新着情報トピック

本気で職人さんになりたい方養成致します (2016年09月03日)

おはようございますicon01

も~9月ですよ。一年って本当に早いですねぇ~(遠い目)kirakira
ちょい2週間ぐらいブログサボっておりましたが、ちょっと準備してることがございました。
調整が整ったので本日発表致します。


本気で革小物・鞄職人を希望される方へ無料の養成講座を開設致します

革職人になりたいって思った時どうすれば良いんでしょうか??

まず、思いつくのは独学。結構大変ですicon11
専門学校とか?お金がかかるし、社会人だと仕事もあります。
職人さんの元にワークショップ的に弟子入りする?それもお金が掛かることが多い。

私が日本経年変化協会でやりたいことは、色んなアイテムのご紹介だけでなく、日本のモノ造りを支える職人さんを応援したいこともあります。

昨年より、職人さんをど~やって養成して育てていこうか?と考えておりました。


養成講座募集要項

今回の養成講座では
『本気で将来、職人として独立して生計を立てていきたい。』
と考えているかたに限定させて頂きます。
したがって、面接させて頂きますkabinkusa

【募集要項】
性別   : 男女問わず
年齢   : 20歳~30歳迄
募集人数 : 1名~2名
場所   : 兵庫県姫路市花田町小川1137-1
指導回数 : 週1回~(ご希望を考慮致します)
月謝   : 無料
指導職人 : 椎名賢

【その他・備考】
・養成講座ですが、学費を頂かないので『お客様扱い』は致しません。
・卓越した技術を持つ職人である『椎名賢』氏の弟子入りであり、雇用でもないので給与は一切発生いたしません。
・ある程度の製作技術が身についた時点で『アシスタント』に昇格した場合は製作に応じて報酬が発生致します。
・当協会企画アイテムの製作を通じて、職人に必要な知識、技術を習得して頂きます。
・もちろん、ご自分で製作したいアイテムも製作して頂き、その際の指導もさせて頂きます。
・将来の独立に必要な革や機材の仕入れルートなど人脈もご紹介させて頂きます。

【お問い合わせ・面接について】
・面接は日本経年変化協会の会長、椎名賢氏の両名で行わさせて頂きます。
・人柄と情熱的な部分、職人に必要な素養を選定基準とさせて頂きます。
・お問い合わせ、面接希望の方は下記メールアドレスまでご連絡下さい。追ってご連絡差し上げます。
  contact@agingjapan.com

職人はずっとミシンをやっているイメージがございますが、一つの作品を作り上げるのに、ミシンの割合はごく少しです。
「ミシンは自転車に乗るぐらいの感覚で出来て当たり前。」
と言うのが今回師匠になって指導してくれる鞄職人の椎名賢氏は言います。
レザーと言ってもクロム、タンニンなど鞣しによって異なり、仕上げによっても大きく異なります。
アトリエの周りには数多くのタンナーが存在し、レザーにも精通できる環境です。私自身もモットーがありまして
「実戦に勝る修行はない。」
と思います。上達するには一番の近道かと思います。

製作の技術がある程度の所まで上達すると面談の上『アシスタント』になって頂きます。
製作における一つに工程をお願いします。
独立後は外注としてお仕事をお願いできるまでになればと想っています。


現在3名のお弟子さんがいらっしゃます。
女性や海外の方もいらっしゃいます。
今後、兄弟子となって情報交換ができると思います。

皆さん、別にお仕事をされている社会人の方々ですが、休みの日に通われております。
直接椎名賢氏に弟子入りを志願された方。モノ造りに興味を持っていた方に私が声を掛けたメンバーです。
今回一般に公募するのは初めての試みです。

まだまだ、私達も小さな組織ですのでこれぐらいしか出来ませんが、モノの魅力やハンドメイドの魅力を伝えていければと思います。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 11:36│Comments(0)お知らせ
前のページ
次のページ