新着情報トピック

2017年11月18日

2017年11月18日 『茶芯』と言う経年変化の魅力

こんにちはkabinkusa

よ~やく寒くなってまいりました。
ここ最近夏が長いですよねicon11。寒くなるとファッションが面白くなる季節。私も色々な案件を頂いてBlogの更新が疎かになっておりました。

さて、今回ご紹介するのは『茶芯』と言う経年変化face03
コアなレザー愛好家の方々はご存知かと思いますが、少し整理してみます。

そもそも『茶芯』の経年変化とは??
『茶芯』と言う言葉が浸透し始めたのは、90年代後半頃だったかと思います。
Red WingのエンジニアブーツであるRW2268だったかと思いますface06
新品の時に真っ黒なエンジニアブーツが履き込んだらうっすらと茶色くなってくるブーツが存在する。そんな噂や画像が出回りました。これもロシアンルーレットのようなモノで全てが茶色くなる経年変化ではありませんでした。その自分に『茶芯』と言う言葉が出回り始めました。

『茶芯』とはブラウンに染めたレザーの表面を別色で染めたレザーを採用したレザーアイテムを使い込むことによって、擦れたり擦れたりして芯にあるブラウンが露出した経年変化。

と言えますface06
話題になったのは90年代ですが、50年代のレザーアイテムに多く見られました。
一般的に見られるのは
・茶色に染色したレザーにブラックなどの顔料を吹き付けたレザーです。

50年代はホースハイド(馬革)も多く流通しており、傷の多いホースハイドの傷を隠すために顔料を吹き付けたと考えられますface06
何にしろ、ブラウンのコントラストがかっこ良い。使い込んだ質感を露骨に感じ取れるなどレザーアイテム愛好家を惹き付ける経年変化です。

私の自慢の相棒をご紹介させて下さい(笑)。
ヌメ革従来の経年変化も大好きですが、『茶芯』も大好きで様々な『茶芯アイテム』を私も所有しておりますkuma
そのうち自慢の相棒がこちら。

BUCOのシングルライダースであるJ-100で御座いますtanuki
愛用年数は6年ですが、秋~春先まで愛用しているので出番が多く、ショップ店員さんが驚くほど『茶芯』が出ています。現行のBUCO新喜皮革の茶芯仕様のホースハイド(馬革)を採用しています。

私も同素材でバッグを企画しましたが、このブログを執筆する直前に完売してしまいました・・・。オーダー頂いた方々はガンガン使い込んでバッグで『茶芯』を楽しんで頂きたいと思います。

で、一口に『茶芯』と言っても”茶の露出の仕方”は異なります。ダイナミックに様々な露出を楽しむのであればレザージャケットで『茶芯』を楽しむことをお薦め致します。私の愛用品で”茶の露出の仕方”をご紹介したいと思います。


茶芯~擦り切れ系~
長らく愛用していると不意にも壁なんかでこすってしまうと言うトラブルなんかもあります。その時表面の顔料が擦り切れちゃって『茶芯』が露出することがあります。それがコレ。

サンドペーパーって擦れたような感じになりますが、これもライフスタイルだと思います。
ブーツのつま先の『茶芯』の経年変化で多く見られるのが擦れ系で御座います。

茶芯~ヘリ返し・張力系~
レザーをへり返す。つまりレザーに張力をかけた仕立てを行うとラッカーが飛んでしまうことから発生する経年変化です。
ジャケットの場合ジャケットの裾に顕著に見られます。

私のジャケットは裾部分は全て『茶芯』の経年変化が現れています。

腕周りのパーツのつなぎ目などは随所にへり返し処理が施されており、『茶芯』の経年変化が露出しています。

ポケット周りもヘリ返し処理が行われており、ラッカーがひび割れたような雰囲気で『茶芯』の経年変化が発生しています。

茶芯~ナチュラル系~
『茶芯』の経年変化でもっとも美しいと言われるのがこのナチュラル系。
長年の長時間に及ぶ愛用によって自然とラッカーが剥離してしまうこの経年変化は茶のコントラストが最も美しいと思いますface03

ジャケットの場合襟周りが直接首に触れる為ブラックが自然と薄くなり、茶がうっすらと出てきます。

そして袖部分はもっともナチュラル系が出てきます。
ジャケットの場合一番動く部分ですから。

太陽の光加減にもよりますが、自然光でみるとまっ茶になってます。

ノコギリクワガタ虫の背中のようなブラウンぶりに満足ですface03
渡しの場合オイルアップは一切行っておりません。
夏場は暑いから着用しないので、寝かす前後に固く絞ったタオルで拭き上げて乾拭きすると言う行為を行うだけで、ひたすら着用するだけでございますtanuki

いや、『茶芯』の経年変化は何とも言い難い魅力が御座います。
今年のアウターでレザーを考えておられるならあえて『茶芯』と言うモノに着目して選ぶのもありですよ~。
アメカジ・レザー愛好家にはたまらん季節がまたやって来ました。

完売しちゃったけど、オーダーして頂いた方へ
今年は私も『茶芯』の経年変化を意識したアイテムをリリースさせて頂きました。

ショルダーバッグ:『Multi』
価格:64,800円(税込)

外装素材:馬革(新喜皮革)
内装素材:零号帆布(タケヤリ)
ブランド:Specialite
概算寸法:25cm×37cm×16cm
概算重量:1.0kg
カラー:Dark Brown/Black(茶芯)
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

自分が愛用しているレザージャケットと同素材で一眼レフカメラバッグにもなるショルダーバッグをリリースさせて頂きました。
先週ぐらいまで在庫があったのですが、やはりこの時期になるとパタパタとオーダー頂き完売いたしました。
このレザー毎年春にしかゲットできないので、来春以降ですね。今回ご紹介した『茶芯』の経年変化をすべて堪能できるデフォルメとなっております。

ヘリ返し処理も勿論ですが、コバをそのまま露出してみたりしてます。
茶芯と従来のコバのコントラストが楽しみな設計です。

あえて、そのままにブランドロゴの刻印も施しております。
刻印の『茶芯』の経年変化は結構強烈に楽しいです。

ショルダーベルトはクッション素材を挟み込んで縫製を施しております。
ショルダーバッグで一番負荷のかかる部分で直接身体に触れるのでナチュラル系や張力系の『茶芯』の経年変化が露出することが必至。

本当は自分用に一つ取り置いて来年私自身が育てようと企んでいましたが、後輩が自宅まで来てお金置いて持って帰ってしまったので経年変化が確認できなくなっております。
オーダー頂いた方で『茶芯』の経年変化出たよ~って方また教えてください。
2~3年使い込んだぐらいじゃまだまだですよ~(笑)。
2017年10月10日

2017年10月10日 経年変化サンプル

こんばんはkabinkusa

実はセルフ・プロデュースブランドSpecialite & EntreeWEB STOREのデザインを去る10月4日にリニューアル致しましたface03
何でもデザインも去ることながら、色んな機能が使えて便利だそ~です。

でコラボリリースとなった『Specialite With Gum-A-Mama Leathers Kobe Key Case』(商品名長ッicon11)が昨日、SOLD OUTになっておりましたicon11。オーダー頂いた方々有難うございます。
「今回数製作したんじゃないんですか!!」
とご指摘を頂きましたtanuki
えっと検品できた分を先行して掲載しておりましたicon11。本日残り検品して再度掲載致しました。ちなみにオーダーはコチラからです。

いつの間にか愛用して気がつけば経年変化してるってのが好き
私がアイテムの企画プロデュースをする際に気にしてるのが
「自然と長年愛用してて気づけば、経年変化してる。」
それを意識してます。
今まで自分の愛用品と言うのがメーカー、ブランド問わずそうだったので。で、今回ご紹介するのは私の経年変化サンプル。

セルフプロデュースブランドであるSpecialite & Entreeからリリースしておりますキーケース『Fixation』で御座いますkuma
リリースが昨年の1月なんで、今でおよそ2年ぐらい愛用しております。
基本的にはノーメンテナンスです。

お財布同様ほぼ外出するので、ほぼ毎日身につけております。
自宅の鍵用で現在も愛用中。

デニムパンツのリアポケットに入れて使っているので、レザーの擦れやまた座ってしまうので若干の型崩れが発生しております。

『Fixation』の一番のこだわりはキーフックを別注でスチール製のキーフックに無垢のブラスメッキを施したパーツを使っていることですが、レザーに呼応するようにえ~感じにヤれております。

開けてみて判るでしょうか?
折りたたみ式ですので重なっている部分とそうでない部分が光沢で理解ります。

内装にはキャメルのオリジナルレザー(脱クロム製法)を採用しておりますが、タンニン鞣しの特徴が強く出ているため変色とアタリが出ております。

多分私がお尻の下敷きにしてるケツ圧の影響でしょうけど、ボタンの輪郭が浮かびあがり、個人的には気に入っている経年変化です。

キーフックがかなりお気に入り。予想通りの経年変化です。
ブラスは柔らかい金属ですのでブラス製のキーフックは存在しておらず、耐久性の視点からスチール製のフックにクロムメッキを施したものが大半であり、そこを業者さんにお願いして無垢のブラスをメッキしてもらいましたface03
使い古した南京錠のようにブラスの鈍いクスミがかっこ良い。

通常の混合鞣しではなく、脱クロム製法だからこそ、ヌメ革と遜色のない経年変化を演出してくれます。

新品と比べてみました!!
じゃぁ~実際に2年近く使った愛用品が新品と比べてどのぐらい経年変化してみたのが比べてみたくなりました。

『Fixation』は外装パーツに異なるタンナーのレザーを採用しておりますが、私が愛用している仕様はグリーンの栃木レザーのものですface02。フルタンレザー特有の色濃くなり、艶の出る経年変化が見事に表現できております。
キャメルの脱クロムレザーも遜色なく、狐色に焼けて変色しております。

レザーアイテム愛好家は育っているのを見てハァハァしてしまいます(笑)。

内装のレザーの経年変化はやはり予想通り。
最近巷では通常の混合鞣しレザーを「ハイブリッドヌメ」と称して販売しているそうですが、一般的な混合鞣し革はクロムレザーを再度タンニン鞣ししているだけで、日焼けのようにヌメ特有の経年変化は発生しません。これは脱クロム製法ならではの特徴ですface06

このスプリングホックのシルエットが浮き上がる経年変化は愛用者の使い方次第で出てきたり出なかったりするかと思います。
私は冒頭に述べた通りパンツのリアポケットに入れて座ってしまうと言うお尻の圧力ケツ圧が関係していると思っていますicon11

金属パーツの経年変化もやはり比較すると素晴らしいtanuki
元はスチール製なので耐久性は問題ないですが、無垢のブラスメッキは正解。

まぁ~ブーツだデニムだ革ジャンだと言うと気合いれて育てるアイテムですが、革小物気づけば長年愛用してるちゅ~のがベストだと私は思っています。こっから先どのぐらい育つのか楽しみです。


キーケース 『Fixation』
価格:9,000円(税別)
ブランド:Entree(アントレ)
素材:牛革 or 馬革
カラー:グリーン、バーガンディー、ブラック(パラフィン)
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

現在3色展開ちう。
後2色はどんな経年変化するのか楽しみなんで、オーダー頂いた方は是非教えてください。
ちなみにカラーによってレザーのタンナーが異なるのが面白いっす。
オーダーはこちらからお願い致します。

2017年09月19日

2017年09月19日 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件

こんばんはkabinkusa

いきなり本題に入らせていただきますface06
私個人はデカイサイズのレザーバッグが大好きです。

大は小を兼ねる荷物いっぱい入るしね。
もっぱら私は車移動ですのでナビシートに鞄置いてます。

こんな感じで。
セルフプロデュース・ブランドのSpecialite & Entree『Multi』を絶賛愛用中。
オーダーして頂いた方も絶賛して頂いておりますが、結構使い良いんですよね。一眼レフ持ち歩かない時もデイリーバッグとして愛用しております。フルタンレザーバッグなんで毎日使って育てたいkabinkusa

デカイ鞄のあるある言いたい
まぁ~、ボストンバッグにしろトート・バッグにしろデカイ鞄は荷物がホイホイ入るので便利ですface03
私の場合仕事も車で回るのですが、ゆく先々でお茶を出して頂くのですが、私猫舌なんで皆様お気遣い頂きアイスコーヒーをご用意して頂けます。せっかく準備して頂いたので、有難く頂戴するのが大人のマナーkirakira

アイスコーヒーとかビールっておトイレが凄く近くなるのtanuki
車の振動が膀胱を刺激するのか??
コーヒー頂いて、打ち合わせする時は何ともないのに、車を運転しだすと催すんですicon11
そんな時にコンビニはありがたい。
お手洗いをお借りして、そのまま出てくるのも申し訳ないので、眠気覚ましのガムでもゲットしてと思って、お財布と車のキーケースを探す・・・。見当たらない???そう、

デカイ鞄は財布とか小物が鞄の中で行方不明になる件

問題が浮上しますface08
デカイ鞄あるあるだと思います。


実際財布とキーケースとスマホ持ってコンビニ入るのも何となくダサい・・・(と私個人は思う。)
デカイ鞄持ってコンビニ入ってお手洗い借りるのも何か違和感ある・・・(と私個人は思う。)
女性に流行ってるバッグinバッグってこの不満を解消する為にあるんじゃね??(と私個人は思う。)

車から降りる時に、貴重品であるお財布とスマホと鍵だけ纏めて持ち出せてなおかつファッショナブルなバッグinバッグがあっても良いんじゃね??ってか欲しい・・・。勿論レザーで・・・。バッグinバッグだけどショルダーバッグでそのまま持っても違和感ないやつ。

いや、裏地のライニングとか要らない。レザーのシンプルなやつ・・・。
欲しいわぁ~。超欲しいわぁ~kuma

椎名君にお願いしようかな??
いや、ここは僕の物欲をシンプルに理解してくれる本田さんでしょ(本田さん物欲のセンス僕に近いので)。で本田さんのとこ尋ねる。
『いや、俺も考えてました』
まじですかface08?流石本田さん。って。
次回他の企画考えてたけど、バッグinバッグが新作です(笑)。

ちょっと別注を再製作お願いしました
8月にリリースしました別注キーケース
別注キーケース:『Bespoke Key Case~会長仕様~』
価格:15,000円
素材:牛革(外装:新喜皮革製コードバン 内装:栃木レザー)
カラー:バーガンディー
副資材:ブラス
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

大好評で、お陰様で予約完売に至りましたkirakira
私もメッチャ愛用中。
便利なんですよねぇ~。
早期完売で、もっと製作してよicon23。とお問い合わせ頂いておりました。

コードバンも~無いやと思っていたら
何か、持ってたコードバンicon11
いや、全然棚卸し出来てへんやんangly。スタッフを叱らないとと思ったけど、出てきたら別注お願いできますやん。
今回はモスグリーンのコードバン。ネイヴィーの栃木レザーを内装に。
キーケースできますよ。
キーケース。
また予約とかお問い合わせをお待ちできるタイミングでお知らせ致します。

ちなみですが
冒頭でご紹介致しました、私が愛用しておりますセルフプロデュース・ブランドのSpecialite & Entree『Multi』ですが、ダークブラウンの栃木レザー仕様は完売となっております。

現在、新喜皮革のホースハイド(馬革)茶芯仕様のみの在庫がわずかとなっておりますicon11
BUCOやマッコイズと同素材なので、レザージャケットと相性はピッタリです。次回は素材を変えるのでホースハイド愛好家に是非是非可愛がって頂きたい一作となっております。オーダーはこちらからお願いいたします。


2017年09月13日

2017年09月13日 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を

こんばんはkabinkusa

巷では空前の不倫ブームicon11
皆、私に話を教えてくれますが、ワイドショーとか興味ない私は中年男女が性欲お盛んな事でとしか・・・。
私は断然、性欲より物欲でございます。

秋になって来るとレザーアイテムが愛おしいface05
今年はね。原点回帰でフルタンニンレザー。いわゆるヌメ革で何かしたくて貯まらない。
栃木レザーはキングオブ国産フルタンですが、個性強いぶん万能なヌメ革とは言い難いんですよね。

『昔ながらのヌメ革欲しくね??』

普通のヌメ革欲しくて欲しくてね。
姫路はヌメと言うよりクロムやハイブリッド鞣しがメインなんですよね。

調べてみると兵庫県播州地方は姫路市の他にたつの市と言う2つの市に現在別れています。
日本全国に流通しているレザーの約7割は播州地方で精製されていますが、現在たつの市はそのうちの4割以上のレザーを精製しており、日本一のレザー精製エリアなんですよね。ヌメ革も姫路に比べると盛んに精製しているそ~です。で関係者に聞いてみるとヌメで有名なタンナーさんを教えてもらいました。
思い立ったが吉日
電話して今から行きます。と押しかけ訪問(笑)。

メッチャえぇ~革やん!!試験的に製作をお願いしました
時期来たら、どこのタンナーさんか公開いたしますが、業界でヌメと言えば有名なタンナーさん。
社長様に出迎えて頂きましたface03
原皮は栃木レザーと同じ仕入先北米はトロント。原皮の買い付けでお会いすることもあるそうです。
ここは鞣しから仕上げまで一環して行っているそうで、分業作業の姫路とはまた違うんだぁ~と。工場は訪問時約40度。激暑ですicon11
汗ダラダラで工場長にこんなヌメ革欲しいねん!!とお願いして現在試験的に製作して頂いております。

タンニンで鞣されるとクロムとは異なりこの生成りの美しさ。
やっぱヌメ革え~よなぁ~face03
うん、最初は染色無しの原皮をタンニン鞣しした状態で仕入れたい。
一発目は経年変化の基本である飴色に焼いちゃおうぜ!!的なアイテムを企画しよう。

たつの市を散策してみました
同じ兵庫県だけど、神戸と随分違う、たつの市。
せっかく来たから散策してみようface03
お醤油が有名らしく、お醤油発祥の地らしい。ヒガシマル醤油が発祥なそ~で。
で、来たのがここ。

うすくち醤油記念館kuma
おぉ~大正ロマンの匂いがする。江戸時代からずっとここが本社だったそうです。すご~い。
ちなみに兵庫県の寺社仏閣以外にここはなんとパワースポットとして知られています。

勝手に入っても良いのかな??
平日だったので人気なし。
ドアあけて「ごめんくださ~い。」と声変えると事務の女性の方が出てきました(ホッ)。
「入館料10円です。」
え?10円?安いっすねと言うと微笑まれました。
江戸時代から使ってる道具とかが展示されてました。昔の人の知恵は凄いね。パワースポットと言われる所以は当時の醤油作りにかける当時の人達の情熱がそのまま館内に残ってるとこじゃないかな??

個人的に鳥肌もんだったのは当時の研究室がそのまま残されていたこと。
書棚には明治大正時代の栄養学の本とかがあってかなり読み込まれた感じ。
本当に私が行った時は館内のお客さん私独りだったんで、タイムスリップした感覚。当時の人達の息吹を感じる。

江戸・明治に使われていた番台。
番頭さんがタバコふかしながら、そろばん弾いてたんかなぁ~。

で、お城もあるそ~な。

たつの城跡
かの有名な脇坂安治が築城したらしいです。
復元された建物で平屋でした。ロングロングタイムアゴーicon11
たつの市は童謡『赤とんぼ』発祥の地でもあり、いきなり誰も居ないところにBGMで赤とんぼがかかる。
誰も居ないからちょっと怖いんですけどicon11
お、お家帰りたい・・・。

たつの市は素麺の『揖保乃糸』の発祥の地でもあるそうで。
そうめんの里にも立ち寄りましたkuma
屋外で流しそうめんができるそうですが、暑いの嫌なんでクーラーの効いた屋内で素麺を頂きました。
ふもとの揖保川では鮎釣りしてる方々がチラホラ。

醤油にしろ、素麺にしろ、鮎釣りができるほどの清流の揖保川があってこそ発展したんでしょう。
そんな綺麗な水で精製されるたつの市のフルタンヌメ革。
期待してまいます。
2017年08月28日

2017年08月28日 【推奨】お財布のメンテナンス

こんにちはkabinkusa

だ、誰だ??
盆明けたら涼しくなるなんてガセ情報を流したのはangly(笑)。
全然30度オーバーの猛暑やんか!!と思いきや今日からちょっと涼しいtanuki

皆様お盆休み楽しめましたか??
私はお盆休みは事務所当番でした。
お問い合わせ頂いた方は私のいきなりの対応で驚いていたかもしれませんが、私しか居なかったのですよ(笑)。

さて、かく言う私はクーラーの効いた涼しいお部屋でゆっくりまったりと自分の愛用品をメンテナンスして恍惚の表情で至福の時間を過ごしておりました。


レザーのお財布はレザー入門アイテムだが、綺麗にエイジングさせるのは難しいんだぞ
ま、今回特集でブログ書くのはレザーのお財布のメンテナンス方法kuma

革小物で財布って一番取っ付き易いアイテムであることは間違いないが、綺麗に経年変化させるのは難しいんですよ。
とりわけ財布は毎日使うから傷みやすい。しっかりメンテナンスすることが経年変化と経年劣化の明暗を別けるといっても過言ではございませんface06。うちにたまに

『◯◯(ブランド名)のロングワレットが雑誌のような経年変化しません。どうしてでしょうか?』

とご質問頂くことがございます。
ってか質問頂いたので、今回のブログです(笑)。雑誌に紹介されている商品サンプルは非常に綺麗なお手本のような経年変化です。
ご質問者様のお財布は真っ黒に黒ずんで形が変形しておりましたicon11
雑誌の経年変化サンプルを理想とするならば、これは違った経年変化なんでしょうicon11。経年変化に正解は無いんですけども、理由としては以下の要因が考えられます。

⚫ポケットに財布を入れてしまう⚫
ウォレット・チェーンつけてバイカーファッション。かっこ良いと思いますface06。私もやってた時期あります。
デニムもアタリが出て、財布もある程度経年変化しますが、長くこのスタイルを貫くとお財布は変形してしまいます。座った時にお尻で自らの体重で圧力かけちゃいますからね。これが本当の『ケツ圧』face03。財布の形が崩れるのが嫌であれば控えましょう。

⚫メンテナンスやり過ぎ&レザーの特性を知らなすぎ⚫
レザー愛好家にとって、自らの愛用のアイテムを手入れする時は至福の時です。
特に新しいレザーアイテムは早く育ってくれよ~と言う想いが強すぎる感があります(笑)。で、やり過ぎちゃう。
何でもやり過ぎはダメです。
で、レザーも仕上げによって色々特性が異なりますが、とりあえずオイルを入れまくってしまうケースが多いです。オイルを必要以上に塗ってしまうと黒ずみの原因にもなります。

お財布は毎日使うヘビロテのレザーアイテムと言えますので、取っ付き易いレザーアイテムですが、綺麗にエイジングさせるのに最も難しいレザーアイテムでもあると言えます。

使用期間約9ヶ月。ラウンド式長財布のメンテナンス
今回は私の私物の愛用のお財布をメンテナンス致しましたので、メンテナンス方法とコツをご紹介致します。
私の愛用のお財布は当協会セルフ企画プロデュースブランドSpecialite & Entreeから今年の一発目の新作となりました。ラウンド式長財布『#10~日本経年変化協会会長仕様~』です。年明けから愛用しておりますが、そろそろ9ヶ月目。今まで何のメンテナンスもしておりません。

外装は傷をあえて隠していない栃木レザーを採用しております。
が、白い線傷は私の爪でこすってしまった傷ですわicon11。私は何の意識もせずに使い込むことをモットーとしておりますので。

虫食い跡もレザーが焼けて色濃くなることで一層革らしさが倍増して予想通り良い雰囲気に。
やっぱりフルタンニンレザーはレザー好きにはたまらんですね。

コバ(革)断面とか鞄の中でこすれて傷んでいます。
コバ着色も剥がれてると言うか削れている状態face07
ってな事でメンテナンスしてみよ~。お盆独りぼっちだったし~。


高くないし、他にも使えるのでメンテナンス道具を揃えてみては?
レザーのメンテナンスと言うと、オイルとブラシぐらいは揃ってる方多いようですが、せっかくなんで高いモノじゃないのでメンテナンス道具を揃えてみるのも、お薦めです。よりよい経年変化を楽しめます。




①Tシャツを切ったウエス
Tシャツを切ったウエスは他のガーゼより使い勝手が良いと思います。
古くなったTシャツとか捨てずにハンカチサイズにカットして私はメンテナンス用に愛用しています。

②馬毛ブラシ
馬毛ブラシは基本ですね。豚毛ブラシでも結構ですし、柔らか目のブラシならなんでも良いです。
私はブーツ用と小物用でブラシは分けてます。靴は汚れが激しいものなので、小物に使うと汚れてしまうので、「革小物専用のブラシ」を準備しています。

③保革用オイル
オイルアップしますが、ミンクオイルとかは革小物には使いません。蜜蝋や松脂といった成分は靴には良いかもしれませんが、黒ずみや汚れの要因にもなりうるので、保革専用のオイルを使います。
私はオリジナルで配合してもらっているオイルを愛用していますが、一般的にはマスタングペーストがお薦めです。

④コバワックス
靴のメンテナンス用品で名高いコロンブスからリリースされているコバワックス。
これは簡単に言うと蝋の塊です。東急ハンズの靴のメンテナンスコーナーとかで数百円で売ってます。一つ持っておけば当分なくならないので、重宝します。

⑤コピック
漫画やイラストを書く方々には定番のカラーマーカーであるコピック
実はプロの革職人の方々で愛用している方が多いアイテムです。カラーが豊富なので、お好みのカラーを。
黒や焦げ茶を持ってると便利です。ちょっと大きめの文房具店や東急ハンズの文房具コーナーにおいてます。

⑥歯ブラシ
磨くのは歯だけでない。
細かい部分の埃の掻き出しとかに便利。


恐らく初めて目にするのがコバワックスとコピックでしょうか?
両方揃えてみても1,000円にも満たないので、是非今回のブログをご覧になったら購入しておきましょう。

んじゃ、早速メンテナンス開始
では早速、メンテナンスをやってみましょうkuma


①まずはお財布の中身を全て取り出します。
お財布の中にあるお金やカード類を全て取り出して、お財布の中身を空っぽにしましょう。
結構、お財布の中身に埃が溜まっていて、驚きます。
お金やカードの出し入れだけで埃って溜まるんですねicon11

②ブラッシング&乾拭き
お財布の外装と内装をブラッシングして乾拭きして埃を取り除きます。
内装は歯ブラシを使うと効果的です。

ラウンド式長財布はサイドの蛇腹部分に埃がメッチャ溜まりやすいです。
歯ブラシで掻き出した後に念入りに乾拭きします。

黒ずんでるのは分かります?
汚れてますface08
お金は大切ですからね。お財布のメンテナンスやって汚れてるのを見ると俄然やる気がでます。

③コバのお手入れ
お財布の外装と内装の埃と汚れを綺麗に拭き取ったら、次にコバのメンテナンスです。

コバが着色されているようで、あればコバの着色に近いコピックで再度着色します。
着色していない場合はこの工程は省きますkuma

次にコバワックスで磨き直します。
コバ着色していない場合はコバワックスのみでの仕上げです。
コバ全体を丁寧に磨くことによって蝋で固められコバが引き締まります。
その後、ウエスで乾拭きします。
※私はライターで軽くコバを炙って乾拭きしますが、失敗すると他が焦げますので、要注意。

綺麗になりましたでしょ?
革小物においてコバはアイテムの輪郭になりますので、綺麗にメンテナンスすることが将来的に理想とする経年変化に繋がります。

④オイルアップ~薄く塗って乾拭き~
最後にオイルアップです。
オイルは素手で指でそのまま塗り込みますが、注意点は
薄く少しだけ塗ること!!
これがポイントです。
某アトリエの動画とかではオイルの塊つけてブラシで擦りまくってますが、当協会的にはNG。タンナーで実際に革の仕上げみてると理論的に意味ないですし、オイルの無駄使いですicon11
ちょっと足りないかな?と感覚的に思うぐらいでも十分レザーは潤います。
で薄くぬったら乾拭き。

元々あるレザーの傷が素晴らしい。
ちなみに自分で付けた爪傷なんかはオイルアップして乾拭きしたらある程度隠れます。
原皮本来の傷。
私個人的には大好きなんですけど。

で、完成
でメンテナンスして少し(半日ぐらい)乾かしてあげて完成したのがこちら。

綺麗になってレザーも艶が復活。
くぅ~。この飴色のフルタンレザーがたまんね~ぜface03
と半年にいっぺんぐらいのペースで良いかと思います。
ちょっとオイル塗るだけでなく、拘ったメンテナンスを試してみて下さい。
理想とする経年変化に近づけると思いますよ。

パンストで磨き上げて赤の深みを楽しむお財布
今回ご紹介したのはフルタンレザーの染色レザーのお財布のメンテナンスです。
実際オールマイティーのメンテナンスと言うのはレザーの特性によるので存在しないと思います。
Specialite & Entreeからリリースしている別仕様のこちら。

ラウンド式長財布:『#10~Red Dragon Ver~』
価格:54,000円(限定本仕様価格)
素材:牛革(外装:クロコ型押し姫路牛革 内装:イタリアトスカーナ牛ヌメ革)
概算寸法:20cm✕11cm✕3cm
概算重量:350g
カラー:オールレッド
収納:札入れ(✕4)、カード✕10、コインケース、領収書スペース
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

このお財布に関してはパンストで磨きまくって下さい。半年にいっぺんぐらい。
クロコの型押しなんで凹凸の特性上『赤』が面白くなります。
コバのメンテは今回ご紹介した通り。
本当はこっちも使ってみたいんだけどなぁ~。

私の先輩もオーダーしてくれたので、定期的にチェックしてあげよう(と言うとメンテ任されそうんですけど)。
ちなみに、こちらからオーダー承ってます。


って、ちょっと宣伝してみたり。
お財布取っ付き易いからこそ、今回綺麗なエイジングを是非とも目指してみて下さい。
お財布にも愛着湧きます。

次のページ