新着情報トピック

2017年05月25日

2017年05月25日 クロコ柄が今来てます(個人的にw)

こんにちはkabinkusa

も~夏っすね。
昨日Himeji Total Leather Expertの北口社長と明石の天然真鯛を狙って鯛カブラ船に乗ってきましたが、沖合は日陰が無くて、海面からの照り返しで暑いicon11。北風と太陽の如く半袖、短パンで釣りしたら因幡の白兎の如く真っ赤に日焼けして本日は悶ておりますtanuki

この間お友達のBobby Art Leather代表のボビーこと照下稔さん(以下ボビーさん)が自らの作品をFBで紹介されているのが目に止まりましたkirakira。それがこちら。

(画像引用:Bobyy Art Leather)
ボビーさんの作品はロックを始め音楽と融合した作品がメインになりますが、クロコの型押しのハット超かっけ~。
素材はいぜん私が企画プロデュースさせて頂いた姫路レザー有限会社アルコタンニンレザーを採用してるそ~ですface08
今はクロコの型押しなんかもリリースしてるんですね~。埴岡社長も相変わらず意欲的だぁ~icon09
型押しのレザーってのはとりわけ今まで興味なかったんですが、ボビーさんの作品見て
「クロコってかっけ~」
と思い、それを見てから自分のクロコ欲しくなってクロコ熱に侵されております。

殆ど見かけない小型クロコが欲しい。見かけない理由は歩留まりの悪さなんですな
クロコの型押しレザーは広く販売されてるんですが、私が欲しいクロコの型押しは小型のカイマンの柄が欲しいkuma
ま、実際に小型のクロコであるカイマンの型押しレザーが少ない理由は

レザーの歩留まりが悪くなるので、使いたくても予算的に躊躇することが多い

って事が挙げられますface06。でしょうね~。”歩留まり”って何ぞや?と言うご質問頂きそうなんで簡単に説明しますと。

■レザーの歩留まりとは??■
レザーの歩留まりとはレザーで鞄や小物を製作するときに、半裁一枚で作りたいモノが何個取れるか?と言うことを考えることです。

【例えば】
レザーA:半裁20,000円で4個分の鞄の材料が確保できると鞄1個あたりの革代は5,000円。
レザーB:半裁20,000円で5個分の鞄の材料が確保できると鞄1個あたりの川代は4,000円。

つまりレザーBの方が『歩留まりが良いレザー』と表現されます。
歩留まりの良い悪いは例えば、革の傷の大きさや位置、鞣しのベリー(お腹部分)の仕上がりなどによって左右されます。
メーカーや作り手は少しでも原価を抑えて販売価格を抑えたいと思うので、極力歩留まりが良いレザーを好むと言うのが実際のところです。


って事です。レザーに型押しすると型押しの模様・柄がレザーの歩留まりにとって非常に重要です。
商品にしたあと、模様がチグハグになると出来栄えがおかしくなるので、レザーを裁断する効率と裁断を行う作り手が試行錯誤して裁断をしないといけませんface06。クロコの型押しに限って言えば

鰐のウロコが大きくなればなるほど歩留まりがよく、カイマンなどウロコが小さくなれば歩留まりが悪くなる!!

と言われています。
歩留まりが悪くなっちゃうのかぁ~。ど~しよ~かなぁ~??
ま、うちはメーカーほどモノ作ってないしハンドメイドだから工場みたいに出来ないし、職人さんの腕は良いし、いっぺん作ってみよ~。
と結論づけましたicon11。毎回ブログ見てスタッフが知って騒ぐパターンですわ(笑)。

やっぱり真っ赤で仕上げたい
クロコ柄って言えばツヤツヤブラック??
ノン、ノン、ツヤツヤレッドでしょう~face02
Himeji Total Leather Expertの北口社長とセカンドレザーの野村代表に相談すると、よっしゃ今から仕上げたるという事でマジですか?となったのが先週。
赤で染色した、牛革にケイマンの型押ししたところから、仕上げのエキスパートの野村さんとあ~だこ~だとワイワイ仕上げてもらいます。革の端っこ切り取って雰囲気見るって繰り返しです。で、私の希望通りしあげて頂いたのがこちら

小鰐の柄を真っ赤に染色してウロコに陰影つけて真っ赤かのピッカピッカに仕上げていただきましたface03
牛革とは思えない仕上がりです。

染色しただけで仕上げてないものと比べると全然仕上がりが凄まじしいテクを駆使したことが伺えます。
タンナーさんも仕上げ屋さんもやっぱり職人だぜface08
「じゃ~全部この感じで仕上げるから見ときや~。」
と野村さん。機械でむらを出すとかできないので、全部手作業で仕上げを行います。

機械で出来ないのは鰐のウロコに対して斜めで溶剤を拭くことができないので、慣れた職人の経験則に頼るしかありません。
作業の時は勿論私語禁止。そして出来上がったのがこちら。

渋い!渋すぎる(個人的に)。
背中(大きいウロコ)と腹(小さいウロコ)が特徴的なんですが、それゆえ歩留まり悪いけど、カッコよいから良いか。
北口さ~ん。野村さ~ん。ありがと~。と姫路から神戸に戻り何企画するか検討しますface06

ってか、何に使うかなんてもう決まってるし、電光石火で拵えてもらっております。
検討しますとかいいつつ、この真っ赤なレザーで企画したいのがある。

ラウンド式長財布:『#10』
価格:54,000円(限定本仕様価格)
素材:牛革(外装:栃木レザー 内装:オリジナル皮革Pate)
概算寸法:20cm✕11cm✕3cm
概算重量:350g
カラー:ブラウン(外装)✕ブラック(内装)
収納:札入れ(✕4)、カード✕10、コインケース、領収書スペース
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治
※只今完売しております

今年早々にリリースさせて頂きました、ラウンド式長財布『#10~日本経年変化協会会長仕様~』を外装を真っ赤なクロコ型押しで製作したいな~って思ってました。最初っからtanuki
ライニングはブラックにするとロックな感じでありきたりなんで、ライニングのレザーも真っ赤にしたい。ってことでこちらのレザーを東京の商社さんを通じて取り寄せました。

原産国 :イタリア
皮革素材:ステアハイド 原皮・イタリア
皮革種類:フルタンニン鞣し (ドラム製法)
着色方法:染色・素上げ
タンナー :オットチェント社

イタリアンなフルタンニンレザーでライニングすることにしました。
初回製作がでけたと本田さんから連絡ございましたが、初回製作分は嫁ぎ先が決まっており完売(なんでこの財布は完売速いんだろう??)次回製作は6月中旬以降となります。

革代が跳ね上がりましたが計算が面倒なので価格は据え置きです。
クロコ型押しのレザーがなくなり次第完売とさせて頂きます。

ご興味頂ける方は早い目のご予約お願いします。
ご予約に関しましてはコチラをクリックするか下記URLよりご予約をお願い致します。
【ご予約用URL】
https://thebase.in/inquiry/specialite-shopselect-net

必要事項をご入力頂き、
「春財布予約」
と件名にご入力頂きましたら、こちらからメールで製作スケジュールや納品日について随時ご報告させて頂きます。
※納品に関してはご入金確認後となります。
2017年05月21日

2017年05月21日 初号機~残酷なレザーのテーゼ~

こんばんはkabinkusa

本日、地元神戸は神戸まつりです。AKB48がコンサートするそうです。メリケンパークで。無料で見れるそ~です。
普段興味ないけど、超見てぇ~kuma
だけど私、夜中までお仕事ビッチリですicon11
突然お腹が痛くなろうか思案中です。前回歯が痛いと休んだので同じ手が通じるか心配です(笑)。

初号機(1stサンプル)出来上がっております
以前のブログで一眼レフ(ミラーレス)カメラ専用にもなる鞄を企画することをお伝えしましたface06
メッチャ反響頂いたのですが、GWに初号機が完成しておりました。こちら。

一眼レフカメラも入るよバッグ:名称未定
価格:未定
ブランド:Specialite
素材:牛革(サンプル用本田さん手持ち革)
概算寸法:幅30cm✕マチ幅16cm✕深さ22cm
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

本番製作は栃木レザー新喜皮革のホースハイドの2本立てでございますkirakira
素材変わると雰囲気大幅に変わるので、これはあくまでも形を見る1Stサンプル所謂初号機と言うものです。
一眼レフ専用バッグにもなるけど、普段使いのショルダーバッグ
ってのがコンセプトでございます。
革小物のイメージが強い本田さんですが、鞄もね素材の魅力を際立てて製作するのがとても巧すぎる。
デザインはシンプルで上質なレザーで仕上げたかったので余計なデザインは一切省いて、今回はカメラバッグと言うことでサイズまで指定させて頂きました。
それでは、少しこだわったところを解説。

ショルダーベルト長さ調整に自由度を持たせてレザーにするには??
ショルダーバッグってのは肩掛けショルダーベルトのある鞄。ショルダーバッグを考えるときにショルダーベルトをレザーにするか綿テープなどレザー以外の素材にするのかが悩むし、それにより鞄のデザインも変わる。
ショルダーベルトをレザーにすると高級感が増すがベルト穴のみの調整になり、ショルダーベルトの調整にかなりの制限が生じてしまうface06。逆にショルダーベルトを綿テープなどにすると調整幅は自由自在のお茶の子さいさいだが、ヴィジュアルデザイン的にカジュアル感の印象が強くなってしまうtanuki

私もショルダーバッグ『Lance』なんかはあえて実用性を選択して綿テープを採用しましたが・・・。
『Lance』はフラップ式であって、フロントポケットがあってとシンプルながらもヴィジュアルデザインにギミックがあって綿テープベルトでも違和感なく仕上がっていますが、もっとシンプルな鞄本体だと、どうしても安っぽく見えてしまうので、今回はシンプルに仕上げたいのでレザーのショルダーベルトを使いたい、かつ長さ調整もある程度自由度を持たせたいと言うことで、本田さんに工夫してもらいました。

幅広いレザーベルトにしてなおかつクッション材をベルト内部に設置。
鞄の重量が増しても肩にかかる負担を軽減しておりますface03

ショルダーベルトの一部を綿テープにしてその部分で長さを調整できるようにしました。
そして今回初採用の鉄製のベルトバックル。
オーガニックな雰囲気にして女性のカメラ愛好家すなわちカメラ女子にも持って頂けるようにハードになりすぎないようにしています。
30cm内であれば自由調整可能ですkirakira

もちろん素材にも拘るけど、生地にも今回は徹底してこだわりました
レザーバッグですから当然拘るわけで、今回は試作ですが、本番製作は栃木レザー新喜皮革のホースハイドでの製作となりますkuma
今回レザー以外にも色々拘っております。

鞄を真上から見たらこんな感じkabinkusa
全部閉まらないようにしてあえて密閉しない感じにしました。

ジッパーはもちろん真鍮製ジッパーのWALDESを採用しましたface03
作品の質感重視での選定ですが、今回ジッパーは直線のみなので、開閉に違和感は無いかと思います。

鞄内部。
そして今回はレザー素材以外の生地に関しては全て岡山県の帆布生地を採用face03
帆布生地は明治21年創業で創業120周年を迎えた岡山県はデニムの街として知られる倉敷市で帆布生地を製作している老舗のタケヤリさんの帆布生地です。
頑丈です。タフな帆布生地です。普通は鞄の本体のメイン(主役)を張る帆布生地を鞄のライニングしておりますicon11
自己満足の贅沢さでございます(笑)。
カメラとか入れると一般的なライニング生地って破けそうな勝手なイメージあるので頑丈な生地選びました。これなら破けね~だろ?的な。で鞄のマチ部分と底部には写真では分からないですが衝撃吸収のフワフワ芯材を挿入しておりますkuma

カメラ入れるときの敷居・・・。取り外し式は絶対無くす自信あるから考えました
カメラを入れるカメラバッグは敷居が設置されているもの。
カメラを入れないで普段使いする時は敷居を取り外したほうが便利。
でいざカメラを入れて敷居探したら無くなってる???敷居行方不明じゃん!!
カムバックサーモン。カムバック敷居・・・。
モノを無くす天才の私の近い将来の絵面が脳裏をよぎるicon11。取り外し式の敷居はあかんやろ・・・。ってことで。

鞄内部のポケットが外れてそのまま敷居になるのじゃ!!
ボタンで付け替えるだけなのじゃ!!
本番はこのボタンにもこだわる予定ってか変更済み。

女性が持ってもこのぐらいのサイズ感で周りの評価も上々。
本田さんとは細かい修正(本田さんがもっとこ~したいとかね)箇所を確認して、弐号機(2ndサンプル)拵えたいと要望あって弐号機確認したら本番製作って感じです。

栃木レザー新喜皮革のホースハイドのオールレザーで鞄内部が老舗帆布製作のタケヤリ製の国産帆布。大量生産できない職人さんのハンドメイドパターンのシンプルオールレザーバッグ。ワクワクしません??

会計の先生とかが原価見てビックリ。材料費高すぎるやろ??って(笑)。
も~革オーダーしちゃったし。
この鞄やったら調子乗ってカメラ持って出かけると思います。私がね。
も~少しで完成どす。
2017年05月17日

2017年05月17日 ちょいとコツが必要です

どもicon23。こんにちはkabinkusa

ここ最近、忙しくてブログさぼり気味でございましたicon11
メッチャやりたい事、欲しいものが多すぎて毎日幸せでございますface03

今週も早々、姫路にてレザーの仕上げを見て学んでまいりました。
その様子はHimeji Total Leather Expertのブログで掲載されております。

今回はちょっと補足説明です。

ショルダーバッグ『Lance~Regular Specification Last Edition~』について
先にスタッフブログでご紹介されておりますこちら。

ショルダーバッグ:『Lance~Regular Specification Last Edition~』
価格:64,800円(税込)

素材:牛革(脱クロム鞣しダコダ仕上げ)
ブランド:Entree(アントレ)
概算寸法:27cm×37cm×10cm
概算重量:0.8kg
カラー:Dark Brown/Black
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

こちら、実はお客様のご要望によって製作に踏み切りました。
Dark BrownとBlackはずっとご要望頂いていました。
「なんで、Dark BrownとBlackが良いんだろう??」
と思って定番カラーをあえて外すと言う天邪鬼プレイしてましたicon11。製作担当の椎名君は定番カラーだからリリースすべきと言うのはずっと言ってましたけど、定番だから製作するってのは面白くないangly。と頑なだったんですけどね。前回製作の『Lance~Regular Specification~』をオーダー頂きましたお客様から
「凄く気に入ってるので仕事でも使いたいので、通勤はスーツなので黒や焦げ茶をリリースして欲しい。」
と言うご内容のご連絡を頂きましたface08

な、なるほど・・・。
私会社員時代はずっとスーツでしたし、最後の会社員時代は私服でもOKだったんで長らく通勤でスーツと言うのを完全に抜けておりましたicon11。ってことで今回の最終仕様ではフォーマルでもカジュアルでも活躍してくれる仕様と言えますkirakira

今回の仕様では従来の回転ヒネリ式から真鍮製のドイツホックボタンをフラップの留め具として採用しております。
フラップの留め具で差し込み金具以外で真鍮製ってなかなか無かったので回転式ヒネリを採用していたのですが、ドイツホックで真鍮製が存在していたので、今回採用に至りました。それにともなって~。

カシメのよ~な小さな金属パーツまで真鍮製に変更しました。

ベルトループももちろん真鍮製。
採用しているレザーはオリジナルですが、染料とオイルのみでの素揚げに近い仕上げで非常に経年変化が早いです。
Dark BrownやBlaceと言った暗色系のカラーはより深みのあるまたオイルが浸透して透明感も出る経年変化が発生するので、真鍮も鈍く変化するので相性は抜群かと思います。

自画自賛だけど暗色系もやはりカッコいい(今更w?)tanuki

ちょっとしたコツをご紹介致します。
フラップタイプの鞄ではちょっとしたコツが必要となりますface06
フラップを留める金具が慣れないと止めにくいと言うものがあります。ですので鞄の底まである巨大なフラップ式バッグや大きな金具が付いている差し込み金具のフラップ式バッグが多いのですが・・・icon11
今までも何件かオーダー頂いたお客様からご指摘を頂くことがございますが、フラップもハーフであり、留め具も小さい方がデザイン的にGOODです。『慣れ』がある程度必要なんですよねicon11

前作での回転式ヒネリは金具をハメ込んでから捻ると言う動作が必要です。
ヒネリ式の場合、ヒネリが何かに当ってヒネリが回転してフラップがバタつくことがございました。その点ドイツホックは留め具としての荷重性も高く、慣れると開け閉めが非常に楽なんです。

で、先日もご指摘頂いたお客様に私の手元をスタッフに撮影してもらってお送りさせて頂いたところ、開閉しやすくなったとご連絡を戴きましたので、こちらでもご紹介させて頂きたいと思いました。

フロントポケットにモノを収納するとホックの位置は物理的にジャストにはなっていませんkuma

マグネットではないので、留め具に誘導性はないので、画像のようにフラップを引っ張りながらホックを調整します。
これはドイツホックだけでなく、回転式ヒネリパーツでも同じです。
ドイツホックはハメておしまい。
回転式ヒネリはヒネリを縦に回転させなくてはなりません。

これを下からのローアングルで撮影するとこんな感じ。
指で鞄本体のホックを動かないように固定するのがポイントですkirakira

慣れてくるとスムーズに出来るんですよね。
私は慣れてるので、早すぎるみたいで撮影するときにスタッフに何度もおねだりされましたkuma

『Lance』の製作ちょっとお休みさせてくださいね
今回の製作でちょっと製作をお休みしたいと思います。
リリース以降、大変好評を頂いて製作を継続してますが、椎名君が新作ができないんす(笑)。
「ずっとLanceばっか作ってね??」
って感じでして。

何気にハンドメイドで製作するので、実はメッチャ製作時間かかるんですよね。
そこがまた魅力でもあるのですが、他の事ができない(笑)。
ちょっと椎名君には新作の開発に携わってもらいたいので、予め今回製作でひとまずお休みしましょうと取り決めておりました。
ですので、今回完売したら年内の製作はちょっと考えてませんので、ご了承お願い致します。
タイミング見てまたですね。

ちなみに次回もショルダーバッグを考えてます。

今回の製作のDark BrownとBlackモデルのオーダーはこちらからお願い致します。
随時2個ずつ掲載して行こうと思ったらDark Brawn人気でラス1になりました(早ッ)。



んでこちらは従来のレギュラーモデル。
ありがたいお話でいつの間にかオーダー頂き嫁いでしまい、現在はグリーンのみが在庫がございます。

経年変化が激しくでるレザーですので、オーナー様の使い方によって数年立つと人によって表情が異なってまいります。
どんな経年変化なのか教えて頂けると嬉しいですface03
2017年05月08日

2017年05月08日 改めて経年変化の概念に遡り『茶芯』を企画する

こんばんはkabinkusa

ゴールデン・ウィークkirakiraいかがお過ごしでしょうか?
ちなみに、私は久々の休み無しicon11
行楽地は人混みごついし、どうしようかと思っていたら、GW前にお願いしてた事が色々出来上がってきたので興奮して仕事してます(笑)。

改めて『茶芯』レザーを企画してみた件
ここ本当に最近『茶芯』の経年変化が注目されていますface06
この言葉自体が造語ですが、造語になるぐらいの注目度です。

1950年代のヴィンテージレザーアイテムに良く見られたのですが、『茶芯』と言う言葉が誕生したのは、とりわけ1990年代のレッド・ウィングのエンジニアブーツ(PT91もしくはPT83)に一部茶色く経年変化するブーツがあると話題になった時に使われ始めました。同じ製造年でも『茶芯』がある無しに別れて、偶然の産物感が否めないような話が流布してましたが(遠い目)。

当時私はヴィンテージのレザージャケットで『茶芯』と言う言葉は知らないものの、経年変化は知っていたので、「上手いこと表現したなぁ~。」と関心してました。私も日本経年変化協会を設立以降、色んなタンナーさんとお話してきてこの『茶芯レザー』と言うレザーの仕組みが解ってきましたkuma。ま、何にせよレザー愛好家からしたら、やはりこの経年変化はカッコ良く、現在でも多くの『茶芯アイテム』がリリースされています。

こちらは、私の愛用の現行のBUCOからリリースされているJ-100
かれこれ6年前後愛用してると、明るいところで見ると真っ黒からまっ茶な経年変化してますface03
現行のBUCO新喜皮革のホースハイドを採用しています。
だけどヴィンテージのBUCOと比べると綺麗過ぎるんですよ!!
これは、紛れもない事実。
・新喜皮革の革がヴィンテージに比べて上質過ぎる点(傷、皺が弾かれる)。
・リアルマッコイズのレザーの裁断が贅沢で縫製が巧すぎる点。
この2点に尽きます。
以前、姫路レザー有限会社『茶芯レザー』は企画したことございますface06。そこそこい~線行ったんですが、完璧とは言い難く。

今年に入って姫路レザー有限会社で副社長を務められていた北口氏が独立してHimeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)と言う新たに事業を始められました。基本、姫路産のレザーを取り扱う商社事業ですが、
「また一緒にやらへんか?茶芯なぁ~。」
とお声かけて戴きました。お互いやり残した感、追求しきれていない感があったのかもしれません。
皮革素材の企画は難しいので、私もちょっと敬遠気味でしたが、やり残した『茶芯レザー』の企画に着手しましたkuma

そもそも『茶芯レザー』とはなんぞや??
初心者・入門者のレザー愛好家の方々のためにおさらい。
『茶芯レザー』ってなぁに?と言う根本。分かりやすく乱暴にざっくり説明すると

『茶芯レザー』とは、一度、茶色で染色を施したレザーの表面に顔料で別のカラーを吹き付ける、もしくは他のカラーで丘染め染色(表面だけ染色)で仕上げられたレザー。
レザー製品に仕立てた後、使い込むごとによってレザー表面が擦れるなどして下地の茶色が表面化する。この経年変化を『茶芯』と言う。

私が見たことのあるの大半が顔料で吹き付けたタイプ。ヴィンテージの多くがそうなんだよね。


『茶芯レザー』の生まれた時代背景を考慮する
今回の企画でとことん訴求したのはこれ。
徹底した調査・研究はやはり何事も大切ですface06。私が調べまくった結果を簡単にご報告させて頂くと。

・ヴィンテージで『茶芯』が多いのは1940年代~50年代(前半)。

・『茶芯』は大量生産用のレザー素材であった可能性が高い。

・『茶芯エイジング』に牛革・馬革は関係ない。

・『茶芯エイジング』に鞣しの問題は関係ない。

実際、ヴィンテージで『茶芯』が見られるレザーアイテムの多くが1940年代~50年代の前半。
当時のアメリカの時代背景を考えると、戦後大量生産ベースになって来た時期で多くのレザー製品を大量生産しました。大量生産されているので、何十年経っても残っている訳なんですがicon11
そうなってくるとレザーも大量に必要な素材となってきます。また一番製作されたレザーはブラウンが多いと言われています。
当時のタンナーはブラウンで染めた仕上げをしていない状態のレザー(今日では下地と呼ばれています)で在庫していたと思われます。
で傷を隠すために顔料の拭き上げ仕上げが採用されたと思います。ニキビを隠すファンデーションと同じ感覚かとicon11

馬革、牛革はあまり関係ないかな~。昔は馬車があったので、馬革が多かったと言われています。60年代に入るとほぼ牛革(食用)が増えてますので。牛革、馬革に左右されないのが『茶芯エイジング』です。
あと、レザーの経年変化としては珍しいのがレザーの鞣しに左右されないのも『茶芯エイジング』の特徴の一つですface06
ワークブーツなんてクロム鞣しが主体ですし、混合鞣しなんてのも近年ですから、鞣しが関係ないエイジングってのも面白いと思います。

経年変化って概念がここ20年前後かと
経年変化って概念を改めて考えてみると、これまた曖昧でここ近年のものかと思われます。エイジングってのものはヴィンテージワインの熟成を従来意味する言葉です。
「穿き古したデニムがカッコいい。」
「履き込んだブーツがカッコいい。」
「使い込んだレザーアイテムがカッコいい。」
実はこれらは、ヴィンテージ製品と呼ぶ昨今の事で、ヴィンテージアイテムが現行の時代まで遡ると製作者やメーカーは
「如何に新品の状態を維持するか?」
に試行錯誤していたようですicon11
デニムの左綾デニムなどは、色落ちを防ぐために考えられたデニムです。

これらを考慮して、過去の製品広告なども紐解いてみると、
「茶芯レザーは新品のときはレザーの質感・傷などが目立たないほどの艶出しがされていた。」
と思われますface06。これらを踏まえて年明けから企画プロデュースに着手しました。

茶芯の出方がヴィンテージのレザーと限りなく近くなるように、比較検討を行いましたface06
上記画像は1回目の試作サンプルのレザーを摩耗したもの。
『茶芯』のブラウンがヴィンテージより暗い茶色であるため、ベースの茶色の染色にも拘ることにして複数回、サンプルレザーを製作に至り、GW直前にようやく納得できる『茶芯レザー』が仕上がりましたkirakira

その名も『茶芯ヴィンテージ・リバイバル』
出来上がったレザーがこちら。

(画像提供:Himeji Total Leather Expert
名称:茶芯レザー・リバイバル
企画:日本経年変化協会・Gum-A-Mama Leathers Kobe
製作:Himeji Total Leather Expert
販売:Himeji Total Leather Expert
原皮:牛革
鞣し:混合鞣し
仕上げ:茶芯ピグメント仕上げ
厚み:1.5mm厚
サイズ:250ds前後
カラー:ブラック
価格:75円/ds(税抜)

非常に艶のあるブラックで明るいブラウンをベースに製作された一枚。
おそらく、ヴィンテージのレザーアイテムに最も近い仕上がりと思われるため、『茶芯ヴィンテージ・リバイバル』と名付けました。
茶芯に理解の深い、ガムアママレザーの本田氏にもいろいろご意見・ご要望を頂きこれまでにない仕上がりかと。

当協会経由でこちらのレザーの販売は行いません。
お問い合わせ及びオーダーについてはHimeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)までお問い合わせよろしくお願い致します。

これぞ究極の茶芯かな~(笑)。
うちでも仕入れて何かアイテムを企画してみまっすface03
2017年04月26日

2017年04月26日 究極の機能美のカッコよさ

こんにちはkabinkusa

昨日25日は『Xデー』と呼ばれて北朝鮮がミサイルの実験して、戦争になるかも!?
って心配してましたが、何も起こらなくて一安心しましたface03
同時に今村復興相が失言で更迭に近い辞職で話題になってました。

私も失言にならないように注意しないといけませんが(笑)。
戦争は絶対ダメですが、戦車とか戦闘機、空母・軍艦などの兵器はカッコよいと思ってしまった大好きなんですよね。
プラモとかフィギュアとか無駄に集めてしまう・・・。

そもそも戦争に関する兵器や服飾関係が現在も色濃く根付いています。
アメカジ愛好家大好きの定番A-2ジャケットや近年幅広くブームになっているMA-1なんて米軍のパイロットスーツですからね。
真冬の定番N-1ジャケットは空母のクルーのデッキジャケットですから。

軍隊に関する兵器を始めとしたアイテムは一般の服飾と異なってデザインではなく、機能性重視で開発されます。
機能重視で合理性を訴求した結果のデザインなんですが、それが妙にカッコよいkirakira
で最近私が考えていること。

迷彩柄ってカッコよい。だから迷彩柄でコバ処理できるタンニン含んだレザー欲しい。
迷彩柄って一番、身近な軍モノの名残なんですよね。
ようするに敵に見つかりにくいようにするために工夫されて生まれたデザインです。
迷彩のアイテムなんて五万とございますよ。
迷彩のレザーアイテムを企画してぇ~。
企画したいと言うか自分用が欲しい(自己中心的物欲ですよ)。
欲しくてね。
実際に探してみると迷彩柄のレザーってあるんですが、クロム鞣しレザーならまぁまぁある。
タンニン鞣しになるとインポートレザーにあるので、サンプル取り寄せてみると想像してる迷彩柄じゃないicon11

無いレザーなら、姫路にお願いしてみよ~。

(画像提供:Himeji Total Leather Expert)
仕上げ専門の業者さんが仕上げた最初のサンプル。
既存の迷彩よりガチの迷彩でかなり仕上りが良いですな。
もう少しマニアックにしたいので、何年代のときの米軍の迷彩とか独ソ戦のときのTiger戦車の迷彩とかかなりニッチに絞り込む予定。

スタッフには内緒反対されるだろ~し(けど今回のブログでバレるけどもうやっちゃってるので文句言わせないtanuki)、パートナーの椎名君は綺麗目系ファッションなんで無理解だったので、同じくアメカジ好きの本田さんが共感してくれたので、本田さんにアイテム製作を依頼することになってます。

カッコよいもんは欲しいですよね~???

最近、集めてる海洋堂の戦車のガチャガチャ。
今は一つ400円もするんだガチャガチャ。
ドイツのTiger戦車と自衛隊の90式戦車。戦車も迷彩になるとカッコよい。
ちなみに栃木レザーGlipも在庫掲載限りとなりました。また製作はしますが、ちょっと製作が別アイテムで詰まってるので今回の在庫分で少し次回製作までお時間かかります。のでお早目に。
お客様曰く、やはり素揚げの栃木レザーなんで経年変化早いようです。


Himeji Total Leather Expertについて
当協会のFBページでもシェアしてるので、お問い合わせを頂く事がございますが、Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)と言う組織についてkuma
この組織の運営については当協会はノータッチで、うちもHimeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)のお客さんと言う立場になるかと思います。

姫路レザー有限会社はオリジナルレザーを販売する皮革メーカー。
Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)は商社と言うか『道の駅』に近いもんです。姫路の皮革エリアのタンナーさんの得意とするレザーを集めて皮革産地ならではの価格を販売してるって感じです。

代表は北口俊一社長。姫路レザー有限会社の元・副社長の方が独立されて始められた事業です。両名とも仲良くさせて頂いてますが、北口社長は私のルアーフィッシング仲間です。見た目はデカイし、厳ついので怖がる方も多いかと思いますが、優しい方ですよ(笑)。
地元姫路LOVEface05なんで、地場産業である皮革産業の活性化を何とかしたいと思ってありそうでない、レザーの産地直送販売を始めたようです。単純に商社を複数挟んでないのでそりゃ価格は割安になりますので、理にかなってます。
私のところに職人さんがレザーに相談に来られたら、北口社長をご紹介してます。

これ先日の北口さん。
この日私は真鯛釣れなくて、船中で北口さんだけが釣れたのでメチャご機嫌な一枚。
「ほれほれ~グッチーさん、お家まで我慢できないから食べちゃうのかな~。」
と言うとこのポーズface03
ちゃんとした写真もございましたが私釣れてないのに、「あの鯛美味かったわぁ~。」とか言ってきたのであえて変顔でご紹介。陰湿なリベンジです(笑)。明日も船一緒に乗るんですけどね。
レザークラフト初心者の方にも丁寧に対応してくれます。サービス精神旺盛な方なんで(笑)。
日本経年変化協会のブログ見ました~。」
で問い合わせされると、多分価格も含めて対応がさらに良くなると思います(笑)。

迷彩のレザーはまだ試行錯誤が必要ですが、楽しんでマニアックなレザーにしてみます。

前のページ
次のページ