新着情報トピック

2012年01月19日

リアルマッコイズN-1デッキジャケットの1ヶ月着込みサンプル

おはようございます。日本経年変化協会です。
さて,昨日は
株式会社ワイズエッグさんで秋國社長と打ち合わせをさせて頂いてから,社長の7年間愛用されている名刺ケースを突撃取材(突然取材?)させて頂きましたkirakira。秋國社長お忙しいところありがとうございましたicon11

そうこうしているとお昼過ぎに友人でもあるメガネ@部長さんご出勤kirakira。風邪が辛そうでした。彼のアイテムで何かないかなと思っていたら,前回紹介した昨年購入したばかりのN-1デッキジャケットを着用しておられましたが,まだ着用して1ヶ月も経ってないのにすでに変化がface08。ってことでゴホゴホ咳してるメガネ@部長さんを脱がせて撮影させていただきました(鬼か?本人は座薬の話ばかりしてましたが・・・)。


ヘビーローテーションが成せるスピードエイジングN-1

================
ブランド :ザ・リアルマッコイズ
型式   :N-1デッキジャケット
サイズ   :42
着用期間:1ヶ月足らず
着用回数:最低週4回
================
凄いface08。もぅコットン素材が変化し始めてます。
昨年2011年のクリスマスにプレゼントされてから,この冬の外出するときのヘビロテのアイテムだけあってすでに使い込んだ風合いが刻み込まれています。前回に撮影したのがこちらですよね?
【撮影2011年購入時撮影】

すでに雰囲気が変わってるのは一目瞭然です。ザ・リアルマッコイズの作り出すプロダクツの1つであるN-1ジャケットは最高級の素材で作られ実物以上のクオリティkirakiraだと言われています。普通は一ヶ月足らずでココまでにはなりませんicon11

右腕周り。腕の可動部にはすでに深い皺が刻まれています。メガネ@部長さんは
「営業で良く動くからじゃない?」
とのことicon11。営業の外回りで着用時間が長いこともスピードエイジングの要因だとも言えますねface06

左腕周りもバッチリですkirakira
コットンが日に焼けてくると独特の色落ちがありますし,摩擦で摺れて光沢も期待できます。

N-1の特徴でもあるアルパカで保温性を高めた襟周り。使用された雰囲気がビンビンに伝わりますね。どんな着方をしているのか聞いてみると,
「ジップして第一ボタンだけ外してボタン留めて襟立ててるかな?寒いし。実際の海軍もそうやで。」

とのこと。襟を立てて着用するのがポイントなんですなface06。前回撮影したときがこちら。
【撮影2011年購入時撮影】


比べてみるとアルパカの毛並みが変わってますねkabinkusa

内側のアルパカのライニングもN-1の特徴ですが,毛がだいぶ寝てきた印象を受けます。前回撮影したものと比べてみて。
【撮影2011年購入時撮影】

アルパカも動物の毛になりますので,使い込むと変色し毛並みが変わってきます。

今回注目したのはN-1の裾の部分。
汚れかな?と思ったのですが,汚れが青いicon11。なんとこれはデニムのインディゴが色移りしたとのことです(笑)。
現在私とメガネ@部長さんはヘビーオンスデニムの穿き込み対決をしていますが,新品のヘビーオンスデニムもヘビロテ中ですので,色移りしてしまったそうです。

やっぱり愛情込めてヘビーローテーションになるぐらい使い込むと持ち主の歴史が刻まれています。
今年の冬も寒く,きっとこのジャケットを一日中着用されて毎日外回りをしていることがジャケットに反映されているのでしょうね。
今後さらに変化するはずなので時折チェックしてみます(笑)。
2012年01月17日

リアルマッコイズ・ダウンベスト着込みサンプル

こんにちは。日本経年変化協会です。
今日は、だいぶ寒さも和らいできました。でもまた寒くなるんでしょうねface07
本日もWEBサイト制作の為に
株式会社ワイズエッグさんのオフィスにお邪魔してきました。2月中にWEBサイトをアップ予定ですので、私も楽しみですが、皆様も是非楽しみにして頂ければと思いますface03

さて、本日は友人のメガネ@部長さんが風邪引きでダウンされていましたicon11
彼は毎回私服で出勤されているので、オフィスに立ち寄った際は毎回チェックさせてもらっています(笑)。今日も早速ついでに取材させて頂きました(笑)。本日の着用サンプルはこちらicon23

リアルマッコイズ・ダウンベスト

ザ・リアルマッコイズは主にミリタリーやアメリカンカジュアル、モーターサイクルウェアを取り扱うファッションブランドとして知られていますし、根強いファンもいらっしゃいます。こちらのダウンベストはジョー・マッコイ名義のブランドになります。
========================
ブランド :ザ・リアルマッコイズ(ジョー・マッコイ)
年式   :2009年モデル
着用年数:3年
========================
上質なダウンは長年着用できることもあり、冬場のアイテムでは必須ですねface03。ダウンベストは意外と着回しが難しいことで敬遠されがちですが、アメカジファッションの愛好者は1着は欲しいところです。人気のカラーは赤を始めとした暖色系が多いのですが、メガネ@部長さんはモス・グリーンをチョイス。

裏側はクリーム色です。TALON製のジッパーを装着したダウンベストです。

ヨーク部分はホースハイド(馬革)を用いた贅沢な仕様ですkirakira
レザーのヨーク部分が経年変化によりエイジングしていくのが楽しみな逸品ですface03。実はこの1着のこだわりはメガネ@部長曰く奇跡の一着kirakiraとのこと。うん?どこがでしょうか?
ヨークの左右でホースハイド(馬革)質感が異なっているとのことface08。えっと・・・icon11
オーナーであるメガネ@部長さんに言い難いのですが、それって不良品では?通常、レザーのヨーク部分は左右均等に同じ質感のレザーで制作するはずなので、レザーが異なる製品は通常不良品ってことでアウトレットになってしまいますが・・・・face07
メガネ@部長さんはよくぞ聴いてくれたとくれたばかりに、
「そやろ?マッコイズは過剰品質なブランドで優等生ぶってるから、検品を通り抜けて店頭並んどってん、店員も交換すると言ってたけど、あえてコレ。そやからこのカラーのベスト選んでん。ダウンの歴史はエディ・バウアー以降で歴史浅いからあえて造りが荒い方がモノホンっぽいやん。」
とのこと・・・・。分かってて購入したんだicon11(苦笑)。
私にはちょっと理解し難い感性ですが(笑)。

タグです。
ジャストで着こみたいと言うことでサイズは40をチョイスされていました。

後から見た感じはこのような感じ。
私もウエアハウスのダウンベストを愛用していますが、ザ・リアルマッコイズのダウンベストは若干丈がショート丈のように感じます。
しかし、3年着用した質感はザ・リアルマッコイズのダウンベストの方が雰囲気出てるなぁicon11。私のウエアハウスのダウンベストを紹介しにくくなってしまいます(笑)。

背中のヨーク部分のホースハイド(馬革)は良い感じでホースハイド(馬革)の特徴であるエイジングに仕上がっています。この独特の皺を出すためにはひたすら愛用して着用するのみface03
やはり長く愛用してオーナーの特徴が刻み込まれるアイテムはもう涎ものですよねicon22
2012年01月13日

バックスキンレザージャケット

こんにちは。日本経年変化協会です。
今朝も
株式会社ワイズエッグにお邪魔させて頂いて、WEBサイトの打ち合わせ。WEBサイトって大変だぁ~face07。でも完成が待ち遠しい日々を過ごしていますkabinkusa。オフィスには営業に出発前のメガネ@部長さんがいらっしゃいました。メガネ@部長さんが本日着用されているアウターに見覚えが・・・。うん?それ、私たちが高校2年生の時に大阪のアメ村で購入したジャケットでは?えぇ~16年も着用されているんですか?凄いエイジングしてますやんicon23。嫌がるメガネ@部長さんを引き止めて撮影させて頂きました。

バックスキン・レザージャケットの経年変化によるエイジングサンプル

=============================
ブランド   :不明
サイズ  :40
素材   :カウハイド(牛革・バックスキン(裏革))
着用年数:16年
着用ペース:冬場週2回程度
=============================
このフェイクムートンを装備したジャケットは私にとって思い出の一品kirakira。私とメガネ@部長が高校生の頃、阪神大震災があってまだ不安定の頃に一緒にアメ村に買い物に行った際、古着屋でメガネ@部長さんが程度の良いこのジャケットを購入されていました。ど、どれだけ物持ちが良いんだこの人は・・・icon11
バックスキンとは裏革のことで、柔らかい独特のエイジングを演出してくれます。

ノーメーカーですが、バッチリエイジングしているため、すんごい雰囲気があります。
もともと、ライダースのレザージャケットの上に羽織る為に購入されたそうですface08。現在でもメガネ@部長さんはレザーの重ね着を良くされています。フェイクムートンも独特の色落ちしております。

内側も全てフェイクムートンでライニングされていますface08
「何年経っても暖かいよ。」
とのこと。

毎年シーズンの最初と最後にバックスキンのメンテナンスをされるそうで、16年経った今でもその美しさは保たれていますface03。やはり大事にメンテナンスして育てていく一着は最高ですface03


そで周りは流石に汚れてきていますが・・・。
「僕どうしても単車のるから袖口とブーツの左足は汚れるよね。」
って、バイカーの証ですよ。バイカーの方のエイジングは非常に特徴的です。

バックスキンを拡大してみましたが、剥げているとこは殆どない、極上の一着ですkirakira

メガネ@部長さんご出勤の様子icon11
「今日は夜大阪の企業さんの社長さんと打ち合わせして食事だからネクタイつけてるからいつもよりフォーマルやねん。」
ってicon11
え?こんなファンキーな格好で営業してるの?
ネクタイの有無だけですやん・・・。と思っても言えず・・・。しかし着こなしは流石16年前のジャケットだとは思えません。

メンテナンスして大切に育てていくことの素晴らしさを感じた一品でしたface03
2012年01月06日

A-2のエイジング バズリクソンズとリアルマッコイズの違い

おはようございます。日本経年変化協会です。
昨日,今日と仕事始めの方が多いのでしょうか?

さて,今回はA-2フライトジャケットについてブログを書きたいと思います。


A-2フライトジャケットとは?
A-2フライトジャケットは第二次世界大戦中のアメリカ陸軍飛行兵に着用された軍用フライトジャケットですface06。厳密には1931年~1943年の12年間アメリカ陸軍航空隊に採用され約20万着も製作されましたface08。ちなみに夏用のジャケットとして作られていますface06
コントラクター(納入業者)は複数あり,ある程度採用基準は軍から指定されていましたが,業者により特徴が異なります。
A-2フライトジャケットの特徴は,素材にホースハイド(馬革)を用いた,一見パッチポケットを装着したシンプル極まりないジャケットであることですicon11

現在でも当時のジャケットをヴィンテージとして入手することは比較的簡単ですが,その人気ぶりから今日ではファッションアイテムとして認知され,数多くのメーカーが当時製法を真似て製作しています。中には驚くほど忠実にレプリカしたものも存在します。A-2フライトジャケットがとりわけ有名になったのは,スティーヴ・マックィーン主演の映画『大脱走』で捕虜として捕まった米軍パイロット扮するマックィーンが着用していたことも大きな要因かと思います(笑)。私もあの映画を観た時,劇中のマックィーンのファッションを見てそのカッコ良さのとりこになったことが思い出されます。

チノパンにTシャツにA-2フライトジャケットと言うシンプルなファッションが何とカッコよいのか。
A-2フライトジャケットの魅力は何と言っても経年変化によるエイジングだといえます。ホースハイド(馬革)のシンプルなジャケットは着込むほどに身体にフィットして行きます。その感覚は他のジャケットでは味わえない大きな魅力ですface03

A-2フライトジャケットエイジングサンプル~Buzz Rickson's~


今回ご紹介するのは友人のメガネ@部長さんからまたまた拝借させていただきまいた(笑)。
=====================================
メーカー  :バズリクソンズ
モデル   :1998年モデル
型 式   :A-2 AERO LEATHER CLO,CO.1942 MODEL
素 材   :ホースハイド
ライニング :コットンブロードクロス
ファスナー :TALONニッケルフィッシュ
ネックフック :クローム仕上げ
ニットパーツ:ウールリブニット
カラー    :シールブラウン
=====================================
着用年数は10年を超えていますface08。メガネ@部長さんはA-2フライトジャケットを3着所有しておられますが,今回の撮影には一番のお気に入りだと言う今回のジャケットを貸してくれました。大学生の頃に購入した初めてA-2フライトジャケットだそうですが,学生の当時に10万円以上するジャケットを購入するとは冒険だったと思いますface06。本人曰くバイトを掛け持ちされたようで(笑)。

さて,こちらはコントラクター(納入業者)の1つであったエアロ・レザー社が1942年の大戦中に納入していたものを
バズリクソンズが1998年に復刻したモデルです。このモデルは襟の付け根部分に台襟がないタイプであり,ニットパーツは当時エアロ・レザー社の製品の特徴であった「赤リブ」を再現していますface03

シールブラウンのホースハイド(馬革)ベジタブルタンニング仕上げで運動量に耐えれるようにラッカーフィニッシュを施してありますkirakiraバズリクソンズが色,質感,着用感も当時のままに復刻した逸品ですface03

左肩に付くアメリカ陸軍航空隊のステンシルは当時の顔料成分から研究したと言われるこだわりの復刻だと言えます。
しかし,着用10年以上を超えてこのレザーの輝きkirakiraは見事の一言に尽きますface03。メガネ@部長さんはサーモンと蜂蜜が混合された特殊なオイルを年に2回塗り込んでメンテナンスされているそうです。ホースハイド(馬革)”やれた感と独特な輝き”は究極のエイジングだと言えます。

バズリクソンズとリアルマッコイズの違いは?
さて,A-2フライトジャケットを購入する際,ヴィンテージの当時のオリジナルを購入することは勿論面白いことですが,どうせなら自分の身体に併せて長く愛用することによって,自分のオリジナルのエイジングにしたい場合,メガネ@部長さんのようにレプリカを購入して着込むことが経年変化を楽しむ醍醐味が味わえるでしょう。A-2を製作するメーカーは当時のコントラクター(納入業者)を含めて数多く存在しています。レプリカを製作するのも当時の〇〇年式の~と非常に細やかな設定がなされ購入する際非常に迷ってしまいますface07
A-2フライトジャケットを製作するメーカーの二大巨頭としてバズリクソンズリアルマッコイズが挙げられます。関連する雑誌を見ても二大巨頭として扱われている印象を受けますが,どちらかというとリアルマッコイズの方が最高級品と言う書かれ方をしているように思えます。icon11。メガネ@部長さんに内訳を聞いてみると3着中,2着がリアルマッコイズだそうです。私が所有している唯一のA-2フライトジャケットリアルマッコイズですkusa。やっぱりリアルマッコイズの方が優れているのでしょうか?両方を所有されているメガネ@部長さんに聞いてみると,
「モノはやっぱりマッコイズの方が上かな・・・。」
とのことface08。や,やっぱり・・・。しかし次の一言が。
「でもリアルなホンモノさで言えバズかな?」
とのこと。
ど,どう言う意味なんでしょうかicon11?もう少し詳しくおせーて下さい(笑)。

メガネ@部長さん曰くリアルマッコイズの作るA-2フライトジャケットは品質が良すぎる過剰品質だと仰ってました。使用しているレザーの質,縫製そして何よりも形そのものが日本人に併せた洋服だと。メガネ@部長さんはヴィンテージにも精通されているので,数多くのヴィンテージのオリジナルも見てきています。ヴィンテージとリアルマッコイズの作るA-2フライトジャケットを比較すると出来すぎているとのことです。
根本はA-2フライトジャケットは軍服であり,大量に必要だったので複数のコントラクター(納入業者)を採用していたわけで,いわば大量生産されるジャケットであり,縫製は荒く,レザーの質も均一性がなく,そこそこだったと。ヴィンテージのオリジナルは非常に着心地が決して良いとは言えないよとのことですicon11。アメリカの軍服であるから西洋人体型に作られているので日本人が着用すると非常に腕周りがタイトに感じるとのこと。
その点,バズリクソンズの作るA-2フライトジャケットの方がより実物に近いと思うとのことでした。

確かにメガネ@部長さんはバズリクソンズの場合サイズ38を着用し,リアルマッコイズの場合サイズ40を着用されています。両方ともカッコ良いんです。
「質重視でカジュアルとして捉えるならマッコイズ!バズはパツパツで着たらシルエットがメッチャかっこえぇ~。好みちゃうか?」
とのことicon11

私は残念ながらリアルマッコイズしか経験がないので,非常に生の声だと感じました。A-2フライトジャケットの愛好者の方は如何でしょうか?

余談
メガネ@部長さんに何故最初の一着をバズリクソンズに決めたのか聞いてみました。
「赤リブ」に惚れたと言ってましたが本音は?

「当時バズで10万ぐらいやったかな?マッコイズやったら20万近いから学生では手が出んわ。働いてボーナスで最初のマッコイズ買うたもん(笑)。」

ですって(笑)。でも最初にバズを買ったからマッコイズの凄さを知ったし,バズ良さもしったとのこと。しかしエイジング的にはバズの方が自然なエイジングだと思うとのこと。

これは,私もバズを経験すべきだな・・・・。
2011年12月27日

デニムジャケットの色落ちのコツ

こんにちは。日本経年変化協会です。
クリスマスが終わり今年も残すところあと僅かになりましたicon11。来年は当協会のWEBサイトがオープンなので、楽しみでもありますが、多忙を極めています。さて、今回はデニムジャケットの色落ちについてface06。デニムジャケットと言えば、一般的にはGジャンカバーオールなどがありますね。まずは、理想的な色落ちサンプルをご紹介。

エヴィス1stモデル色落サンプル

私の友人の私物。ペンキステッチで有名な
エヴィスの1stモデルのGジャンkirakira
購入は13年前ですが、着ていない期間も長くあったので、実質の着用は5年ぐらいとのこと。

カメラの明るさ調整にて撮影。上質なインディゴエイジングが見て取れます。
程度の良いヴィンテージと比較しても遜色ないface02。素晴らしいkabinkusa

パッチを確認すると、NO2デニムでしたicon11
NO1は上質すぎるので、あえてNo2を選択したとのことで、オーナーが予めエイジングを想定して購入したようです。

可動が激しい腕周りは見事なアタリが発生face08
美しい・・・mituhana

背中も見事にエイジングしています。
Gジャンもエイジングするとやっぱりカッコ良いアイテムで1着は欲しいところです。

美しい色落ちをさせるには我慢が必要
アメカジファッションの定番アイテムと思われがちですが、Gジャンって以外と人気ない・・・icon11の実情です。
で、実際のところ美しいエイジングをするには難しいアイテムでもあると経験上思います。それはジーンズに比べて使用回数が少ないのがあるので、そのぶんの経年変化の速度が遅いことが大きな理由として挙げられますface06
デニムジャケットで美しいエイジングを行うポインとは以下項目が重要です。

①ワンウォッシュをせずに着込む。
通常ジーンズはワンウォッシュをして着用しますが、デニムジャケットで美しいエイジングを行うにはあえてノンウォッシュで着込むとより明確なアタリを発生させることができます。腕周りに十分なアタリが出だしたら洗濯して乾燥機で乾かすのがポイントです。

ポイントはここだけです。
洗濯のペースは汚れに応じて行うと良いでしょう。今回のサンプルは年1回の洗濯ですので、極めて色落ち自体は控えめです。あえて冬期の汗をかくことのない状況で着用されているようです。

あえて難しいアイテムに挑戦して期待通りのエイジングが得られた時、やはち感慨はひとしおでしょう。あえてGジャンをお薦めしたいですね。