新着情報トピック

年2回で数ができません!! (2016年05月20日)

こんにちはkabinkusa

スキン専用ケース『Dear Skin』の完成予定日が6月の第2週始めになりそうですface03
かなりの数の予約オーダーを頂戴しましたicon11

当協会で直販自体が昨年からの試みであり、予約に関しては初めて試みたので私もスタッフも想定以上のご予約にてんやわんやしておりますicon11

スタッフの報告でメールの宛先間違いなどのミスがあったそうで、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

『Specialite & Entree WEB SHOP』への掲載はご予約頂いた方を優先にしておりますので、どれぐらい掲載できるか不明です。
詳しくは把握しておりませんが、完売カラーも発生したと聞いております。
いつも応援、支援頂けて感謝感激です。

スタッフが
「追加製作はど~しましょう?」
と言ってきました。
商業上の常識として売れる商品は作り続けるんでしょうけど、『Dear Skin』に関しては、ずっとラインナップしたいけど、正直無理ですicon23
スタッフは製作現場知らないから、素材があればすぐに出来ると思ってるのかも・・・。


一日フル稼働で2日かけて2個しか出来ない。磨きだけで丸一日掛かるんです。
春と冬の年2回だけのリリースです。

スキン専用ケース『Dear Skin』は革小物です。
使用するレザーの量も少ないサイズも小さいので、「すぐできんじゃね?」と思われがち(現にうちのスタッフも思ってた)ですが、実は簡単な鞄を創るより手間暇かかっております。

2枚のスロットを搭載した革小物ですが、革の断面であるコバは昔ながらの伝統的な技法である切り目本磨きで手作業で磨いております。コバを湿らせて磨いて、乾かして、また磨いてとこのサイクルを何度も繰り返すので、2枚のスロットを製作するのに張り合わkせや縫製を併せて2日もかかります。
『Dear Skin』は一日2個しか出来ないんですよ。

素材も今回の製作の為に数が製作できるよに用意しましたが、何と言っても製作にはその手間隙が半端ないface08
一日中磨き作業ってのはある意味拷問ですよ(笑)。
本当は4月にリリースする予定だったんですけど、今回パターンを見直し、試作を繰り返しての製作でしたので、かなり遅れました。
『Dear Skin』を製作すると他がまったくできないと言うアイテム故に
春と秋の年2回しか製作致しません!!ってか出来ません(笑)。
なので、今回の製作の後は今年の年末まで待っていただきたいなぁ~と思います。


元々、日本経年変化協会は何か商売するわけで設立した事じゃなくて、ハンドメイドの素晴らしさや長くメンテナンスしてモノを大切にしていくことを主体としていました。
その想いを伝えるため、商品企画を始めたわけです。
メーカーさんが製作できないぐらいの品質をアトリエから適正な価格でお届けして、ハンドメイドや高品質な素材の魅力を感じて欲しいと思います。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 21:00│Comments(0)お知らせEntree
前のページ
次のページ