新着情報トピック

追加製作の『Emma』について (2014年12月15日)

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

寒~い。先日神戸ですが、ミゾレ?雪?icon04みたいなもんが振ってまいりました。
本格的に冬将軍到来!!ですなicon11

姫路レザー有限会社とコラボして企画プロデュースした皮革素材アルコタンニンレザーを使って、職人さんたちのハンドメイドで逸品を創りだしたコラボブランドArc Crafts姫路レザー有限会社は商社機能も持っていて国内外の有名皮革も扱っているので、それらを採用したコラボブランドWorld Leather Craftsとコラボブランドが2本立てになっております。販売は現在姫路レザー有限会社の直営店舗であるHoney Hills神戸本店のみでの販売となっております。

実はコラボしてるっても日本経年変化協会は商品企画開発でご協力させて頂いているだけで、販売は一切ノータッチicon23なので、販売価格とか在庫とか基本原則把握しておりませんicon11。スンマセンicon11。お手数ですが、販売店舗であるHoney Hills神戸本店姫路レザー有限会社にお問合せよろしくお願いします。

まぁ~販売価格とか在庫とか質問されるケースが多いのですが、それは分からないとしてアイテムについての仕様などについてはお応えさせて頂くようにさせて頂いております。ここ最近チョクチョク質問されるのが、追加製作されたショルダー・トートバッグ『Emma』について。
追加製作だったので、こちらで紹介せずにHoney Hills神戸本店のブログで紹介されたようですが、
「初回製作と何が違うの???」
と言うご質問がありましたので、こちらでご紹介しておきます。


一言で言うと『パーツの皮革の仕上げが変わった。』特徴は『よりレザーらしく、経年変化します。』ってこと。
今回追加で製作した『Emma』はデザインや副資材など一切変更を加えていません。

Shoulder Tote Bag Emma (Mocha×Camel) : 78,000 + Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina
Material : Arco Tannin Leather (Cowhide)
Handling : Himeji Leather Co., Ltd.
Distribution source : Honey Hills Kobe head office


写真を御覧頂いて分かる通り、変更はございません。
製作も鞄職人椎名賢氏によるハンドメイドであります。
ただ本体はシュリンクレザーを採用していますが、ハンドル部分や根付部分など所謂パーツ部分のレザーが仕上げを変更したニューバージョンkirakiraになっています。
アルコタンニンレザーのラインナップで所謂何の変哲もないヌメ革に相当するものとしてアルコベーシックと言う皮革素材のラインナップがありますface06。最初、皮革の変色、色落ちを防ぐと言うことで溶剤が少し採用されておりましたが、経年変化を想定して製作するのであれば、丘染め仕上げだけで仕上げて欲しいと強く要望して今年の夏からアルコベーシックは全て丘染め仕上げになっています。
つまり今回追加製作した『Emma』は初回製作の『Emma』よりパーツ部分の経年変化が強調される仕様kusaと言うことになります。

上記写真の『Emma』は店舗でも好評のベーシックカラーであるモカ×キャメルになりますが、使い込むとキャメルの部分が飴色に近い経年変化をお越し、艶が出ると想定されます。違う部分と言うとそれぐらいかなぁ~kuma

せっかくなんで、初回製作にないカラーを少し追加しました。

Shoulder Tote Bag Emma (Mocha×Green) : 78,000 + Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina
Material : Arco Tannin Leather (Cowhide)
Handling : Himeji Leather Co., Ltd.
Distribution source : Honey Hills Kobe head office


本体はどんな服にも会うように人気で定番のモカのシュリンクレザーを採用していますが、パーツカラーをグリーンにしてみました。


初回生産の『Emma』はパーツは全てキャメルで統一したのですが、グリーンにするだけで随分雰囲気が変わりましたface08
グリーンもアルコベーシック丘染め仕上げ仕様ですkirakira
乾いたグリーンですが、使い込むことによって期待される経年変化は色が濃く(深緑)になり、凹凸部分に艶が出る経年変化を期待できます。姫路レザー有限会社の埴岡社長はご自分でグリーン×モカを購入されておりました(笑)。ちなみに社長自分で所有されている『Emma』は2個めicon11。同じ鞄を2つもと思いますが、実際お客様の声とか訊くと男女問わず使いやすいそうです。『Emma』はインナーベルトで形が変形してノートPCとかも入るのでちょうどえ~んでしょうね。

(画像提供:Honey Hills神戸本店

こんな感じで使ってくれているそうです。スタッフさんからパパラッチした写真で報告済み(笑)。
販売・取扱元の社長さんが気に入ってくれているので嬉しいことですが。


ちなみに、私のイチオシはこれ。ホンマの革好き・愛好家に。普通メーカーでできへんもん。
ご期待頂いてる皆様、勿論、私追加製作と言うと変わり種を混ぜております(笑)face03
今回は2個しか限定で製作できなかったもので、製作担当の職人である椎名賢氏も。
「会長、これ毎回できませんよ?」
と言われた仕様です。毎回できませんし、多分これが最初で最後かも?です。
マニアック過ぎて、店舗のスタッフさんも気付かないものでしたからね。でもホンマの革好き、愛好家に喜んで頂きたい仕様です。
それがこちら。

Shoulder Tote Bag Emma (Camel×Camel) : 78,000 + Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : ken Shiina Design Laboratory Representative Ken Shiina
Material : Arco Tannin Leather (Cowhide)
Handling : Himeji Leather Co., Ltd.
Distribution source : Honey Hills Kobe head office


こちらのキャメル×キャメルの組み合わせkirakira
初回製作分にもこの組み合わせはありましたが、今回はパーツの皮革素材の仕上げの変更は勿論、本体のレザーにちょっとした遊び心を加えています。

遠目で見ても分からないので、少しズームアップface08
本体がシュリンクレザーのはずなんですが、シュリンクではありません?
えっとじゃぁ~スムース??
ノンノンicon23

基本的に多くの鞄は内縫と言う縫製で、鞄本体の袋を縫製をしてからヒックリ返すと言う作業・工程が発生します。
ひっくり返す作業の時、通常スムースレザーを採用すると皺がレザーにどうしても入るので、鞄の多くが皺が入らない、シュリンクレザーが好まれて採用されます。

一言にシュリンクレザーと言っても安価なものは型押し(要するにシュリンクの柄のハンコ)してシュリンクの模様を施すのですが、姫路レザー有限会社では型押しを採用せずに、レザー本来の自然なシュリンクが出るように皮革精製を行っています。
レザーは天然素材であるため、どう~してもシュリンクが出ない部分が発生してしまうことがあります。今回、キャメルで奇跡的にその部分が出たので敢えてそこを採用してもらいました。別にシュリンクがないからと言っても皮革に損傷があるわけでなく、むしろ厚くてで丈夫なんですけどね。

もうちょっと拡大するとこんな感じ。
シュリンクか?と言うと違うし、スムースか?と言うにはレザー本来がもつ皺感がある。
これ新品の時はキャメル×キャメルと言う同系色のコンビネーションなんですが、今回はパーツのキャメルが使い込むと飴色になるので、使い込んだらまったく別の表情でレザーらしい逸品になります。

革好きにはこれは行って欲しいところですface03


お問い合わせ先
何度もくどくて申し訳ありませんが、日本経年変化協会では販売業務を一切行っておりませんicon23
つきましては、販売店舗のHoney Hills神戸本店までお問合せをよろしくお願いいたします。
一時土日祝の営業でしたが、今月から通常営業に戻り(水曜日定休日)営業されておられるそうです。

(画像提供:Honey Hills神戸本店

ちなみに今回の追加製作分の『Emma』Honey Hills神戸本店のブログで紹介されております。
多分私より写真やアイテム紹介が上手なんで、是非併せてご確認の上、お問合せよろしくお願い致します。

【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日


前のページ
次のページ