新着情報トピック

ジーンズを洗うタイミングと洗い方 (2011年12月31日)

おはようございます。日本経年変化協会です。
本日で2011年が終わってしまいますねぇ~。毎年大晦日になると感慨深くなります。今回このようなブログを書くことは初めてですが,何とか上手く書けてるのか?など色々思うところがありますface06

さて,さて,今回ご質問が多かったテーマとうとうピックアップしたいと思います。テーマはそう,
ジーンズの洗うタイミングと洗い方です
ジーンズの穿き方や穿く頻度などにもよるので一概にこれが正解ってことはないです。私を含め友人のメガネ@部長などが洗っている方法を当協会では基本として紹介したいと思います。

ジーンズ穿き始めに適した季節
新品のジーンズを購入して穿き始めるのに最適な時期があります。それは秋~冬にかけてが一番最適だと提案させて頂きたいです。
ジーンズは極力洗わない方が良いと言われますが,デニム生地が厚い新品の状態では,まずしっかり穿き込んで身体にあったアタリを刻み込んでから洗濯すると美しいエイジングが現れやすくなります。ジーンズも綿製品ですので,最低限の洗濯で清潔に保たなければ生地が劣化して破損してしまうため,適度な洗濯は必要となります。
ジーンズにとって一番の天敵が人間の汗です。夏場はどうしても汗を掻いてしまいます。汗をかかない季節秋~冬から穿き始めると汚れなければ数ヶ月は綺麗に穿くことが出来ます。なので私は夏にジーンズを購入しても暑さがおさまるまで穿きたい気持ちを抑えて我慢しています(笑)。

生デニムとワン・ウォッシュ
新品のジーンズを購入した場合まずそれが生デニムなのかワン・ウォッシュされているのかを確認しましょう。ジーンズ愛好家の方は見て分るかと思いますが,入門者はジーンズを購入するショップ・スタッフに確認すると良いでしょうface06
生デニム
の場合は一度洗剤を持ちいらずに洗濯機で洗濯をし,乾燥機で乾かして生地を圧縮する必要があります。洗濯後裾直しをするのが通常です。販売店ではお客さんの利便性を図って生デニム洗濯する作業をあらかじめやってくれることもあります。それをワン・ウォッシュと呼びます。

ジーンズを穿く頻度
それは毎日穿くのが理想でしょうけど,大学生であれば可能ですが,私達のような社会人になると大半の方が会社勤めをされるわけで,普段はスーツですので週1~2回って方が多いのではないでしょうか?週1~2回のペースなら半年は洗わない方が良いでしょう。でも毎日穿くことは可能です。それはお家の中で穿くことです。帰宅したらジャージではなく,ジーンズを穿いてご飯食べるとかそれでも十分です。
ちなみに私の友人のメガネ@部長は
「僕は毎日穿いてるよ。スーツとか着たくないし」
ってあんた営業でしょ・・・。仕事ちゃんとしてるの(笑)?

穿き込み最初の洗濯するタイミング
穿き込み〇〇で洗濯ってのは穿く頻度により異なるので,厳密なことを言えませんので,今回悩んでいましたface07。私達は長年ジーンズを愛用しているので,暗黙のタイミングがあってそれをブログと言う媒体で伝え辛いと思っていたからです。
ここで頼れる友人メガネ@部長(笑)。ジーンズをみれば洗濯するタイミングが分るとのこと。そうかそれを私は長年の経験値だと思っていました。それは

ジーンズのエイジングの魅力の1つでもあるヒゲを見れば分るとの事face08。穿き込み開始1回目の洗濯は

ヒゲが太ももの外側までびっしり入ったころが穿き込み開始1回目の洗濯のタイミング
ってことは写真のジーンズはまだ洗濯せずに穿き込む必要があるとの事です。
時々ジーンズを広げてヒゲの入り方をチェックしてみてください。

洗剤を使うべきかどうか?
基本使うことを奨めます。やはり衣類は清潔に保つ必要があるので。漂白剤はNGですが,中性洗剤は色落ちによる被害は少ないと思われます。

手洗いか洗濯機か
手洗いが生地を傷めないのでベストなのかもしれませんが,手洗いは難しいので洗濯機を使っても大丈夫でしょう。私も洗濯機で普通にあらっています。
メガネ@部長がでぃーぷ神戸と言う不思議なブログを書いておられます。そこにジーンズを洗濯機であらう方法を書いているのでご参考にすると良いのかもしれません。ブログに出てくるお店は神戸のジーンズ愛好家の間では有名なお店です。

今は寒い時期なんでジーンズを穿き込むには最適。2012年度新年そうそう穿き込むってのも良いですねぇ~。



同じカテゴリー(修理・メンテナンス(デニム))の記事画像
洋服の寿命と延命のさせ方【おまけ】家庭でのデニムの洗い方
同じカテゴリー(修理・メンテナンス(デニム))の記事
 洋服の寿命と延命のさせ方【おまけ】家庭でのデニムの洗い方 (2016-04-12 15:18)

Posted by エイジングマスター at 10:00│Comments(0)修理・メンテナンス(デニム)
前のページ
次のページ