新着情報トピック

2018年02月11日

2018年02月11日 トラッカーワレットの魅力と欠点とエンジニアバッグ

こんばんはkabinkusa

全国的な大寒波すげ~face08
そして寒~いicon11。路面は凍結するし怖~いface07
福井県は大変かと思います。皆様ご無事であることを祈ります。

さて、毎年春財布をリリースするのですが、今年はトラッカーワレットをリリース致します。
トラッカーワレットカッコよいけど、機能的に~と言う意見が多いと思います。

トラッカーワレットについてちょいと解説を今回したいと思います。

そもそもトラッカーワレットって??

こんなお財布の事ですねkabinkusa
フラップがついててジャンパーホックボタンで開閉するタイプ。
大体札入れ1箇所、コインケース、カードスペース一箇所とシンプルでルックスもシンプル。
このシンプルさが最大の魅力でもあるんですけど、シンプルが故に実用性にちょっとと言う意見も多いお財布ですface06
トラッカーワレットのルーツを改めて解説致します。

トラッカーワレットはもともとは領収書(伝票)ケースです
60年代からはバイカー御用達のお財布に
トラッカーワレットが登場したのは1950年代のアメリカと言われております(諸説あり)。
当時のアメリカのトラッカー(トラックの運転手さん)の領収書ケースと言われており、お財布じゃなかったようですface08。当時のヴィンテージなどをみるとコインスペースが存在していないものも多いです。

でもまぁ~当時の使い方を想像しても、トラックのドライバー達は領収書ケースでもお財布も兼用してたと思いますicon11
結局お財布用途が強くなってトラッカーワレットと呼ばれるようになったと言われておりますface06

50年代後半から60年代に入りバイカー達はこぞってトラッカーワレットを財布として愛用しはじめ、バイカー御用達のイメージが強く印象付けられました。理由としてはデニムやパンツのポケットに入れて持ち運ぶため、小ぶりな長財布として捉えられたと言われており、その際お財布を落とすことも多いため、ワレットチェーンが誕生したと言う経緯もあります。

こうやってルーツとか発祥を考えると面白くないですか?
今日でもそのシンプルなデザインでバイカーを中心に人気のトラッカーワレットですkabinkusa
でも広く知られてはいますが、意外にお財布と言うジャンルで見ると知名度は高いけども売れ行きで見ると他のタイプのお財布と比べると低いのも事実。魅力と欠点を私なりにまとめてみました。


トラッカーワレットの魅力と今日の実用性の欠点
~昔はカードが無かったけど、今日はカード社会~
トラッカーワレットの魅力はシンプルなヴィジュアルデザインと抜群のサイズ感です。
お札ジャストサイズで一般的な長財布と比べると小ぶりになりますが、そのサイズ感が何とも愛おしい革小物であります。

財布の中身はお札スペース一箇所、コインスペース一箇所。
お札スペースとコインスペースの間にカード一枚分幅のスペースがあり、カードを重ねて収納すると言ったタイプがトラッカーワレットの主流な機能性となりますkirakira。本来これでい~んですよ。トラッカーワレット気になるけど実際自分で使わない人の主流な意見が
「カードもう少し入れば嬉しいんですけど??」
「運転免許証とカード重ねて入れるのは嫌なんですけど??

と言ったご意見がありますkuma
このブログの読者の中には当てはまってる方もいらっしゃるかと思います(笑)。
1950年代、60年代は今みたいなポイントカードや色んなカードが無かったからカードスペースの設計を考える必要が無かったんですよね。現在カードスペースを設置したトラッカーワレットもちらほら見かけますが、サイズ見ると従来よりもカードスペース分大きくなり、見た目はトラッカーだけどサイズは通常の長財布です。みたいな感じなモノが多い。

今回日本経年変化協会トラッカーワレットを企画しようとした際この課題に挑戦しようと思っています。
サイズはそのままでカードスペースを最低限区切って設計したい。
手こずってる感はあるんですけど、きっとお気に入りの一作に仕上がるかと思います。
近々ご紹介できると思います。

昨年の夏から紆余曲折をへてエンジニアバッグがリリースされます
先のブログLOUIS VUITTONから着想を得て鞄を企画してましたが、打ち合わせや試作を繰り返してはや1年近く。
vuittonと全然関係ない鞄になりつつあります(笑)。
結局日本経年変化協会の関係者の多くは私を始めとして皆ブーツやレザージャケットが大好きとか趣向性が強すぎてそのまま趣向性が企画へ反映されることも日常茶飯事なんですが・・・。

近々リリースされる鞄はずばりエンジニアバッグですkirakira

エンジニアブーツがそのまま鞄になっちゃいました的な鞄に。
会長の私個人が使用する場面を想定してこれまたマニアックな機能が満載されております。
ショルダーバッグになりますが、私は普段車の助手席に鞄を置いて運転するので、車から降りる際に掴むハンドルとかそんなマニアックな機能が満載されております。

リリースは今月末か来月初旬を予定。
素材は今では姫路を圧倒的に押さえて日本最大の皮革産地となっております兵庫県たつの市の北米産原皮の本ヌメでリリース致します。お楽しみに!!
多分その後に今年のお財布であるトラッカーワレットが登場します。
2018年01月27日

2018年01月27日 私の愛用品①

こんにちはkabinkusa

今週はこの大寒波がヤバイicon04
寒いの一言。関西でも連日氷点下となっておりますicon11
寒いですが、お仕事で外出しないといけない方々は多いと思います。

さて、今年の流行は”ヘビーデューティー”らしくファッション雑誌の紙面でもよく見かけます。
実際の所、これも造語なんで解釈もいろいろ御座いますface06

実は某メディアさんの取材で私の見解も求められました。なんで、このような解説をしておきました。

ヘビービューティーの語源と解釈の変遷
⚫元々は特定のファッションを指す用語⚫
70年代にアメリカでBack To Nature運動が高まり、その前後に台頭してきたアウトドアのいろいろなグッズやウエアを組み合わせたファッションスタイルです。
アウトドアのファッションアイテムは機能性が高く耐久性が高い事が大きな特徴であるので、ヘビービューティーギアと呼ばれるようになり、『ヘビービューティーギア=耐久性が高く何年も愛用できるアイテム』と言うイメージに変遷していったと思います。

⚫今日では耐久性だけが突出した解釈に⚫
実際アパレルや専門家の方々も理解されている解釈がヘビーデューティーには「頑丈な・酷使に耐えうる」といった意味があるため、衣服など身に付けるもの(ヘビー・デューティー・ウエア)に使われる場合には、「激しい労働にも耐えうる」といった意味で、頑丈な道具、実用一点張りの衣料に対して使う言葉。 とあります。アウトドアのグッズやウェアも含めてワーク関連のグッズやウェアも含めて使っています。

造語の解釈なんで、その都度変遷して行くし、デファクトスタンダード(従来の意味ではなく、多くの方が解釈している認知)が本当の解釈だと思います。ヘビーデューティーが耐久性のある道具やウェアと言う認識が経年変化の概念と合致して、今回私への取材に相成ったんでしょう(笑)。

さて、スタッフや実際にお会いしたお客様からも
「会長お会いする度にアウターが変わりますが何着持ってるんですか?」
「それブランドで廃盤になってるんですけど、譲って頂けませんか?」
と、私の私物に関するご意見をいただく事が多いので、不定期ですがちょっとずつ私物を紹介して行こうかなぁ~と思います。

実際、ウェアやグッズはいっぱい持ってるかと思います。でも10代後半からアラフォーの現在に至るまでの愛用品が多いから10年選手なんてざらです(笑)。今回は本当に寒い時に愛用している一品(今週のアウターはコレで行きます)。


ボア大好き♪Timberlandのボアマウンテンジャケット

今週はコレで外出してます。
寒いからまだ2日程度しか外出してませんがicon11
ダウンジャケット温かいのは解りますが、個人的な趣向性と異なるので私はボアやアルパカをライニングにしたジャケットが大好きで御座います。今回ご紹介するのがこちらのTimberlandのボアマウンテンジャケット。かれこれ10年近く愛用しております。
Timberlandと言えば、1952年にアメリカで誕生したアウトドア用品を中心としたカジュアルブランドで防水のブーツとかが有名ですが、Timberlandで所有しているアイテムはこの一着だけですkuma

生地は厚手のキャンパス生地ジャケット。
キャンパス生地は堅牢な感じがして私の大好物ですkirakira

ポケットは全てフラップ式ですが、ハンドウォーマー仕様になってますので、寒いときは重宝するらしいです。私は手袋します。
ポッケに手を入れて転倒してオデコ怪我した事がトラウマなのでicon11。大人で転倒は屈辱です(笑)。

フロントジッパーも装着してるので前を停めるとかなり身体は温かくなります。

気に入っているのはランニングは全てボア。
ヌクヌクなんですよface03

ウエスト周りは絞り込むことが出来ます。シルエットの調整が可能で中に着込む量によって私は調整しております。

ブランドロゴ。ブーツのシューレースみたいな感じが個人的にもグッド。

内ポケット。
ここにホッカイロ入れると最高!!

Timberlandのブーツとかは一足も持ってませんicon11
10年ぐらい前なんですが、革ジャンでは寒すぎて購入してその場で着て帰った覚えがあります。
メッチャ温かいので、極寒時の専用ジャケットです。

譲ってくれと言われてもお気に入りなんでやんわりお断り致しました(笑)。
2018年01月13日

2018年01月13日 32年間愛したい

こんばんはkabinkusa

そして改めましてあけましておめでとうございますicon01
本年度もよろしくお願い致します。

え?
もう成人式も終ってるってのに何言ってるのって?
ダメ社会人(ブルゾン風)。

ま~今月の15日までは松の内で私にとってはお正月ですtanuki
今月は日程の関係で1月の9日まで冬季休業頂戴いたしました。
今年もベロベロに酔っ払って、新年のお電話も呂律回ってなかったのでご挨拶頂いた方々すみませんでしたicon11

今週は新年の挨拶周りでようやく本年度初のブログ更新に至りました。

お正月に併せてお財布やレザーアイテムの愛用品の数々をメンテ致しました。

今日も打ち合わせで今年からのテーマを決めました。
32年間愛用できる質実剛健なアイテムを創り出す。
です。
何で32年なのかはまたオイオイご紹介させて頂きます。

毎年春財布をお楽しみにしておられる方々。
今年も新しいお財布出ますよ。
ゴージャスなトラッカーワレットでございます。
これも是非お楽しみにお願い致します。
2017年12月31日

2017年12月31日 年末のご挨拶

こんばんはkabinkusa

今年も残す所あと数時間です。
今年も色んな新しい出会いがあり、多くの方々と楽しい日々が過ごせましたface03
また、経年変化好きの方々の応援をたくさん頂きました。
誠にありがとうございます。

私は昨日仕事納め致しまして大好きなオフショアの釣り納めでお正月用の鯛を釣りに行きました。

シーズンオフで苦しい釣果と思いきや明石ブランドの天然真鯛をゲット。

結果は上々。
めでたいface03
只今お正月の焼鯛も頑張って焼きました。

来年も楽しい年になりそうです。
それでは来年度も日本経年変化協会をよろしくお願い致します。
愛用品をガンガン育てて楽しみましょう!!

それでは皆様も良いお年を
2017年12月18日

2017年12月18日 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル

こんにちはkabinkusa

世間は年末モードですが、如何お過ごしでしょうか?
ちなみに、私は数年ぶりに「嘘やろ??」と言うぐらいの風邪を引きましたface07
超ハスキーボイスになったかと思えば身体の節々や頭痛がしてあっと言う間に高熱が出ましたicon11。インフルかと思いましたがただの風邪との事でしたが、三日三晩寝込みましたよ。忘年会欠席で関係者にはご迷惑をおかけいたしましたkuma

さて、最近多いご質問で

『本田宏治氏の作品が増えてきましたが、どんな職人さんなんですか?』

と言うご質問face06。正直「へ?」と思いました。
セルフプロデュースブランドであるSpecialite & Entreeは椎名賢氏と本田宏治氏の両名が作品を手がけてくれております。
椎名氏は私と同い年でお互いこの仕事する前からの知人ですので、ブログ上では「椎名君」。普段話する時は「ナベちゃん」と愛称で呼んでおります。
本田氏は人生においてもこの業界においても大先輩で職人歴も椎名君よりも長く、「本田さん」と呼んでおります。
先日本田さんに、本田さんがどんな職人さんか質問来てますけど??と相談してみると逆に本田さんも職人仲間から「日本経年変化協会の会長ってどんな人?」って質問されてるそうですface08。まぁ私の場合は商品企画プロデュースからコンサルタント事業や執筆と色々やってますので、何者??と言うニュアンスだと思いますがicon11

じゃぁ~お互い紹介しあいましょうと言うので今回は、本田宏治氏と言う職人さんをご紹介させて頂きます。

港町神戸を代表する職人として神戸セレクション認定の職人さん

本田宏治氏(以下:本田さん)は大阪芸術大学美術学部卒業なされてます。ロカビリーからロッカーズのカルチャーに造詣が深くそのカルチャーの中にレザーと言う素材がありレザーに興味関心がありウエスタンギアブランドのFunnyに入社し革職人として修行します。その後製作部門のマネージャーまで昇格し、様々なアイテムを世に送り出し後輩を育成し独立され神戸は元町にGum-A-Mama Leathersを開業します。
私が本田さんと知り合ったのはその頃だったと思いますkuma

港町神戸と言うと旧居留地や異人館といったお洒落な街と言うイメージを市外・県外の方でお持ちの方が多いと思いますが、アンダーグラウンドのカルチャーも独特でして私が思春期の頃は古着を着倒し、カスタムバイクを乗り回すのが主流でしたicon11。今でもコアなショップは残ってますが・・・。本田さんはそんな神戸のモーターサイクルカルチャーを取り入れた作品をリリースされております。

その独特の作風は神戸セレクションにも認定されておりますface08

超忙しいけど毎回快くお願い聞いていただいております
本田さん。
超売れっ子の職人さんなんで全国の百貨店とかに出張されてメチャ忙しい方です。今は神戸に居てる方が珍しいぐらい。神戸に居てる時はアトリエで作品製作だけぐらいの勢いicon11。そんな忙しいところ突撃してお願いして雑談まで対応して頂いておりますkuma

この日は多分ベルト製作されてましたicon11

裁断してコバ取りしてたんだと思います。
作業中の撮影もOK。しかも会話(雑談なんですが~icon10)まで対応して頂く言うね。うん。有り難さ。
本田さん毎度毎度有難うございます。今回は来年度の新作の打ち合わせと追加製作の打ち合わせでした。


本田さんと椎名君の違い
これも良く頂く質問なんです。
「会長は何を基準に椎名さんと本田さんに製作をお願いしているのですか?」
と。
本田さんも椎名君も凄腕の職人さんなんですよねface08
一言で言うと二人の作風の違いです。

椎名君は本人も自負していますが、元々はレディースバッグが本職で割りとフォーマルな美しい作品を生み出します。
本田さんは自分が大好きなカルチャーからレザーに魅せられてウエスタンギアブランドで修行されたことから格好良い作品を生み出します。

綺麗な作品の椎名君。カッコ良い作品の本田さん。
企画段階で綺麗目系ファッションなのかカッコ良いファッションで使うのかで直感で判断しております。
スタッフからは会長に良い関係の女性が居てると椎名君の企画が増えると言う評判を聞きました(笑)。ってかコラ~angly


2018年の新作第一弾はvuittonから着想を得たバッグ
秋冬に企画するとアウターが楽しいので、格好良いアイテムが欲しくなる。ってことで来年新年あけてから本田さん製作の新作が3連発でリリース予定です。その第一弾は世界的ブランドであるLOUIS VUITTONから着想を得ました。意外がられるんですけど、私一応このようなお仕事なので色んな鞄を始めとしたファッションブランドやメーカーの新作はチェックしておりますkirakira。とりわけLOUIS VUITTONはあんだけ大手にも関わらず新作を連発し全てが非常にクオリティーの高いバッグをリリースしているので驚きますface08

今年の新作で目に止まったのがこれ。
このクッタリ感と見た目以上の収納力。そして肩からかけることも可能な絶妙なハンドルの長さで実現されている2WAYバッグ。
これを上質なヌメ革で経年変化を楽しめたらなぁ~。
普通なら椎名君に依頼する。だけどよけい綺麗に仕上がってしまいそうicon11
企画の着想があってもコピーしても仕方ないので思いっきりアレンジ加えたいので相談したのが本田さんkuma
「これを僕らなりにアレンジしたいんですけど?テーマはカジュアルリッチで!!」
と相談したのが今年の夏icon01。本田さんも今までと違う依頼で多少驚いてましたが承諾頂きOK頂戴しました。
この鞄の為にレザーを準備したのが実は今では姫路市を抜いてレザーの精製量が日本一である兵庫県たつの市への訪問でしたkusa
で、先日サンプル第一弾が完成。それがこちら。

チェッカーフラッグ柄は本田さん仕様(本田さんは実際に使ってみて改良加える職人さんです)。
A4も横長より縦長の方が入れやすいという事から縦長仕様。

ベルトも手持ち肩がけ、斜めがけが可能な長さ調節できるようにアレンジ。

重たい荷持を入れた時はワンショルダーのリュックタイプにもなるクッション素材入りのレザーベルトまで装着。
アレンジ決めすぎて別物だと言う声もありましたが、これ超かっこ良い。これを

たつの市で精製した生成りのヌメ革で肉厚の鞄で本番を製作するのface05
本田さん曰く今のままでは使いにくいのでもういっちょ改良したサンプル製作してそれを最終私で確認してから本番の製作に入ります。
これ来年の新作第一弾ですからね~。
楽しみだ~。


新作第2弾はバッグinバッグのサコッシュバッグです
前のブログでも言ってましたが、私はデカイ鞄の方が好きですが、財布とか小物が鞄の中で行方不明になるのが困るicon11
そして車移動でコンビニに立ち寄った際、車からデカイ鞄持って店内に入ったり財布を握りしめて店内に入るのはダサいicon11
ちょっとした近所へ出かける時は小さい鞄が欲しいicon11
そんな訳でバッグinバッグ企画する宣言してもはや3ヶ月。やるやる詐欺になってはいけないので、本田さんに無理お願いしてました。こちらのサンプルは帆布生地で製作してますが、本番はオールレザーです。

ちっちゃいミニショルダーのサコッシュバッグkuma

ブラスでオリジナルの留め具が本作品から初登場予定face08

クラッチバッグを彷彿させるような構造でここにお財布とかが入ります。長財布も横向きではいるちょうど良いサイズface03

ボディーにはLanceで便利だった外装ポケット装着。片方にスマホ。片方に何か小物入れれます(笑)。

ショルダーベルトはこの際ロープでワイルドにtanuki

小さな鞄にも時には欲張ってモノを詰め過ぎることもあるでしょう。
フラップの抑えは外せるので無理にはせるんじゃなくて停め直すと美しいシルエットで。

持ってみるとジャストなナイスなサイズkirakira
近所へのお出かけや鞄嫌いのメンズに最適kirakira
デカイ鞄で出かける時は財布やスマホといった小物を詰め込んでそのままバッグinバッグ。これで行方不明が解決face03
コンビニに立ち寄る時はコイツを取り出すだけ。

こんなサコッシュバッグのオールレザーが来年新作第2弾。

新作第3弾は新春お財布です
忙しい本田さんをさらに追い込んでしまいますが第3弾は新春の春財布です。
これはサンプル現段階でナッシングicon11
今回ズバリ、トラッカーワレットで行こうと思ってます。
アメリカのトラック乗りが持ってたお財布で数多く出回っておりますが、僕がイメージするのはベンツのダンプでお洒落にカフェするトラック乗りのハイセンストラッカー。イタリアのフルタン取り寄せてやっちゃいます。

来年の新作はこれまた自分が欲しいモノ優先でリリースしちゃいますので、レザーアイテムに五月蝿い方向けです。

椎名君も本田さんも凄腕なんですよ~。
椎名君は現在後輩育成で育成期間中なんですよねぇ~。来年は何か新作が登場するかと思います。

次のページ