新着情報トピック

革の鞣しから経年変化を予測する (2015年10月17日)

こんばんわkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

お詫びですicon11
ブログのコメント機能が上手く起動していないようで、コメントを承認してもコメントが反映しません。ブログ側の問題だと思うのですが・・・。
過去記事でコンドーム専用ケース『Dear Skin』を改良してリリースする報告をさせて頂きました。

早速かなりのご連絡を頂きました。コメントも「予約できますか?」的なコメントだったと思います。
凄く嬉しいですface03。予約だけで当初予定していた製作数に達しておりますが、パターンから見直し、改良しているのでご予約のご希望は嬉しいのですが、また改良版ができ次第ご報告させて頂きますので、ブログで現物を確認してから予約の受け付けを開始したいと思います。やっぱり形あるものを企画してるとモノを見ていただいてからの方がありがたいですkuma

さて、今回は皆様のご質問にまとめてご返答させて頂きたいと思いますが、内容はレザーアイテム好きのヲタクレベルface08で書かせていただきます。


最も多いご質問がこちら
実は色んなご質問を頂くのですが、いつも返答に困る質問の例を上げさせていただきます。

「レッドウィングの◯◯は経年変化しますか?」
「SchottとBUCO悩んでます。やはり価格が高い分BUCOの方がより良い経年変化しますか?」
「A-2が欲しくて悩んでます。バズリクソンズとリアルマッコイズどちらの経年変化が美しいですか?」

いや、マジな話返答に悩むんですけどicon11(笑)?
なので、今回この手のご質問に一気に答えようと決心した次第です。


そもそも経年変化とは何ぞや??
レザーアイテムの魅力は何と言っても独特の風合いの経年変化。
ようするにアイテムの使用感がそのままアイテムに反映されること。レザーだけでなくてジーンズの色落ちも含まれます。
ぶっちゃけると使用感は素材の劣化のこと。だから経年劣化が正しい。
これまたぶっちゃけると全てのレザーは使うと劣化する
では経年変化と経年劣化の違いは何ぞや。ずばり一言で表現しますkirakira
使用感が味わい深くかっこ良くなれば経年変化だ!!
カッコ悪ければ経年劣化だねicon11
でも経年変化が味わいだとしても味わいには人それぞれ好みがある。料理で言うと甘口が好きとか辛口が好きとか味覚に人それぞれ好みがあるのと同じかと思いますface06
レザーで言うとこの味わいの好みは
①レザーの仕上げによる違い。
②レザーの鞣しによる違い。
この2点だ。
レザーの仕上げは数えきれないほど多岐に渡るので、もはや説明不能icon11
なので、今回レザーの鞣しによる経年変化の違いを説明したいと思います。多分こんな特集組むのは日本経年変化協会ぐらいでしょうicon11。マニアック過ぎるから。さて、革の鞣しを
①タンニン鞣し
②クロム鞣し
③コンビネーション鞣し
④ヘビタン鞣し
⑤脱クロム鞣し
の5つの手法が代表的なので、5つの鞣しのレザーの経年変化の特徴を説明しますので、今後のレザーアイテムのお買い物で是非参考になればと思います。私はここ数年数々のレザーアイテムを企画して国内、国外の有名レザーを採用したり、タンナーさんと様々なレザーを企画して感覚的にそのレザーの経年変化が見えるようになってきました。その感覚的なモノをまとめるとこんな感じになります。

(注1)仕上げによっても左右されるので必ずしもではありません。
(注2)当協会の感覚的な主観による評価です。

評価の基準を
①変色による経年変化
②製品の可動部にシワが刻まれる経年変化
③革製品の重量。重さ。
④メンテナンスの頻度
⑤レザーの引き裂き強度(やぶけやすさ)
⑥耐熱(日光による日焼け)
⑦レザーの張り・分厚さ
⑧レザーの販売価格・相場
8つの項目で評価しています。

こうやって一覧で評価すると、変色やシワと言ったダイナミックな経年変化はやはりタンニン鞣し所謂ヌメ革なんでしょう。しかし、タンニン鞣しの革はメンテナンスをしっかりしないと破けやすいし、重たいし、なおかつ素材の価格が非常に高い。ぶっちゃけよう。タンニン鞣しのレザーの流通量など、レザー市場の10%前後だface06。ちなみに変色の経年変化は染色仕上げのレザーだけで、BUCOの革ジャンのようにレザーの表面に顔料を乗せると変色はない。茶芯は変色じゃなくて、顔料が剥がれただけ。

何か、レザーを特集した雑誌なんかは栃木レザーが最高のレザーだとか言ってつつ、Schottの特集でイチオシしたりしてるので少し笑ってしまう。現行品のSchottもライダースの老舗ブランドラングリッツレザーもクロム鞣し革だ。変色の経年変化は極めて控えめですが、引き裂き強度や耐熱が評価が良い。つまり丈夫なのはクロム鞣しの革って事です。レッドウィングのロガーブーツとかもあれはクロム鞣し革です。Schottも昔は、タンニン鞣しのレザーを採用してました。50年代のヴィンテージのワンスターとか馬革もあるぐらいでしたから。Schottは現行品も8万円前後でワンスターが販売されています。あれはクロムのレザーはタンニンよりも価格が安いことで抑えている事ができるとも言えます。ワンスターもタンニン鞣しに拘ると価格倍になるんやろうと思います。

レザーには一長一短あるのが鞣しの違いです。
各鞣しについては個別にブログで説明していきますね。

少々マニアックな内容にお付き合いお願いします(笑)。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 23:25│Comments(0)お知らせ用語解説(一般)
前のページ
次のページ