新着情報トピック

2017年10月10日

経年変化サンプル

こんばんはkabinkusa

実はセルフ・プロデュースブランドSpecialite & EntreeWEB STOREのデザインを去る10月4日にリニューアル致しましたface03
何でもデザインも去ることながら、色んな機能が使えて便利だそ~です。

でコラボリリースとなった『Specialite With Gum-A-Mama Leathers Kobe Key Case』(商品名長ッicon11)が昨日、SOLD OUTになっておりましたicon11。オーダー頂いた方々有難うございます。
「今回数製作したんじゃないんですか!!」
とご指摘を頂きましたtanuki
えっと検品できた分を先行して掲載しておりましたicon11。本日残り検品して再度掲載致しました。ちなみにオーダーはコチラからです。

いつの間にか愛用して気がつけば経年変化してるってのが好き
私がアイテムの企画プロデュースをする際に気にしてるのが
「自然と長年愛用してて気づけば、経年変化してる。」
それを意識してます。
今まで自分の愛用品と言うのがメーカー、ブランド問わずそうだったので。で、今回ご紹介するのは私の経年変化サンプル。

セルフプロデュースブランドであるSpecialite & Entreeからリリースしておりますキーケース『Fixation』で御座いますkuma
リリースが昨年の1月なんで、今でおよそ2年ぐらい愛用しております。
基本的にはノーメンテナンスです。

お財布同様ほぼ外出するので、ほぼ毎日身につけております。
自宅の鍵用で現在も愛用中。

デニムパンツのリアポケットに入れて使っているので、レザーの擦れやまた座ってしまうので若干の型崩れが発生しております。

『Fixation』の一番のこだわりはキーフックを別注でスチール製のキーフックに無垢のブラスメッキを施したパーツを使っていることですが、レザーに呼応するようにえ~感じにヤれております。

開けてみて判るでしょうか?
折りたたみ式ですので重なっている部分とそうでない部分が光沢で理解ります。

内装にはキャメルのオリジナルレザー(脱クロム製法)を採用しておりますが、タンニン鞣しの特徴が強く出ているため変色とアタリが出ております。

多分私がお尻の下敷きにしてるケツ圧の影響でしょうけど、ボタンの輪郭が浮かびあがり、個人的には気に入っている経年変化です。

キーフックがかなりお気に入り。予想通りの経年変化です。
ブラスは柔らかい金属ですのでブラス製のキーフックは存在しておらず、耐久性の視点からスチール製のフックにクロムメッキを施したものが大半であり、そこを業者さんにお願いして無垢のブラスをメッキしてもらいましたface03
使い古した南京錠のようにブラスの鈍いクスミがかっこ良い。

通常の混合鞣しではなく、脱クロム製法だからこそ、ヌメ革と遜色のない経年変化を演出してくれます。

新品と比べてみました!!
じゃぁ~実際に2年近く使った愛用品が新品と比べてどのぐらい経年変化してみたのが比べてみたくなりました。

『Fixation』は外装パーツに異なるタンナーのレザーを採用しておりますが、私が愛用している仕様はグリーンの栃木レザーのものですface02。フルタンレザー特有の色濃くなり、艶の出る経年変化が見事に表現できております。
キャメルの脱クロムレザーも遜色なく、狐色に焼けて変色しております。

レザーアイテム愛好家は育っているのを見てハァハァしてしまいます(笑)。

内装のレザーの経年変化はやはり予想通り。
最近巷では通常の混合鞣しレザーを「ハイブリッドヌメ」と称して販売しているそうですが、一般的な混合鞣し革はクロムレザーを再度タンニン鞣ししているだけで、日焼けのようにヌメ特有の経年変化は発生しません。これは脱クロム製法ならではの特徴ですface06

このスプリングホックのシルエットが浮き上がる経年変化は愛用者の使い方次第で出てきたり出なかったりするかと思います。
私は冒頭に述べた通りパンツのリアポケットに入れて座ってしまうと言うお尻の圧力ケツ圧が関係していると思っていますicon11

金属パーツの経年変化もやはり比較すると素晴らしいtanuki
元はスチール製なので耐久性は問題ないですが、無垢のブラスメッキは正解。

まぁ~ブーツだデニムだ革ジャンだと言うと気合いれて育てるアイテムですが、革小物気づけば長年愛用してるちゅ~のがベストだと私は思っています。こっから先どのぐらい育つのか楽しみです。


キーケース 『Fixation』
価格:9,000円(税別)
ブランド:Entree(アントレ)
素材:牛革 or 馬革
カラー:グリーン、バーガンディー、ブラック(パラフィン)
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

現在3色展開ちう。
後2色はどんな経年変化するのか楽しみなんで、オーダー頂いた方は是非教えてください。
ちなみにカラーによってレザーのタンナーが異なるのが面白いっす。
オーダーはこちらからお願い致します。

2017年05月17日

ちょいとコツが必要です

どもicon23。こんにちはkabinkusa

ここ最近、忙しくてブログさぼり気味でございましたicon11
メッチャやりたい事、欲しいものが多すぎて毎日幸せでございますface03

今週も早々、姫路にてレザーの仕上げを見て学んでまいりました。
その様子はHimeji Total Leather Expertのブログで掲載されております。

今回はちょっと補足説明です。

ショルダーバッグ『Lance~Regular Specification Last Edition~』について
先にスタッフブログでご紹介されておりますこちら。

ショルダーバッグ:『Lance~Regular Specification Last Edition~』
価格:64,800円(税込)

素材:牛革(脱クロム鞣しダコダ仕上げ)
ブランド:Entree(アントレ)
概算寸法:27cm×37cm×10cm
概算重量:0.8kg
カラー:Dark Brown/Black
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

こちら、実はお客様のご要望によって製作に踏み切りました。
Dark BrownとBlackはずっとご要望頂いていました。
「なんで、Dark BrownとBlackが良いんだろう??」
と思って定番カラーをあえて外すと言う天邪鬼プレイしてましたicon11。製作担当の椎名君は定番カラーだからリリースすべきと言うのはずっと言ってましたけど、定番だから製作するってのは面白くないangly。と頑なだったんですけどね。前回製作の『Lance~Regular Specification~』をオーダー頂きましたお客様から
「凄く気に入ってるので仕事でも使いたいので、通勤はスーツなので黒や焦げ茶をリリースして欲しい。」
と言うご内容のご連絡を頂きましたface08

な、なるほど・・・。
私会社員時代はずっとスーツでしたし、最後の会社員時代は私服でもOKだったんで長らく通勤でスーツと言うのを完全に抜けておりましたicon11。ってことで今回の最終仕様ではフォーマルでもカジュアルでも活躍してくれる仕様と言えますkirakira

今回の仕様では従来の回転ヒネリ式から真鍮製のドイツホックボタンをフラップの留め具として採用しております。
フラップの留め具で差し込み金具以外で真鍮製ってなかなか無かったので回転式ヒネリを採用していたのですが、ドイツホックで真鍮製が存在していたので、今回採用に至りました。それにともなって~。

カシメのよ~な小さな金属パーツまで真鍮製に変更しました。

ベルトループももちろん真鍮製。
採用しているレザーはオリジナルですが、染料とオイルのみでの素揚げに近い仕上げで非常に経年変化が早いです。
Dark BrownやBlaceと言った暗色系のカラーはより深みのあるまたオイルが浸透して透明感も出る経年変化が発生するので、真鍮も鈍く変化するので相性は抜群かと思います。

自画自賛だけど暗色系もやはりカッコいい(今更w?)tanuki

ちょっとしたコツをご紹介致します。
フラップタイプの鞄ではちょっとしたコツが必要となりますface06
フラップを留める金具が慣れないと止めにくいと言うものがあります。ですので鞄の底まである巨大なフラップ式バッグや大きな金具が付いている差し込み金具のフラップ式バッグが多いのですが・・・icon11
今までも何件かオーダー頂いたお客様からご指摘を頂くことがございますが、フラップもハーフであり、留め具も小さい方がデザイン的にGOODです。『慣れ』がある程度必要なんですよねicon11

前作での回転式ヒネリは金具をハメ込んでから捻ると言う動作が必要です。
ヒネリ式の場合、ヒネリが何かに当ってヒネリが回転してフラップがバタつくことがございました。その点ドイツホックは留め具としての荷重性も高く、慣れると開け閉めが非常に楽なんです。

で、先日もご指摘頂いたお客様に私の手元をスタッフに撮影してもらってお送りさせて頂いたところ、開閉しやすくなったとご連絡を戴きましたので、こちらでもご紹介させて頂きたいと思いました。

フロントポケットにモノを収納するとホックの位置は物理的にジャストにはなっていませんkuma

マグネットではないので、留め具に誘導性はないので、画像のようにフラップを引っ張りながらホックを調整します。
これはドイツホックだけでなく、回転式ヒネリパーツでも同じです。
ドイツホックはハメておしまい。
回転式ヒネリはヒネリを縦に回転させなくてはなりません。

これを下からのローアングルで撮影するとこんな感じ。
指で鞄本体のホックを動かないように固定するのがポイントですkirakira

慣れてくるとスムーズに出来るんですよね。
私は慣れてるので、早すぎるみたいで撮影するときにスタッフに何度もおねだりされましたkuma

『Lance』の製作ちょっとお休みさせてくださいね
今回の製作でちょっと製作をお休みしたいと思います。
リリース以降、大変好評を頂いて製作を継続してますが、椎名君が新作ができないんす(笑)。
「ずっとLanceばっか作ってね??」
って感じでして。

何気にハンドメイドで製作するので、実はメッチャ製作時間かかるんですよね。
そこがまた魅力でもあるのですが、他の事ができない(笑)。
ちょっと椎名君には新作の開発に携わってもらいたいので、予め今回製作でひとまずお休みしましょうと取り決めておりました。
ですので、今回完売したら年内の製作はちょっと考えてませんので、ご了承お願い致します。
タイミング見てまたですね。

ちなみに次回もショルダーバッグを考えてます。

今回の製作のDark BrownとBlackモデルのオーダーはこちらからお願い致します。
随時2個ずつ掲載して行こうと思ったらDark Brawn人気でラス1になりました(早ッ)。



んでこちらは従来のレギュラーモデル。
ありがたいお話でいつの間にかオーダー頂き嫁いでしまい、現在はグリーンのみが在庫がございます。

経年変化が激しくでるレザーですので、オーナー様の使い方によって数年立つと人によって表情が異なってまいります。
どんな経年変化なのか教えて頂けると嬉しいですface03
2017年03月04日

ショルダーバッグ『Lance』を改良するでざんす

こんにちはkabinkusa

「もうすぐ~春ぁ~るですね~。ちょっと気取ってみませんか?」

気取る前に私は強烈な風でダウンicon11
スタッフの中にはインフルエンザとかになっちゃったりする人も居たりと。

季節の変わり目は体調崩しやすいので皆様もご注意とご慈愛頂ますようお願い致します。

ショルダーバッグ『Lance』を改良するでやんす
さて、セルフ企画プロデュースブランドSpecialite & Entreeからリリースされ、定番モデルとしてラインナップされておりますショルダーバッグ『Lance』。在庫が品薄状態が続いております。追加製作しよう試みたのですが、年末年始にかけて製作担当の椎名賢君が姫路から神戸にお引っ越しと言うことで、アトリエが落ち着くまで何も製作できない状態が続いておりましたicon11

ショルダー・バッグ『Lance~Regular Specification~』
価格:60,000円(税別)
ブランド:Entree
素材:牛革(脱クロム鞣し、オイル染色仕上げ)
概算寸法:27cm×37cm×10cm
概算重量:約0.8kg
カラー:グリーン/ブラウン/ネイヴィー
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

リリース時は爆発的なヒットをしてから、安定した支持を受けております。
どんな服装にもマッチするオールレザーバッグってなかなか無いので、企画致しました。

何と言ってもシンプルなデザインですが、A4サイズの大容量ですが、荷物を入れても型くずれしないと言うところが、お客様より支持を頂いている理由のようです。

フラップを開けて直ぐ取り出せる鞄本体前胴の大きなポケットはスマホや小物を収納して直ぐ取り出せるので、最高に使い勝手が良い鞄です(自画自賛kirakira)。
そして何より、

オリジナルの脱クロム製法の皮革素材『Sel』を採用していますが、鬼のように経年変化することが分かりました。
染色と加脂剤(オイル)のみの仕上げのレザーなので、使い込むと新品の時は淡い色彩ですが、レザーの中のオイルが溶け出し色濃く経年変化すると予想はしていましたが、ここまで比較的短い期間で経年変化するとは、私も製作した椎名くんも革屋さんも予想外だったと思います。
グリーンが最初完売して追加で製作した後、ネイヴィーとブラウンが速攻完売icon11
また追加で製作しないと~と言うときに椎名くんの引っ越しicon11
追加製作やるやる詐欺になってしまうので、今回ようやく追加製作を行うことになりました。

最もご要望の多かったブラックとダークブラウンを。
色変えるだけじゃ面白くない。もっとヴィンテージ感出そうぜ的に製作します
実はリクエストカラーを言われておりました。
「ブラック作らないんですか?」
「ダークブラウン(チョコ)はリリースしますか?」
とかicon11
スタッフにもこんな声挙がってますよ。とか言われていたんですけどね。
セルフ・プロデュースブランドSpecialite & Entreeに関しては申し訳ないですが、正直私と製作する職人の気分次第でリリースしているので、売れるからリリースすると言う概念は正直ないんですよね。
企画して面白かった?
製作して面白かった?
ってのが重要な訳で。私と職人の双方が「やってみよ。」ってならないとリリースに至りません。

今回要望を頂いたブラックやダークブラウンは私でNG出してました。椎名君は黒はリリースすべきだと言ってましたが・・・。
でも今回皮革素材であるレザーがこんだけ経年変化するなら、ブラックやダークブラウンも面白くなるんじゃない??
経年変化を見てみたい。
と言う欲望が沸々と湧いてきましたtanuki
で革屋さんに言ってブラックとダークブラウン(チョコ)のレザーをすでに準備しております。

メッチャ経年変化しますよ。
ブラックはより黒光りしてダークブラウンはクワガムシの背中みたいになるんじゃね??
で今回副資材を全てブラス(真鍮)に変更します。

今までブラスに出来なかったのはこのヒネリパーツで真鍮製が存在しなかったから。
椎名君年末年始の引っ越しで忙しかったのですが、いろいろパーツを探してくれました。
「ヒネリじゃないけど、他のパーツに変更するなら、すべて真鍮に出来るぜ??」
おっとマジかい?
詳しく教えておくれよ。
詳しく話しを訊くと良いんじゃない?実際の使い勝手は?
椎名君は忙しい合間に百貨店でそのパーツを使っている鞄を実際に見てみて、『Lance』に採用しても使い勝手は悪くならない事を確信したと言うので今回すべて副資材パーツを入れ替えることに決定しました。

早くて来月4月にはリリースになるかと思います。
現在グリーンのみの在庫でヒネリを採用した最期のモデルは現在販売中です。

ブーツや革ジャンはお気に入りのブランドあるんですが、鞄だけはお気に入りが見つからないので自ら企画しております。
中々、秀逸な鞄に仕上がっておりますので、オールレザーバッグをお探しの方にお勧めでございます。

現在栃木レザーで製作中でございます
先月リリースしたコインケース『Glip~Cordvan Ver~』

コインケース:『Glip~Cordvan Ver~』
価格:6,000円(税別)
素材:コードバン(馬:新喜皮革製)
カラー:チョコ、バーガンディー(画像はチョコ)
概算寸法:12cm✕5cm
ブランド:Specialite
企画:日本経年変化協会
製作:本田宏治

大好評を頂きまして、ウチとしては結構数を製作しましたが、リリースから三日目で完売face07
嬉しいような悲しいような。
製作してくれている本田さんに
「ごめんなさい。売り切れちゃった。また作ってくれません??」
って伝えると「マジですか?完売はやくない??」うん。早いよね~。
とお願いしてきましたよ。
今回はこの革でお願いと栃木レザー渡してお願いしてきました。
毎回良い革使いますね~って言われましたが、売ってないモノ、ありそうでないものだからこそ私自身が欲しくなる。
だからリリースするんです。

握りしめたり、ポケットに入れて擦れまくるからメッチャ経年変化する小銭入れになると思います。
これはいつできるのかな??
本田さんに確認するの忘れておりました(笑)。
また確認しておきます。

今日は今から日本経年変化協会で協賛しているJAZZのコンサートに行ってきます。
年2回ジャズの生演奏を聴きながらビール呑んでうたた寝する楽しみな一日です(JAZZ聴いて無いんでは???)。
何か今回はイタリアの有名なピアニストらしいので楽しみです。

春はワクワクする事が目白押しですね。
(年がら年中ワクワクしてますがw)。
2016年11月17日

うん。極上(ちょっとやり過ぎたけど)!!

こんにちはkabinkusa

新作を出す出す詐欺になりかけるところでした(笑)icon11
今年も残す所あとわずかですが、私が体調を崩す。椎名君も体調不良とかで作業進捗が大幅にずれ込んだりと言うのが理由。
私は幸せな事に趣味が多すぎて毎日ワクワクすることが多すぎて忙しい(笑)icon11

なんで、お腹が空いたり眠たくなったりするんだろう・・・。まぁ御飯は美味しいから良いですが(笑)。

新作と言っても基本原則私が欲しいモノが企画の原点になるんで、こんかいボストンバッグとトート・バッグが欲しかったのでトート・バッグから企画しました(一部メディア担当の方々にボストンバッグと言ってしまってゴメンナサイicon11)。

去る2016年9月23日のブログで、外縫い縫製のトート・バッグ製作中の告知をいたしましたが、まさにそれが完成しましたkirakira
一般的にシワが発生すること理由で鞄作りでは敬遠されがちなスムースレザーを採用した製作に挑戦しましたkuma


やっぱりデザインはシンプルが好き。
車運転する時はトート・バッグが個人的には一番使いやすい。

トート・バッグ:Universel Tote(Entree Ver)
価格:39,800円(税別)
素材:牛革(北米産原皮、脱クロムタンニン鞣し染色仕上げ)
概算寸法:30cm✕40cm✕10cm(高さ✕横幅✕マチ幅)
カラー:チョコ/ネイヴィー
ブランド:Entree
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

今回の新作は『Universel Tote~Entree Ver~』と命名しましたface03
『普遍的なトートバッグ』って意味です。英語で書くと『Universal』ですが、ブランド由来をフレンチからとっているので、あえてフランス語表記の『Uneversel』と表記することにしました。

メッチャこだわってますが、デザインは一般的(普遍的)なシンプルなデザインを採用しました。
上質なスムースレザーなんで、素材の良さが長年の愛用を経年変化として反映するためシンプルなデザインが良いと思います。
新鮮なお魚は刺し身で食べるって感じです(笑)。

画像カラーはチョコ
私は車で移動することが多いのですが、車で移動する時はトート・バッグと言う鞄がメッチャ使いやすいんですよね。
ナビシートにおいて荷物出し入れできるし、ハンドル掴んで車降りるだけなんで。
それでは今回企画プロデュースでこだわったポイントをご紹介させて頂きます。


メッチャ色濃い経年変化しますのでご了承を。
スムースレザーはハードな鞄が多いので綺麗目で機能性の高さを追求しました。

今回はオリジナルスムースレザーの『Pate(パテ)』を採用しておりますが、多量のタンニン成分かつ染料仕上げですので、メッチャ経年変化してしまいますので、あしからずご了承をお願いしたい素材ですicon11。今回はチョコとネイヴィーをチョイスしました。今回のチョイスは私だけでなく、製作担当の椎名賢君と一緒に考えました。何色が綺麗かなぁ~っと。

画像カラーはチョコ

画像カラーはネイヴィー
オリジナルレザーは色を統一して張りのあるスムースとソフトなダコダのレザーを企画したのですが、経年変化を楽しむために極力昔ながらのヌメ革仕上げと言うことで、今日では当たり前のように使われている溶剤(化学薬品)を持ちいらず、染色とオイルだけでしあげているのが特徴のレザーですface06
ですが、ですがですよ(笑)。
想定以上に経年変化が激しいんですよ。『Specialite & Entree』のブログ『【驚愕】経年変化サンプル』でご紹介したように、元色とは別色になってしまいます。淡いカラーから色濃く艶が激しいレザー愛好家であれば堪らない経年変化ですが、この色がずっと維持されると思っている方は驚愕されてしまうと思いますので、予め告知をicon11

鞄は一般的に内縫いが主流なので、スムースレザーはシワが入っている状態であったり、ハードな仕上がりが多いのですが、何とか綺麗目系で肉厚なスムースで鞄にしたかったんですよね。
今回は外縫いですので、1.4mm厚の肉厚なスムースレザーで製作。メッチャ綺麗な鞄本体になりました~face03

内縫いが主流であることは鞄本体の縫製ステッチが見えてしまうのでそれを隠すためが主流なんですが、鞄サイドに型くずれ防止の補強を目的としたレザーを当てることで、本体の縫製が見えないと言う仕組みですkuma

画像カラーはネイヴィー
鞄本体にはショルダーバッグ『Lance~Regular Specification~』にも採用している通常鞄のライニングとしては厚手の綿生地を採用してライニングの耐久性を向上させていますkirakira

鞄内部には両サイドに大型のポケットを装着kirakira
片方にはチャックポケット。
だけど、鞄本体にはチャックで開閉しないよう~にしました。
チャック式のトート・バッグは本体の開閉のチャックが良く壊れるし、好みじゃにので、本体はスプリングホックのボタンで留めるようにしました。
A4サイズが楽々入って小物を分類できて使いやすいのがトート・バッグの特徴なんで、使いやすさ重視の設計ですkirakira


大量生産にない丁寧な仕上げ。
上質な素材に卓越した職人の手仕事。これが大好きなんです♪

私が惚れ込んだ職人の一人である鞄職人、椎名賢君の最大の魅力は類を見ない丁寧な仕上げです。
正直、私が椎名くんと創りだす鞄の価格は仕上げにどれだけ時間をかけると言っても過言ではありません。
ただ、今回過剰品質かもしれない・・・icon11

今回、ハンドメイド、高品質なレザーアイテムの入門ブランドEntree(アントレ)とベテランの愛好家向けのハイエンド仕上げのSpecialite(スペシャリテ)の二つのブランドでトート・バッグのリリースを考えていて、最初はEntree(アントレ)でやろうと言うことでのリリースでしたが、この本体の作りとこの仕上げはSpecialite(スペシャリテ)だろ・・・icon11。製作担当の椎名君も
「おれコレはSpecialite(スペシャリテ)
でやるべきやったと思う・・・。」
でしょうよangly。でしょうよangly
モノのデザインと価格、デザインと品質は別物です。
安い物でもデザインかっこよいのあります。今回も流行のない普遍的なデザインですが、作り込みが企画当初の想定以上のクオリティーで仕上がってきて企画担当の私も製作担当の職人も「やり過ぎちったicon11。」と言った感ですicon11
今回のトートはモノに拘る方が見たら、レザーの素材の良さと作り込みと独特のパターンに「Oh??」ってなるはずです(笑)。

鞄のハンドルも直接本体に縫製するのではなく、別途根革を製作して磨いて縫製して別途製作kirakira
入門ブランドEntree(アントレ)とベテランの愛好家向けのハイエンド仕上げのSpecialite(スペシャリテ)の違いは仕上げがあるのですが、コバ磨きは縫製よりも時間を費やすので、基本原則ハイエンド仕上げのSpecialite(スペシャリテ)で行う技法で、Entree(アントレ)ではレザーのパイピングなどで対応(これも難しいんですけどねicon11)してますが、今回コバ磨き発生してますやんface08

ハンドルも通常革一枚ってのが多いですが、2枚貼り合わせで縫製してかつコバを磨いてしまった・・・。
ま、この形状でしたら磨かない方がダメですけどicon11

でも出来ちゃうと、めっちゃ大満足の一作となりました。
Specialite(スペシャリテ)のヴァージョンはまた来年考えようよ。と椎名くんと先延ばしに(そのまま忘れるかもw)。


持ってみたらちょうど良いんですface03
基本トート・バッグで使いにくいトート・バッグなんて聞いたこと無いので使いやすさはトートならでは。
ネイヴィーはめっちゃ綺麗です。だけどめっちゃ深いディープブルーになります。

私個人はチョコが好き(セルフプロデュースでは初採用のカラーですし)face05
色濃くなるとディープブラウンになるので、使い倒してみようかと思います。
磨き用でパンスト購入しないと。

販売に関してはスタッフ曰く早くて今週末(土曜日?)になるそ~です。
2016年11月05日

10年使ってる鞄をお持ちじゃない方の鞄

こんにちはkabinkusa

一気に朝晩が冷え込みましたface08。暗くなるのも早くなりましたよね~。
秋冬は色んなファッション楽しめるので、私個人的には大好きな季節です。アウター選びでワクワクしてますface03

さて、先日ですが、当協会企画直営ブランドSpecialite & Entreeスタッフブログでショルダーバッグ『Lance~Regular Specification~』の経年変化サンプルをご紹介させて頂いたところ、非常に多くの反響を頂きましたface03。ま~実際にどんな経年変化するのかは正直メッチャ気になりますよねtanuki
あと、企画担当者として取材を受けることもありますが、基本老若男女問わず愛用できる事をコンセプトに企画しておりますが、『Lance~Regular Specification~』に関しては
『え~鞄欲しいけど、どのブランドのどの鞄がえ~の?』
『10年使ってる鞄を持っていないんですが?』
って迷ってる方にこそ持って欲しいと思います。


『え~鞄』の定義

『え~鞄』つまり『良い鞄』ってなんだろう??
日本経年変化協会でフォーカスするアイテムは革製品を始めデニムなど色んなアイテムにフォーカスしてます。
私も色んな商品企画プロデュースを行ってきましたが、正直、ブーツ、革ジャン、ジーンズに関しては自分自信が満足できるアイテムが既存で存在しています。私個人大好きなブランドやメーカーが存在していますkirakira
ただし鞄だけは難しいんです。
私も鞄だけは10年選手と言うアイテムが正直存在していなくて、自分が愛着もって使うために商品企画プロデュースしているのがSpecialite & Entreeだと言い切ります(笑)。

吉田鞄とか土屋鞄をこれまで愛用しておりましたが、個人的には悪くはないけどもど~もシックリ来ない。と言う感じでした。

鞄って服飾雑貨でありながら、モノを収納すると言う機能性が求められ、デザイン性を要求されながら鞄がファッションで目立ってはいけないと言う微妙なポジションであるアイテムだと思いますicon11。これらを踏まえると『え~鞄』、『良い鞄』とは

①長年使える鞄である事
 →上質な素材を採用(素材耐久性)。
 →流行に左右されないデザイン性。
 →メンテナンスを考慮した設計。
 
②機能性、使いやすさ
 →使いにくいとやっぱり長年愛用できない。

じゃないでしょうか??鞄に関して言えばicon11
『Lance~Regular Specification~』に関してはこの定義に則って企画しましたkuma
うちのスタッフも素材推しが『Lance~Regular Specification~』の特徴だと思っているよ~ですが、実は企画的には色々考えてますkirakira。なんで、ちょっと今回はウンチク聞いて下さい(笑)。


長年使えるために①
~素材選定:経年変化と言う概念~

この世に生を受けると人間だろうとモノだろうと使用年数に伴って厳密には劣化していくicon11
ただ、多くの人達は経年による劣化に何とか抗おうとし、それらはアンチエイジングと呼ばれてたりしています。

しかし、年を経ることにより、熟成された魅力を増す事があり、それは劣化と言われず経年変化と言われます。
元々ワインが年を経て熟成され旨味を増す事を経年変化と呼びましたface06
今日では、服飾雑貨製品に対して用いられるようになっています。

しかし、ジーンズは労働着であり、ジーンズメーカーはいかに色落ちを防ぐ(もしくは遅らせる)かを工夫し左綾などの技術が生まれました。後世になり、使い込んだ使用感に惹かれる人達が出てきたところで、今日に至っていると思われますkirakira

画像はネイヴィー(右:新品 左:使用約半年)
『Lance~Regular Specification~』は北米産原皮の牛革を採用したオリジナル皮革素材『Sel(セル)』を採用しています。『Sel(セル)』は仕上げは染色とオイルのみで仕上げており、今日のレザーで多く用いられている溶剤(化学薬品)を一切使用していません。ヴィンテージに見られるようなレザー製品の素材の多くは、複雑な加工が施されていないタンニン鞣しの皮革素材(昔はクロム鞣しの技術はもちろん、溶剤のような薬品や技術が無かったんだと思う)が採用さいれている事からヒントを得て『Sel(セル)』を企画し採用に至りました。長年愛用して頂き革らしい使用感を生み出します。使い込むごとに、色褪せるのではなく、レザーに含まれた脂成分が浸透し、色濃く艶を生み出す経年変化を演出する素材を採用していますkirakira


長年使えるために②
~流行に左右されないデザイン~

服飾雑貨業界は流行があり、流行に則った商品はブームが過ぎるとダサいと評価されてしまいますicon11
長年の使用を考えると流行に左右されない所謂ベーシックな定番のデザインが必要不可欠となります。

『Lance~Regular Specification~』はショルダーバッグでは普遍的な定番のフラップ式のヴィジュアルデザインを採用しています。パッと見てデザインに目新しさや斬新さを感じた方はいらっしゃらないと思いますkuma。余計な装飾もなく、シンプルな定番デザインが故に流行に左右されず、どんなファッションにおいてもミスマッチを起こさない、主張しない鞄として製作されていますkirakira


長年使えるために③
~メンテナンスを考慮した設計~

お気に入りのアイテムは大切に寝かすより日々ヘビロテで使用して欲しい。
革製品だけでなく、機械製品も使用頻度が増すとどこかに不具合が生じるのは必然的だと私は思います。
上質なレザーそのものが破けることは考えにくく、革製品において一番不具合が生じるは副資材(ファスナーを始めとする金属パーツ)であることが多いです。

画像カラーはブラウン
企画当初、製作サイドは差し込み金具を提案してきたが、私の強い要望でヒネリ式の金具を採用しました。
私的な経験則ですが、私が通っていた幼稚園の鞄がヒネリ式金具を採用しており、園児の私でも非常に使いやすかったのを覚えていたからですicon11
『Lance~Regular Specification~』において最も破損など不具合が懸念されるパーツであり、万が一不具合が発生した場合、最小限のコストでパーツ交換を可能とすることを考えて設計しています。

画像カラーはブラウン
ネジで交換できるパーツを採用している理由がメンテナンスを考慮していますkirakira
珍しい希少性の高い副資材は数年後に生産されているかどうかは不透明であり、長年製作されている普遍的なヒネリ式パーツをあえて採用していますkirakira


長年使えるために④
~耐久性のある素材を~

鞄の不具合、修理で副資材についで多いのが鞄のライニング(内装生地)でありますface07
その為、ライニングを施していない鞄ブランドも存在するぐらいです。
私は鞄の内側が外装レザーの床面という部分には納得できない派(これは好みだkuma。)なんで、ライニングは必須としています。

画像は全カラー共通のランニング生地
内装のライニングの生地が破けた場合のメンテナンスはどんな鞄においてもかなりの大掛かりな修理となってしまいますicon11
なので極力破れにくい素材選定が必要であり、『Lance~Regular Specification~』においてはチノ生地に近い厚めの綿生地をライニング生地として採用していますkirakira。ランニング生地として比較的厚めの生地を使うことにより、鞄内部の耐久性の向上を図っています。


機能性・使いやすさ①
~椎名賢の真骨頂とも言える天才的な立体パターン設計~

『Lance~Regular Specification~』をオーダー頂いたお客様から
【お客様の声】
非常に使いやすく、特にショルダーを掛けたまま荷物を出し入れできるので、今まで使っていたショルダーバッグと使い勝手が遥かに違うことを実感しています。これからも何年もヘビロテして参ります。
(大阪府・S様)

鞄の入り口が開きすぎず、かと言って狭すぎず、心なしか荷物の出し入れが非常にスムーズ。毎日愛用させて頂いております。これからも素晴らしい作品を期待しています。
(埼玉県・T様)

以前は◯◯のショルダーを愛用しておりました、似たような価格でブログを見て一度オーダーをきめました。なんと言っても持ちやすい!!コンパクトに見えてA4サイズがたっぷり収納できて、鞄内部のポケットにノートPCを収納して固定できるので、仕事で使っております。
(長野県・T様)
と言ったお声を頂いております(オーダー頂いた皆様、コメント毎回嬉しく頂戴しております。)
私も実際に使って時間しておりますが、『Lance~Regular Specification~』は使いやすい。
鞄としては当たり前なんですが、一般的に求められるA4サイズの収納の大きさであることに加えて、製作を担当している椎名賢君の天才的なパターン能力と卓越した縫製技術が使いやすさを向上させていますface06

画像カラーはブラウン
鞄を真上から見た、開口部です。
鞄底部より開口部を若干絞り込んだ設計になっていますが、開口部自体を立体的なパターンを取っていますkuma

画像カラーはブラウン
この立体的パターンはパタンナーとしての椎名賢君の天才的な気質を感じさせてくれます。他の職人さん達も
「椎名さんのこのパターンは凄い・・・。で、このパターンオレでも縫製できるかな???。毎回独創的で・・・。天才肌やね。」
と唸らせるほどface08
実際、Lanceの製作で一番難しいのは開口部の縫製でもあるんですicon11
正直需要と供給が全然バランスが取れていない状態でして、椎名賢君のアシスタント(お弟子さん)もメキメキ上達しているのですが、この開口部分だけは現在椎名君しか縫製ができないほどの難易度の高さです。
素人目にはここが一番難しいとは思われないのですがicon11
この立体パターンによる開口部が荷物の出し入れのしやすさを実現していますface03

画像カラーはブラウン
フラップと本体は勿論縫製を行っていますが、フラップの開閉など動きや力が加わる部分はどうしても負荷がかかることより、補強のレザーパーツとハトメを用いて念には念を入れて補強を行っていますkirakira


機能性・使いやすさ②
~頻繁に取り出すものを収納できる大型ポケット設計

『Lance~Regular Specification~』のユーザーから最も反響を頂いているのが前胴に設置された二つのポケットです。

画像カラーはブラウン
スマートフォンやパスケース、メモ帳など頻繁に取り出すものを十分に収納できますface03
しかも結構な容量が入ってしまいます。

画像カラーはネイヴィー
私はカードケースと名刺ケース。スマートフォンにパスケースを入れてることが多いです。

画像カラーはネイヴィー
結構大容量なんで、普段から荷物たっぷり入ってますよkuma

画像カラーはブラウン
長野県からオーダー頂いたT様のコメントにもある通り鞄内部には背胴側に大きなポケットがあり、スプリングホックで止めることができますので、タブレットやノートPCを入れて使用されてもOKですkinoko

画像カラーはブラウン
ブランドロゴは気に入っていますが、内部に別途縫製でつけています。
なんか見えるところにブランドロゴが入るちゅ~のは好きじゃないので(笑)。

機能性・使いやすさ③
~綿ベルトは万能なんですぞ~

『Lance~Regular Specification~』をオーダー頂いたお客様から次に多かったご感想。
【お客様の声】
綿のショルダーがこんなに使いやすかったとは・・・。レザーのショルダーベルトの鞄が今では使いにくすぎます(笑)。
(兵庫県D様)

最初はショルダーベルトがレザーじゃなかったので、少しそこが気に入りませんでしたがオーダーしました。実際使ってみるとブログに書いてある通り、自分の好みの長さに調整できるので、会長がブログで書いてある事を実感しています。
(兵庫県M様)

ショルダーベルトだけレザーじゃないので、少し残念でしたが。コスト削減でケチって居るのかと思いましたが、レザーのショルダーベルトよりも肩の負担が少ないですし、長さ自由に調整できるので便利ですね!!
(大阪府Y様)

関西からのお客様の声の特徴kabinkusa
最初にディスってくる(笑)。
一枚の革仕入れて全部その革で製作する方が材料代は安いですからね。綿ベルトも小売じゃなくて何十mと凄い量を仕入れないとダメなんで、むしろ高くつきますからね(笑)。ケチってません(笑)icon23

ショルダーベルトには綿ベルト採用しています。しかも50mm幅の太い綿テープを採用しています。
レザーのショルダーベルトは穴が必要なので長さ調整にどうしても制限が生まれてしまいます。
これなら微調整が自由に可能です。
夏場はTシャツだけど冬には分厚いダウンのようなアウターを着用すると少しの微調整がしたくなりませんか?

ベルトの先端の止めの部分はレザーで補強して縫製してあります。
ちゃんと手間暇かけてます(笑)。
私も神戸ですが、関西のお客様は入りがドギツイ(笑)。結局は褒めて頂けるんだけど・・・。

画像カラーはブラウン
『Lance~Regular Specification~』はショルダーベルトを体側に傾けて取り付けているのも使いやすさの特徴です。
一般的なショルダーバッグは垂直に取り付けてるケースが多いですが、斜めに取り付けることによってワンショルダーでずり落ちる現象を軽減させたり、肩への負担を軽くしてます。たすきがけで持った時に妙にマッチするのもこのためです。本場のメッセンジャーバッグが採用していることから事実持ちやすいんですface03


オマケで言わせて!!
~適正価格を実現するために~

関西の方々は私も含めてお金のお話が好きなので(笑)、オマケで言わせて下さい。
個人的にはモノは適正価格であるべきと思います。
大手のメーカーさんやブランドさんは大量に作るので大量に原材料も仕入れる訳で、きっと私達よりも同じ原料でも安く仕入れるでしょう。

私と椎名くんは大手ではなかなか作れないパターン設計や縫製など職人技ならではの作りを意識しています。
また皮革産地兵庫県は播州エリアの皮革生産に関わる方々の協力を経て、上質な皮革素材を商社など中間マージンがかからないように仕入れています。

『Lance~Regular Specification~』は販売価格が6万円。税込みで64,800円です。
金額的には決して安くはありませんが、椎名くんのハンドメイドにかかる期間などを踏まえると適正価格であるかと思います。
当初通販での販売を開始することにおいて、専用のパッケージBOXなども考えていましたが、パッケージ費用などを原価として考えると今の価格よりも遥かに高くなってしまう事が判明し、適正価格を実現するために包装を簡略化することにしました。

専用の綿袋に入れてエアクッションで梱包し、配送をお願いしているヤマト運輸の専用BOXにてお届けをしています。
クロネコさんより安い価格を提案してくる運送業者も数多くありますが、ドライバーを始めとした運送業者さんの荷物の取扱いなども考慮して運送業者はクロネコさんを信用しています。


レザーと言うことは気をつけて欲しいけどヘビロテして欲しい
~雨に濡れた。それもライフスタイル。10年間は最低使い倒してみませんか?~

『レザーは水に濡れたらだめ。』
一般的に言われる事で間違いではないです。
けど毎日使っていたら、傘を持たずに外出して雨に遭遇して濡らしてしまうこともあります。
だけど正しいメンテナンスをして頂いて、ヘビロテで使って欲しいです。
そんなヤワな鞄ではありませんkumakirakira
数週間前に雨に濡れてしまったとお客様から確認のご連絡がございましたが、正しい対応をされて居られて、素晴らしい経年変化をされていました。

経年変化の面白いところは、人によって微妙に異なってくる変化をすることです。
人によって千差万別なんでまさに数年に及ぶライフスタイルを刻み込む事に他なりません。
最低10年は使い込んで欲しいんです!!


再製作でけたんですけど・・・

今回製作分は2016年最終製作になります。
が、予約分でちょっとだけになってしまいましたicon11
一度の製作で各色5個ぐらいが現在最高製作でして・・・。
ネイヴィーはご予約で掲載前に完売となっております。
次回製作も進めていますが年明けからの製作となります。

次のページ