新着情報トピック

コードバンアイテム完成しました (2015年08月29日)

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

朝晩に秋の虫の鳴き声が聴こえてきましたtanuki
日中は暑いですけど、楽しい夏が終わっていきますねぇ~。

今回、仕入れたコードバンでアイテムを製作してみました。
9月の初日にSpecialite & Entreeの通販サイト(簡易版)がオープン予定ですので、そこで少しリリースできるかと思います。


コードバン採用で高級感がグッとましたカードケース『Pack』
今回製作したのはこちらkirakira

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


前回ご紹介させて頂きましたカードケース『Pack』の外装をコードバンで仕上げました。『Pack』の詳細は過去記事をご参照下さい。
今回、国内で唯一のコードバン精製を行う有限会社新喜皮革さんのコードバンを採用していますface03
新喜皮革さんのコードバンの詳細は8月1日に参加してきた工場見学の過去時期をご参照下さい。
コードバンは革の宝石kirakiraと言われております。
独特の質感と艶が良いですねぇ~。


インナーキャメルヴァージョンは3色のカラー展開
今回の仕様は外装パーツをコードバンに。内装パーツにはオリジナル皮革の『Pate』(牛革)のキャメルを採用しています。
オールコードバンにしても良かったのですが、あんまりかっこ良くなかったicon11ので、コードバンと牛革のコンビネーションの仕様にしています。ちなみに内装パーツは丘染め染色ですので、飴色に焼ける経年変化を楽しめます。
内装にキャメルを採用しているコードバンは3色に決めました。

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : ボルドー
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


ボルドーのコードバンが欲しかったので採用face03

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : バーガンディー
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


意外と人気カラーなのがバーガンディーface08
私は自分用はバーガンディーをチョイス(笑)。関西ですので阪急電車カラーと私は呼んでます(笑)。

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : モカ
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


で初の採用となるモカーカラー。
新喜皮革さんで見た時にあまりにも綺麗だったので今回仕入れてみましたkuma


ネイヴィーだけはキャメル合せると変なのでインナーパーツはブラックにしました
実は一番人気カラーがネイヴィーですface03
あえてつや消しのネイヴィーが気に入ったのでインナーキャメルが色の組み合わせ的に合わないのですがコードバンのカラーがカッコ良かったので承知の上で仕入れました。

商品名 : カードケース『Pack~Cordvan Ver~』
価格 : 17,000円(税別)
ブランド : Specialite
カラー : ネイヴィー
企画 : 日本経年変化協会
製作 : 椎名賢
素材 : コードバン(馬)/牛革


案の定、製作担当の職人である椎名君からもキャメルが合わないよと指摘されました。だからネイヴィーだけこうしてみました。

内装パーツはブラックのレザーを採用kirakira
カラーはブラックですが同じくオリジナル皮革の『Pate』(牛革)を採用しています。インナーパーツがブラックになったことより縫製糸のカラーもしっかり配慮して黒糸で縫製しておりますface03


内装パーツの素揚げの染色仕上げはレザー好きには堪らない質感です
今回コードバンと牛革のコンビネーションめっちゃ気に入ってますface05


『Pate』(牛革)の仕上げは丘染め染色の素揚げに近いので革らしい革と言う表現がピッタリです。
コードバンの高級感と革らしい革のこのギャップが堪りませんface03。個人的な好みですけど(笑)。


刻印が綺麗に入るのも表面に塗膜加工や顔料がない証拠なんですけどね。
120度ぐらいの高温に熱した印で刻印を施します。
ブラックもやっぱりえ~な~とシミジミkuma


コバは全て磨いてから染色しています。
しかも全て染色カラーもコードバンのカラーに合わせて染料を混ぜて染料のカラーづくりからやってます!!

コバは全て磨き作業で仕上げております。
コードバンにキャメルやブラックのレザーをコンビネーションしてるからコバはどうなってるの?と言われそうですがコバはこの通り。

磨いてからコードバンにカラーに合わせて手作業でコバを染色しています。
コードバンに合わせてと言ってもそんな染料はないので、色んなカラーの染料を混ぜあわせて色合せを行ってます。
絵の具を混ぜるようにしてコードバンのカラーに近づけて行きます。これはも~勘。

素材だけでなく、製作技法まで拘った逸品に仕上がりました。
もう間もなくリリースです。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 10:54│Comments(0)お知らせSpecialiteオススメの逸品
前のページ
次のページ