナンスはどんな鞄においてもかなりの大掛かりな修理となってしまいますicon11
なので極力破れにくい素材選定が必要であり、『Lance~Regular Specification~』においてはチノ生地に近い厚めの綿生地をライニング生地として採用していますkirakira。ランニング生地として比較的厚めの生地を使うことにより、鞄内部の耐久性の向上を図っています。


機能性・使いやすさ①
~椎名賢の真骨頂とも言える天才的な立体パターン設計~

『Lance~Regular Specification~』をオーダー頂いたお客様から
【お客様の声】
非常に使いやすく、特にショルダーを掛けたまま荷物を出し入れできるので、今まで使っていたショルダーバッグと使い勝手が遥かに違うことを実感しています。これからも何年もヘビロテして参ります。
(大阪府・S様)

鞄の入り口が開きすぎず、かと言って狭すぎず、心なしか荷物の出し入れが非常にスムーズ。毎日愛用させて頂いております。これからも素晴らしい作品を期待しています。
(埼玉県・T様)

以前は◯◯のショルダーを愛用しておりました、似たような価格でブログを見て一度オーダーをきめました。なんと言っても持ちやすい!!コンパクトに見えてA4サイズがたっぷり収納できて、鞄内部のポケットにノートPCを収納して固定できるので、仕事で使っております。
(長野県・T様)
と言ったお声を頂いております(オーダー頂いた皆様、コメント毎回嬉しく頂戴しております。)
私も実際に使って時間しておりますが、『Lance~Regular Specification~』は使いやすい。
鞄としては当たり前なんですが、一般的に求められるA4サイズの収納の大きさであることに加えて、製作を担当している椎名賢君の天才的なパターン能力と卓越した縫製技術が使いやすさを向上させていますface06

画像カラーはブラウン
鞄を真上から見た、開口部です。
鞄底部より開口部を若干絞り込んだ設計になっていますが、開口部自体を立体的なパターンを取っていますkuma

画像カラーはブラウン
この立体的パターンはパタンナーとしての椎名賢君の天才的な気質を感じさせてくれます。他の職人さん達も
「椎名さんのこのパターンは凄い・・・。で、このパターンオレでも縫製できるかな???。毎回独創的で・・・。天才肌やね。」
と唸らせるほどface08
実際、Lanceの製作で一番難しいのは開口部の縫製でもあるんですicon11
正直需要と供給が全然バランスが取れていない状態でして、椎名賢君のアシスタント(お弟子さん)もメキメキ上達しているのですが、この開口部分だけは現在椎名君しか縫製ができないほどの難易度の高さです。
素人目にはここが一番難しいとは思われないのですがicon11
この立体パターンによる開口部が荷物の出し入れのしやすさを実現していますface03

画像カラーはブラウン
フラップと本体は勿論縫製を行っていますが、フラップの開閉など動きや力が加わる部分はどうしても負荷がかかることより、補強のレザーパーツとハトメを用いて念には念を入れて補強を行っていますkirakira


機能性・使いやすさ②
~頻繁に取り出すものを収納できる大型ポケット設計

『Lance~Regular Specification~』のユーザーから最も反響を頂いているのが前胴に設置された二つのポケットです。

画像カラーはブラウン
スマートフォンやパスケース、メモ帳など頻繁に取り出すものを十分に収納できますface03
しかも結構な容量が入ってしまいます。

画像カラーはネイヴィー
私はカードケースと名刺ケース。スマートフォンにパスケースを入れてることが多いです。

画像カラーはネイヴィー
結構大容量なんで、普段から荷物たっぷり入ってますよkuma

画像カラーはブラウン
長野県からオーダー頂いたT様のコメントにもある通り鞄内部には背胴側に大きなポケットがあり、スプリングホックで止めることができますので、タブレットやノートPCを入れて使用されてもOKですkinoko

画像カラーはブラウン
ブランドロゴは気に入っていますが、内部に別途縫製でつけています。
なんか見えるところにブランドロゴが入るちゅ~のは好きじゃないので(笑)。

機能性・使いやすさ③
~綿ベルトは万能なんですぞ~

『Lance~Regular Specification~』をオーダー頂いたお客様から次に多かったご感想。
【お客様の声】
綿のショルダーがこんなに使いやすかったとは・・・。レザーのショルダーベルトの鞄が今では使いにくすぎます(笑)。
(兵庫県D様)

最初はショルダーベルトがレザーじゃなかったので、少しそこが気に入りませんでしたがオーダーしました。実際使ってみるとブログに書いてある通り、自分の好みの長さに調整できるので、会長がブログで書いてある事を実感しています。
(兵庫県M様)

ショルダーベルトだけレザーじゃないので、少し残念でしたが。コスト削減でケチって居るのかと思いましたが、レザーのショルダーベルトよりも肩の負担が少ないですし、長さ自由に調整できるので便利ですね!!
(大阪府Y様)

関西からのお客様の声の特徴kabinkusa
最初にディスってくる(笑)。
一枚の革仕入れて全部その革で製作する方が材料代は安いですからね。綿ベルトも小売じゃなくて何十mと凄い量を仕入れないとダメなんで、むしろ高くつきますからね(笑)。ケチってません(笑)icon23

ショルダーベルトには綿ベルト採用しています。しかも50mm幅の太い綿テープを採用しています。
レザーのショルダーベルトは穴が必要なので長さ調整にどうしても制限が生まれてしまいます。
これなら微調整が自由に可能です。
夏場はTシャツだけど冬には分厚いダウンのようなアウターを着用すると少しの微調整がしたくなりませんか?

ベルトの先端の止めの部分はレザーで補強して縫製してあります。
ちゃんと手間暇かけてます(笑)。
私も神戸ですが、関西のお客様は入りがドギツイ(笑)。結局は褒めて頂けるんだけど・・・。

画像カラーはブラウン
『Lance~Regular Specification~』はショルダーベルトを体側に傾けて取り付けているのも使いやすさの特徴です。
一般的なショルダーバッグは垂直に取り付けてるケースが多いですが、斜めに取り付けることによってワンショルダーでずり落ちる現象を軽減させたり、肩への負担を軽くしてます。たすきがけで持った時に妙にマッチするのもこのためです。本場のメッセンジャーバッグが採用していることから事実持ちやすいんですface03


オマケで言わせて!!
~適正価格を実現するために~

関西の方々は私も含めてお金のお話が好きなので(笑)、オマケで言わせて下さい。
個人的にはモノは適正価格であるべきと思います。
大手のメーカーさんやブランドさんは大量に作るので大量に原材料も仕入れる訳で、きっと私達よりも同じ原料でも安く仕入れるでしょう。

私と椎名くんは大手ではなかなか作れないパターン設計や縫製など職人技ならではの作りを意識しています。
また皮革産地兵庫県は播州エリアの皮革生産に関わる方々の協力を経て、上質な皮革素材を商社など中間マージンがかからないように仕入れています。

『Lance~Regular Specification~』は販売価格が6万円。税込みで64,800円です。
金額的には決して安くはありませんが、椎名くんのハンドメイドにかかる期間などを踏まえると適正価格であるかと思います。
当初通販での販売を開始することにおいて、専用のパッケージBOXなども考えていましたが、パッケージ費用などを原価として考えると今の価格よりも遥かに高くなってしまう事が判明し、適正価格を実現するために包装を簡略化することにしました。

専用の綿袋に入れてエアクッションで梱包し、配送をお願いしているヤマト運輸の専用BOXにてお届けをしています。
クロネコさんより安い価格を提案してくる運送業者も数多くありますが、ドライバーを始めとした運送業者さんの荷物の取扱いなども考慮して運送業者はクロネコさんを信用しています。


レザーと言うことは気をつけて欲しいけどヘビロテして欲しい
~雨に濡れた。それもライフスタイル。10年間は最低使い倒してみませんか?~

『レザーは水に濡れたらだめ。』
一般的に言われる事で間違いではないです。
けど毎日使っていたら、傘を持たずに外出して雨に遭遇して濡らしてしまうこともあります。
だけど正しいメンテナンスをして頂いて、ヘビロテで使って欲しいです。
そんなヤワな鞄ではありませんkumakirakira
数週間前に雨に濡れてしまったとお客様から確認のご連絡がございましたが、正しい対応をされて居られて、素晴らしい経年変化をされていました。

経年変化の面白いところは、人によって微妙に異なってくる変化をすることです。
人によって千差万別なんでまさに数年に及ぶライフスタイルを刻み込む事に他なりません。
最低10年は使い込んで欲しいんです!!


再製作でけたんですけど・・・

今回製作分は2016年最終製作になります。
が、予約分でちょっとだけになってしまいましたicon11
一度の製作で各色5個ぐらいが現在最高製作でして・・・。
ネイヴィーはご予約で掲載前に完売となっております。
次回製作も進めていますが年明けからの製作となります。
2016年10月23日

2016年10月23日 宝物が増えちゃいました

こんばんはkabinkusa

最近、スタッフに叱られてばかりicon11
私は個人的な遊びでジギング(鉛のジグと言われるルアーで遊漁船からハマチとかの青物とかタチウオとか釣る釣り)が大好きで兵庫県は神戸のお隣の明石の海では最盛期で、漁師かと言われるぐらい沖に出る始末icon11。釣れないと次回こそはリベンジ!!ってなるし、釣れたら釣れたらで「もう一回(大塚愛風)」となるので、非常に中毒性のある遊びです(笑)。ヘラヘラしてると
「フラフラ出歩かないで、ちゃんと仕事して下さいangly
「何、やることやらないでリアル釣りバカ日誌してるんですかangly?」
ガチで叱られて、メッチャ怖いface07。こんな頼りない私をサポートしてくれる職人さんやスタッフには感謝ですm(_ _)m。

お客様からメンテナンス依頼とか頂いて、スタッフからブログのテーマをもらって、ブログを書くように指示されたものの・・・。
今日は土曜日。
土曜、日曜、祝日は浮かれてしまいますよねkuma。筆が進まない(笑)。
こんな時は、何か物欲を満たそう。欲しいブーツがあったので、久しぶりにブーツを購入してテンションをあげようicon14
取扱い店舗をググってみると3つとなりの区に取扱いショップさんがあるじゃありませんか?
車飛ばして意気揚々と下さいなと言ってみたものの
「サイズ切れか~い。マイサイズないんか~い。」
しょんぼりです(笑)。
テンションを上げるどころか、テンションダダ下がりですicon15
しか~し捨てる神あれば拾う神ありkirakira。今日は私の宝物が一つ増えましたので、そのお話を。



ニットの世界も奥が深いし、知ればしるほどワクワクするもんなんですよ♪

デニム、レザー、カットソーと経年変化愛好家が愛するアイテムは様々ですが、私個人的にはニットも大好きです。
セーターとかカーディガンとか。今から寒くなるこの時期はレザーだけでなく、ニットも多様します。レザーもニットもデニムもそうですが、もう、昔の人達が知恵を絞って創意工夫を凝らしてきたアイテムです。そんな私に数日前、長年お世話になっているお店のママさんからメッセージを頂きました。
「突然ですけど、オイルセーターいりませんか?」
ふぁ?
メッチャ大好物なんですけど??ほ、欲しいです・・・。すると、本日お店に持ってきておいたからまたお店に寄ってね。メッセージを頂き、飛んで行きました(早っicon11)。それがこちら。

ハンドメイドニット特有のこの重厚感が堪りません・・・face03
「オイルセーター知らない人も多いし、匂いやチクチクするのが嫌って人が多いし、オイルセーターを知ってる人に貰ってほしかった。」
とママさん。
最近、アクリル混合ウールのニットが横行して、確かにオイルセーターを見かけなくなった。ってかオイルセーター知らない人が多いと言う現実にビックリface08。なんで、今日はオイルニットの熱いストーリーを知って頂きたいと思います。

そもそも『オイルセーター』とは?
オイルセーターとは厳密にはオイルドセーターといいます。
脱脂されていない脂分を残した毛糸で編まれたセーターです。
セーターだけでなく、カーディガンなども存在し、全部ひっくるめてオイルドニットと呼んでいます。
脂分が残った毛糸で編まれたニットは防水性が高く、古く昔からアイルランド地方やスコットランド地方の漁師が愛用した事より、「フィッシャーマンズニット」とも呼ばれています。アラン諸島周辺の漁師から産まれたことより、「アランセーター」と呼ばれてたりもしています。

脂分を含んだニットは今日のアクリルウールより遥かに重たくて、脂分特有の匂いがあり、敬遠する人がいるのも現実かと・・・。

クリーニングは手洗いで特殊な洗い方が必要なので、知らない人がクリーニング屋さんに出しちゃうと脂分が抜けて単なるセーターになってしまうのも事実です(笑)。
ママさんが言うには30年ほど昔に購入してデッドストックしていた大切な一着と言うこと。30年っても~ヴィンテージですface03

タグを見るとスコットランドのニットの老舗。INVERALLAN(インバーアラン)です。
現在でも完全ハンドメイドで製作されている高品質ニットです。
取扱い店舗の多くが「アランニットの代表的ブランド」と謳っており、ご存知の方やお目にした事のある方も多いかもしれませんが、この謳い文句にニット愛好家の中には
「INVERALLANはアランニットの類似品でアランニットじゃない!!」
じゃないと言うご指摘も受けそうなので、日本経年変化協会を運営している立場としてちょっとマニアックなお話させて下さい。

アランニットの機能性・魅力が多くの人に普及したもの
オイルドニットの起源はアイルランド島の西方に浮かぶ島々のアラン諸島が起源であり、スコットランドで製作されているものは厳密にはアランニットとは言わないと言う意見があります。だからINVERALLAN(インバーアラン)はアランニットでは無いと言う言い分。
原産国に限定すれば、そりゃそうなんでしょうが、アランニットの歴史を探れば奥が深いんですよね。
アランニットの起源は6世紀と言われています。今から14世紀も昔icon11。1,400年前?日本で言うと飛鳥時代で推古天皇とか聖徳太子とかの時代です。布を巻いて居た時代に遠くはなれたアイルランド地方でニットが生まれていると言うんだからビックリですface08

そんな大昔にアラン諸島の漁師の奥様方が豊漁と安全を祈ってセーターを編み、漁師である主人に着せて、母から娘へ編み方を伝授していたと言われています。編み方も漁師の家々によって異なり、その家独自の編み方や模様が施されていたそうで、今と異なり海に出るのは命がけで、ちょっとした天候不順で沈没することも多く、溺死体が流された時にその着用しているセーターから
「◯◯さんのご主人だ!!」
と分かったそうです。

そんな熱いストーリーがあるアランニットですが、実際にアラン諸島で編まれたニットブランドは編み手の裁量にまかせて製作しているため、同じブランドでも編み手によって模様やサイズが異なるそうです。例えばサイズ40でも編み手によって大きかったり、小さかったりが存在するらしいですicon11

当時としては防水性と防寒性を兼ね備えたアランニットの機能性は多くの人の共感を呼び、アラン諸島から周辺に受け入れられ、ご近所のスコットランドの漁師たちも愛用し、さらには一般にまで受け入れられる事により需要と供給が膨れサイズ統一がなされたブランドが登場し、それがINVERALLAN(インバーアラン)のようなブランドが産まれたのだと思います。

私個人的には「アランニット」はデファクト・スタンダード(事実と異なるが多くの人が認識している事柄)であり、「オイルドニット」、「フィッシャーマンズニット」であることには間違いが無いと思います。


う~ん。マニアックな展開・・・icon11
実際に現行のINVERALLAN(インバーアラン)はお洒落好き、ニット愛好家ならご存知のブランドではあり、ダイヤモンドやトリニティステッチと言われるロープ上の編み編みしたデザインが多いですが、今回ママさんが大切に保管されていたのは30年代モノ・・・。

ボディー周りに一切の飾りが存在しないシンプルな編み込みセーター。
現行でも無地のモデルもありますが、圧倒的に人気があるのは模様が施されたモデルですが、お洒落着を意識せず、フィッシャーマンズニットとしての機能性重視だった老舗の意地なのか・・・。想像するとイメージがどんどん膨らみ興奮してきますface03。また30年経った今でもデッドストックと言うこともあり、現行よりも脂分が強いよ~にも思え多くの人が敬遠する脂分の匂いにも私はそそります(も~変態なのかicon11)。

襟元は二重編みが基本ですが、オイルドニットで編み込むと首元がメッチャしっかりしている。

袖の縫製なのは今も昔も変わらず。
質実剛健なニットパターンが着用意欲をそそる。

リブも美しい・・・。

オイルドニットの魅力はアクリルウールにはないこの重厚感が最大の魅力だと思う。

INVERALLAN(インバーアラン)と同じく、オイルドニットのハンドメイドブランドAthena Design(アテナデザイン)も僕は大好きで愛用していますが、タグがある場合ニッター(編み手)のサインがあります。ニッター(編み手)はブランドから支給されたパターンとニットを自宅で製作して納品するシステムと取っているそうで、日本で言うと内職です。編みの技術によってレベル分けがされているらしく、皆技術の向上を日々行い誇りを持っていると言うから素晴らしい。

30年も昔にスコットランドのどこかの家庭で女性がこのニットを編み込み、はるばる海を超えて日本にやってきて、30年間大切に保管されて、当時子供だった僕が成長して何かの縁でママさんと知り合い、そして本日、私の手元にやってきた。
そう、思うと興奮するぅ~face03

この世の中にあるモノには全て、企画があって製作されている。私はほとんど買わないけど、UNIQLOのようなファーストファッションの商品アイテムだって、一つ一つに商品企画する人が色んなマーケティングして値段を抑えるために多くの人が知恵を絞って、それを一生懸命どこかのアジア諸国の縫製工場で現地の人達が縫製しています。

だからこそ、どんなモノでも大切に扱わないと駄目だと私は思います。
自分が愛着を持ってモノは大切にメンテしてヘビロテで長く使いたい。長く使えるものは品質が求められるのですけどね。ファストファッションでDesignが気に入って購入することもありますが、ワンシーズンでダメになっちゃうと悲しくなりますから、良いモノを長く使い続けるのが私のモットーであり、長く使うと経年変化と言う概念が生まれてきます。

今回頂いたニットも30年経ってスタートです。大切に愛用して行きますよ。
ママさんありがと~。メッチャ大切にします!!

2016年10月04日

2016年10月04日 ブチ切れそうなんです

こんばんはkabinkusa

ブログのタイトルは物騒ですが、堪忍袋がブチ切れそうと言う訳ではございません(笑)hand04
ブチ切れそうなのはブーツのシューレースでございます。

わ~icon11
なんでこ~なるの??
って時々この手のブーツはなるんですよね・・・。

今回のブーツはWESCOのジョブマスター。
私は好きなんで色違い、革の素材違いで同じ6インチ丈で3足をローテーションで愛用しておりますが、一番最近購入したブーツのシューレースがブチ切れそうface07
色々、モデルはあるのですが、ブーツはガッチリ縛り付けて履きたいので、個人的にレースアップのブーツが大好きですkuma
BOSSとか全然履いてないなicon11

よ~見たら両足ともシューレースがブチ切れそうやがなicon11


せっかくだからメンテしちゃおう

せっかくだからシューレース交換するなら、メンテしちゃおうかなぁ~って気分。
結構皆様から多いご質問。
「どれぐらいの頻度でメンテすれば良いのですか??」
と頂きます。
レザーアイテムのメンテは使用頻度にもよるので厳密にどれぐらいと言うのは答えにくいのが本音です。
私の場合は基本シーズン・インとシーズンオフの時を心がけていますが、それ以外は気が向いたときだけですicon11
今回は気が向いたと(笑)。

ブーツのメンテナンスは何度か紹介してきたので、詳細は今回は省きますね。

【ブーツのメンテ方法過去記事】

ブーツにカビが生えちゃった時の対応とメンテナンスを紹介しています。
カビ取り以外のメンテナンスは王道メンテナンスなんで、是非参考にして下さいね。

で、シューレースを取り外してみました。

う~ん。
まだ新しいのにブチ切れそうに・・・。
ハズレが当たっちゃったのかなicon11。個人的にはシューレースは長持ちするものとそうでないものがあり、アタリハズレがあると思います。
今回はハズレかな(笑)。

埃を落としてブラッシングしてオイルを入れたら見違えりました。


【レザー製品に最適なメンテナンスオイルについて】

いまだに多いご質問がこちら。
レザーにオイルアップさせるのは年に2~3回ぐらいで十分だと私は思います。毎月やるよ~なものではないです。
どんなオイルが良いのかも良く訊かれますがが、個人的には市販されているものであれば、マスタングペーストですねkabinkusa

私個人はオイル屋さんと関係が築けて現在改良したオリジナルオイルを使用しています。
馬脂をさらに浸透性を高くしたもので、要冷蔵保存が必要ですが、近々少量の販売を行う予定です。

で、メンテナンスしたマイ・ブーツ。

綺麗に埃を落としてオイルアップしたので、色濃く美しくなりましたface03

シューレースは新品に交換したのでまだ馴染んでいません(笑)。

先端のトゥーはかるく艶出ししておきました。

コバもかるく目の細かいサンドペーパーを掛けて磨いて、コバインキで着色したら、購入時のように綺麗になります。

東急ハンズさんとかで販売されているコロンブスのコバインキ(焦げ茶)がベストマッチです。

やはり、メンテナンスをして育てていくアイテムとしてブーツは必須アイテムですね。
最近、一足ずつ毎晩メンテしてます。
これからブーツを始めとしたレザーアイテムの季節なんで楽しみです。
2016年09月23日

2016年09月23日 絶対の自信作リリース予定

こんばんはkabinkusa

前回のブログ、チュッパチャプス専用ケースは想像以上の反響を頂きましたface03
現在、その反響をパートナーの椎名賢君にも伝えて、もっか改良してリリースの方向で進んでおりますkirakira
皆様の応援ありがとうございますm(_ _)m

で、実はもう一つ企画しております。
だってレザーの季節である秋冬ですもんkiirokinoko

もっか試作製作中の椎名賢君kuma
写真撮影時は試作製作中でしたが、試作は上々の出来栄えで、今月中旬から本製作に着手予定でございますkirakira


これは絶対にオーダー頂きたい、だってド定番のトート・バッグだもん。
鞄で珍しい外縫いだからスムースのオールレザー。育てて欲しい。

今回製作しているのはトート・バッグでございますkuma

【トート・バッグとは】
通常持ち手が2本あり、多用途で用いられる、手持ち鞄。「トート(tote)」は、アメリカの俗語で「運ぶ(carry)」、「背負う」を意味する。ハンドバッグの一種。無駄を削って持ち運ぶことだけに特化したストイックな機能性を最大の特徴とする。
(引用Wikipedia

トート・バッグはシンプルな機能性重視のバッグだんですけど、使い勝手はメッチャ良い。
せっかく椎名賢君と一緒にセルフプロデュースブランドSpecialite & Entreeを立ち上げたのに、定番のトート・バッグが無いってのは可笑しいよね~(笑)。と話していたけども日々のオーダー製作で新作に着手できずにおりましたicon11

今回オリジナルレザーPate(パテを採用したスムースレザーのオールレザーでリリースさせて頂きます。

この一文で「オッ?」と思った方。「ピクッ」ってなった方。
そんな方々は相当なモノ好き、そして鞄に詳しい方々ですface03
鞄は通常内縫いを行いますので、一般的に多いのがシワが目立たないシュリンク、ダコダ系のレザーかスムースでも柔軟性のあるソフトレザーを採用します。

【鞄の内縫いとは?】
鞄本体は内縫いと言われる技法が用いられます。
鞄本体の縫製跡を見せないようにするため、本体を袋状に縫製してひっくり返す作業が発生したり、針穴が目立ってしまうことがあります。

こんな感じでひっくり返してからシワが入るケース。
(画像引用及び詳細はHertzさんをご参照下さい。)


このような状態では方法は二つ。

Hertzさんのようにそれでも素材にこだわるなら、シワが入る事を予め断っておく。
②シワが目立たない天然シュリンクやダコダのレザー、もしくはソフトレザーを使う。

この二つしか方法はございませんface06
①のようにHertzさんは質実剛健なモノ造りにこだわるのも大変なことです。分厚い革をひっくり返すのは作り手の職人さんは重労働であって、ブランド・アイデンティティつまり自分たちのモノ造りが明確な証拠で良い悪いではなく、素晴らしいと私個人は思いますface03

ちなみに私と椎名君は、新品の状態でシワが入るのは個人的な好みではないので、内縫いでの鞄ではスムースレザーを避けて天然シュリンクやダコダ、もしくはソフトレザーを採用することを行ってきました。

ロングセラーとなったEntreeブランドからリリースしているショルダーバッグ『Lance』も内縫いでの製作となるために、ダコダ調のオリジナルレザーSel(セル)を企画して製作しています。


今回鞄本体を外縫いにすることで肉厚レザーでシワの無い鞄本体を実現

今回、製作するトート・バッグの本体は鞄を外縫いする製作工程を採用しています。
以前から外縫いの製作を行っていますが、手が慣れた事から研究熱心な椎名君がさらに製作技術を向上させ、肉厚のスムースレザーでありながら、シワの入らないレザーバッグの製作が可能となりましたkirakira

カラーはネイヴィーと、ダークブラウンでリリース予定です。
オールレザーで3万8千円(税抜)を予定しております。
肉厚レザーでクラフト感ではなく、高級感のデザイン設計なんですよねface03
来月10月の中旬頃リリースなんですけど、これは良いんです~。

トート・バッグ便利ですからヘビロテして育てるバッグとなります。
楽しみ~。


次のページ