新着情報トピック

育てる鞄に仕立てました。 (2016年02月24日)

こんばんはkabinkusa

知人の通夜に参列し、帰りに一杯誘われてからのブログ更新です。
明日にしようかなぁ???と思ったけど嬉しくてご報告です。

先日、オリジナル皮革素材でダコダ調仕上げのレザーをご紹介させて頂きましたが、『Sel(セル』と命名しましたface03
厚み1.8mm厚。ダコダ調で歩留まりの良さはオールマイティーに使えるため、調味料でもっとも多用される『塩』をフレンチ流に呼んだものです。

今回昨年から完売してから再製作のご予約やお問い合わせを頂いておりましたショルダー・バッグ『Lance』を今回早速『Sel(セル』で製作してみましたが、その完成度は抜群でございましたface03。今週末には販売できるようにスタッフに伝えておりますtanuki


染料とオイルだけで仕上げたレザーは使い込みオイルが浸透することで色濃く照りのある経年変化を演出。
定番のブラウンと待望のグリーンをリリースします


ショルダー・バッグ『Lance』
価格:60,000円(税別)
ブランド:Entree
素材:牛革(脱クロム鞣し、オイル染色仕上げ)
概算寸法:27cm×37cm×10cm
概算重量:約0.8kg
カラー:グリーン/ブラウン
企画:日本経年変化協会
製作:椎名賢

断言します。今までで一番しっくりくるレザーです。企画の私も製作した鞄職人、椎名賢氏も実感する品質のレザーですkirakira
ブランドのレギュラーレザーにするつもりですkuma。他のアトリエの職人さんたちも今回『Lance』の実物を見て

「このレザー譲って頂くことはできますか??」

と言われるほどでした。商社とか大量に言われるとこまるので、個人やアトリエの職人さん達に後日素材の販売も開始予定ですが、まずは全然自分の企画で使いたいので当面は独り占めです(笑)icon11


最も問い合わせが多かった『緑のレザーで鞄が欲しいです』にお応えました。
照りのあるモスグリーンまで育てて下さい!!

実は、一番多いご要望が『緑の革の鞄』なんですよね。
最近そう言えばグリーンのレザーアイテムって見かけなくなったなぁ~tanuki。ってことで企画製作行いました。

めっちゃエ~感じface03
オーダー予約がございますので、5個ぐらい在庫があれば良いですがicon11。どうなんでしょ??
思ったよりグリーンが薄いと思うでなかれkirakira
染料とオイルだけなので若草色ですが、『Sel(セル』は革職人でもヌメ革と見分けがつかないほど、タンニン成分を多量に含んでおり、仕上げは染料とオイルのみの仕上げですので、長年使い込むことによって日焼けやオイルの効果で色濃くなり照りのある経年変化を演出します。モスグリーンのような色濃い緑になってしまいますface06

スムースでもなく、シュリンクでもない。革本来の表情であるダコダ調の仕上げです。
当然レザーによってその表情は千差万別ですkirakira

ショルダーにはレザーではなく、太めの綿テープを採用しています。
ショルダーの長さ調節が任意に好みの長さに設定されます。
ベージュの綿テープは使うと汚れるのでは??とご質問頂いた事がありますが、あんまり汚れないですよkuma
私は雨風にさらされる状態でも使ってますがノーメンテで特に問題ないショルダーベルトです。

『Lance』のお気に入りポイントはフラップを開けた時の表情が大好きでございますface05
特に、『Sel(セル』を採用して、革表面の微小な凹凸が革本来の重厚感を演出してくれているように思います。

全て鞄本体と同素材のレザーを薄く漉いて、革テープを別途製作し、一寸の狂いもなく縫製しているこの美しいルックスは製作の椎名君流石って思えますicon09。縫製糸にはレザーと同系色の糸をあえて採用せず生成りカラーの縫製糸を採用しています。腕に自信があるからこそ縫製糸のカラーですらヴィジュアルデザインとしています。

鞄の裏地にはチノ生地を採用。所謂綿ですね。
フラップを開いた際、鞄の前胴に設置されている二つの大きなポケットが実用には驚くほど便利です。

実はポケットも一枚革を縫製とパターンで2箇所に設定しています。
このパターンでポケットにマチが発生し、容量のある飾りではない実用性の高いポケットになっていますface06

A4サイズ対応ですが、マチ幅も10cmと十分に確保しており、見た目以上に荷物が多く入るような気がします。
鞄の背胴内部にはフラップ式の大きなインナーポケットを設置しており、私は貴重品(通帳とか大切な書類)とか入れてますkuma

たすき掛けで持つとこんな感じkabinkusa。もちろんワンショルダーで持っていただいてもOK。私はワンショルダーですよ。
緑のショルダー・バッグ良いですface03


定番のブラウンはまさに『ザ・レザー』革の鞄と言う感じにしたかった。
レッドウィングのオロセットレザーのブーツのカラーになるまで育てて欲しい!!
次は定番のブラウン。
ブラウンも生成りが焼けたようなパステル的な印象を受けるでしょうface06
安心して下さい新品の時だけですよ(笑)。
何度も云いますが『Sel(セル』は染料とオイルだけの仕上げで一切薬品を仕上げで使っていないので、焼けます。オイルが浸透して色濃くなります。レッドウィングのオロセットレザーのブーツみたいな赤茶になりますface08
ある意味定番が故に育てがいがメッチャあると思います。

『Sel(セル』のこのダコダ調の表情が本当に私は好きです。
姫路レザー有限会社で手がけようかと思っていましたが、思うように他のレザーも仕上がらない事があり、2年ぐらいずっと暖めていた種類のレザーでやっぱり、出来上がってうん。感動。

やっぱりブラウンもえ~わ~と椎名君と二人で感動。
赤茶になるまで育ててぇ~face03

実際に持ってみるとこんな感じに。

ブラウンはやっぱり定番だから良いなぁ~。
定番はずっと作り続けると思います。


ちなみにアッチの『Lance』の経年変化も見て見て(笑)。毎日使えばノーメンテでも良いぐらい。
ちなみに私はプロトタイプの『Lance』をテストで使っています。
栃木レザーの生成りですが半年ほぼ毎日使ってこの状態です。

今回のブラウンと変わらないぐらい日焼けしております(笑)。
型崩れが気になったので、リリースモデルはすべて芯材が採用されているので、ここまで型くずれしませんkirakira
そのための使用テストなのだicon09

半年以上毎日雨の日も夏も冬も使ってますが綿テープのショルダーは全然汚れません。
ちなみに新品の状態これですからね。

そう思うと半年ちょいで頑張ったと思いません(笑)??
ちなみに半年ちょいで毎日使っておりますので、私は未だノーメンテナンス。雨とかに濡れてもケ・セラセラです(笑)。
気に入ったらヘビロテで使えるような鞄じゃないと意味がないと思うので。


『Lance』は最低5年かけて育てて欲しい。育てるコツは??
基本私のモデルは『Lance~日本経年変化協会会長モデル~』で販売され、スタッフに訊くところによると完売状態らしいですicon11
未染色のフルタンの栃木レザーなので、経年変化はそりゃ早いですが、ある程度の変色の経年変化が発生するまでは扱い難しいです。

今回リリースする仕様は最低5年かけて経年変化させて欲しい。染色とオイルのみなので、1周間に3回ぐらい使うならノーメンテでOKです。オイルは1年ぐらい雨に濡れようが必要ないです。レザーに含まれてますからね。

2年ぐらい使って土砂雨降りで濡れた時でオイルは良いです。

今回は育てる鞄となってます。
通販の販売は27日土曜日ぐらいを目処になっていると聞いております。
育てる鞄で長年愛用してくれる方のオーダーがあれば嬉しいですface02



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 00:01│Comments(1)お知らせEntree
前のページ
次のページ