新着情報トピック

ビフォー・アフターで見る補色ブーツメンテナンス (2016年12月27日)

こんにちはmituhana!!

今日はXmasが終わったら一気に年越しムードですね。このせわしなさがちょっと好きicon06
今回はブーツのメンテナンスについて。

私個人的には年末の大掃除の如く、ヘビロテするブーツに関しては洗浄オイル補充、そして補色と言うフルメンテナンスを行いますkirakira
当協会に寄せられるご意見、ご質問や私個人が訊く話では皆様ブーツのメンテナンスし過ぎな方が多いと思われますicon11

■当協会推奨のブーツメンテナンス■
【オイルの補充は年1~2回】
日常のメンテナンスはブラッシングと固く絞ったタオルで拭き上げるぐらいで十分です。
オイルの補充は年1~2回で。それ以上行うとオイルによっては黒ずみや汚れの原因になります。

【オイル補充は薄く「少し足りないかな?」ぐらいで十分】
うちのスタッフがやってるのを見ても思うのですが、オイル塗りすぎ。
薄く、薄く伸ばして下さい。万が一塗りすぎたと思ったら布などで拭き取って下さい。
「少し足りないぐらいかな?」の感覚がジャストです。

【オイル塗る前は必ず洗浄するようにしてから】
ミンクオイルなどは松脂や蝋成分が含まれており、防水性を高めてくれる一方、一度塗り込んだら成分が落ちない特徴があります。
防水はしますが、松脂や蝋成分には埃が付着しやすいため、一度洗浄せずにミンクオイルを上塗りしてしまうのと埃や汚れが酷くなる場合があります。

【おすすめのオイル】
しっかりブーツの洗浄ができるならばミンクオイルでも何でもOKかと。
ワークブーツ初心者さんはマスタングペーストのように松脂や蝋成分が含まれていない保革オイルがおすすめです。
私はオリジナルに配合されたオイルを使っています(販売はどうしようか思案中。仕事が増えるのは困るので検討中w)。

皆様本当にやり過ぎの方が多いんですよicon11
ブーツの洗浄方法や、一般的なオイルメンテナンスの技法は過去記事に掲載しておりますので、ご参照くださいませkuma
【過去記事①~ブーツの洗浄の仕方~】
専用石鹸によるブーツの洗浄の手法を紹介知ております。

【過去記事②~ブーツのオイルメンテナンスの方法~】
ブーツのオイルメンテナンスの一般的な技法をご紹介しております。
さて、今回ご紹介するのはもう、ワンランクレベルアップしたブーツのアッパーに補色を行うブーツメンテナンスですkirakira
ワークブーツの大半はオイルレザーを採用している事が多いのですが、5年以上愛用したブーツはアッパーのレザーの色落ちが目立ってきがちですicon11。今回はメンテナンス前とメンテナンス後のビフォー・アフターで補色メンテナンスの効果と手法をご紹介致します。

愛用6年ちょいのジョブマスターの補色メンテナンス
今回メンテナンスの例題と用いるのは私の私物でございます。WESCOジョブマスターでございますface06
インソールが装着されているので、履きやすいので色違いで3足所有しておりますが、こちらのダークブラウンはかれこれ6年チョイ愛用しております。2016年度もあっぷり愛用しましたので、こんなザマにicon11

くたびれておりますicon11
埃だらけで、アッパーのレザーはカッサカになっておりますicon11。経年変化と言うよりも経年劣化ですやんw。
オイル・メンテナンスしてもオイルが乾くと白っぽくアッパーが色落ちしてるのが分かるのですが、これを色濃く復活させるのが補色メンテナンスです。

こちらがメンテナンス後。
チョコレートカラーに復活face03

【Before:メンテナンス前】
【After:メンテナンス後】
補色メンテナンスの良いところは、カラーを上塗りすることによって、色濃くなることは勿論アッパーレザーの小傷が目立たなくなることが大きなメリットです。

【Before:メンテナンス前】

【After:メンテナンス後】
アッパーの小指側がレザーにテンションが掛かるので、オイルレザーに従来含まれているオイルも拡散されがちでど~しても色が薄くなりがちな部分なので、特に補色をほどこしました。

【Before:メンテナンス前】

【After:メンテナンス後】
当然フォルスタンも取り外し、洗浄、オイル補充を行った後補色メンテナンスを行っています。

【Before:メンテナンス前】

【After:メンテナンス後】
ブーツの先端は軽く艶を出すため、クリアの磨きクリームで柔らかい布でこすって適度に艶をだしてます。
セミドレスとか綺麗目系のブーツならもうちょい艶だしたりブーツの系統により調整しています。

【Before:メンテナンス前】

【After:メンテナンス後】
補色することで、本当に傷が隠れて綺麗になります。
ヒールがかなり減っていますが、5年以上頻繁に履いてこの程度ですから今更ながらヴィムラムソールの品質の高さを実感しています。

【After:メンテナンス後】
コバは市販されているコバインキで補色した後、要らない柔らかい布で拭き取り磨いています。

補色メンテナンスのやり方とポイント
メンテナンスは至って簡単です。
を行って下さい。
オイルメンテナンスを行った後は1日以上置く
それがポイントです。
カラークリームは靴用で色々ございますが、どこのメーカーが良いとかありません。
2度塗り、1度目は明るい色、2度めで同色を補色
するのがポイントです。

年末ですからね。ブーツもリフレッシュさせて新しい年を迎えましょう。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 10:29│Comments(0)お知らせメンテナンス(ブーツ)
前のページ
次のページ