新着情報トピック

使って改良したゴブリン (2014年05月25日)

こんばんはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

だんだん、暑くなってきましたね。日中は半袖でもOKみたいになってきましたface08
今年の7月に神戸のトアウエストにオープン予定の姫路レザー有限会社直営店舗であるHoney Hills神戸本店さん用にも一つ企画プロデュースさせて頂いたアイテムが出来上がったのでご紹介致します。


ゴールデン関数の名作バッグをスペシャルに改良すると
ゴールデン関数ってご存知ですか?
丁度良いオールマイティーな数値ってことですが、ショルダーバッグに適用するとこうなります。
ショルダーベルトにベルト調整のバックルが存在しませんface08
これは誰にでも丁度良い長さであるゴールデン関数を用いているので、老若男女何か丁度え~塩梅になると言う優れものなんですな。
製作は神戸は元町にあるGum-A-Mama Leathersの代表である本田氏。真っ赤な極上ヌメ革で最高の逸品を作り上げるR-18プロジェクト真っ赤なワレットを製作してもらっている職人さんでもあります。
本田さんの創るアイテムと人柄が大好きで、一緒にコラボしてもらってます。年齢も一回り私よりも年長で、私が思春期な頃に
「かっこええなぁ~」
と憧れていたカルチャーの大先輩であるわけで、今日本経年変化協会でやろうとしていることを一番理解してくれている職人さんのお一人でもあります。そんなGum-A-Mama Leathersのラインナップにゴブリンと言う鞄がありますが、実際に私が使ってみて改良して欲しいポイントをまんま改良しました。高くつくよぉ~と言われましたが、クオリティー重視です(笑)。
従来のゴブリンは柔らかい革で製作することを前提とした型紙ですが、今回はある程度の硬さや厚みがある革で製作できるようにお願いしました。製作する側としては「作りにくいし、大変!!」と言う意見がありましたが、そこはケセラセラ聞かなかったことにicon11。もちろん素材はアルコタンニンレザーを採用。今回はグリーンを採用していますが、実際には5色展開になる予定ですface06
色々改良を加えているのですが、詳細は後日として一番、嬉しかったことを紹介します。


大好きな職人と彫金師のコラボを実現してみました。周囲には叱られましたが・・・
従来のゴブリンの欠点はポケットの使い勝手icon11
ポケットの開閉がしにくいので、なんとか、使いやすい工夫ができないものか?市販品の副資材はなんかダサいし・・・。
実は1年以上前かな?Gum-A-Mama Leathersで彫金師の38 Silver Worksの代表である宮達朗氏に出会ったのは。宮さんは同い年の彫金師さんなんですが、当初茶髪で「何や?この兄ちゃんは?」って感じでしたが、実はメッチャいい人でした(人をみかけで判断してはいけせん!!)。ちなみに今はモヒカンです(ツッコミどこ満載な方です。)
1年後しで製作しようとしていたのがこちら。
真鍮製のシャックルなんです。パーツ点数が多いので、鞄の為に型紙を起こし数万円使ってこのシャックル一つで巷にある鞄が買えてしまうと言う・・・。従来のモノ作りでは許されないコストの掛け方になってしまうので、周囲からは反対の声が上がった。私は思いました。
「だって僕メーカーじゃね~もん。日本経年変化協会は趣味だし!!」
メーカーができないことを、やってクオリティー上げるのは趣味のマニアの恐ろしいところでございます。
でも見て見てこの完成度。彫金師がハンドメイドで製作するシャックル。側面にはGum-A-Mama Leathersの刻印が。
もう側面には38 Silver Worksの刻印。
まさにこの鞄のためだけに作ったスペシャルな逸品にワクワクしません?
実は見えないところにもこだわりあるんですよ。

シャックルを外す時はトリガーを引くのですが、その時リボルバーの銃のように内部にも細工してあるんです。
これぞ究極の自己満足kirakira。うひゃひゃface03
メーカーの企画担当者なら確実にボツにされるこの良いのか悪いのか評価できないこだわり最高face03
うひゃうひゃface03
鞄本体の開閉はチャックで行いますが、WALDESを採用。
ちなみに写真は鞄本体がグリーンなので綿テープカラーは生成りを採用していますが、鞄の本体のカラーによって綿テープのカラーは全て指定しているので、単体発注で凄く高くなりました(笑)。細かいところをこだわらないとアイテムの全体のバランスがおかしくなると私は強く思います。
金属パーツは全てブラス(真鍮)を採用しているので、鞄がクタクタになるまで使って最高にカッコ良い経年変化を味わって貰える逸品になりました。
私は単車に乗るのでタイトなパンツを穿くこともあり、その時、リアポケットにワレット突っ込むとパツンパツンになるんで、実はこの鞄はワレットを収納してワレットチェーンを装着できる、これまたニッチなニーズに応える構造になっております。

経年変化を考慮した素材選定と構造だけで徹底したクオリティー追求だけで生まれた鞄を是非一度好きな人は堪能して頂きたいと思います。Honey Hills神戸本店さんの店舗に10個だけ並びますが、そのうち3個は今回私が企画した馬革ヴァージョン製があります。それもお楽しみに!!価格は?Honey Hills神戸本店さんに訊いて頂ければ(笑)


同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 14:41│Comments(0)お知らせArco Crafts
前のページ
次のページ