新着情報トピック

個人オーダーからの着手 (2015年05月13日)

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

私は自分の欲しいモノしか企画しない我儘企画プロデューサーなんですが、お世話になっている方々や仲良くして頂いている方々からの依頼で時々個人のオーダーで企画プロデュースをさせて頂く事がございますface06。(ホンマほとどんど無いんですけどねぇ~)

今回もコラボ先の方からのご紹介。
「革から自分専用で」
むむむkirakira
素材から自分専用で誂えたいとは相当の革ずき・・・。
恐らく一生モノが出来上がるでしょう。

複数のアイテムをご希望されておりましたが、私も需要を感じて企画していたアイテムをドンピシャで要望されたので、パターンは職人さんも頭に有りましたので、とりあえず試作第一号のたたき台を製作してみました。


銀行のクレジットカードとかキャッシュカードは割れたら困るから別にしときたい
ワレットをパンツのリアポケットに入れてると時々、銀行のクレジットカードとかキャッシュカードの少し分厚いカードって割れた経験ありません??私も『ケツ圧』でカードを破損してしまったので、ちょっと大切なカードを別に除けておきたいなぁ~と思っておりました。
時間が空いた時にカードケースを企画しようかと。
そんな折りにご依頼があったので、速攻手断ちで裁断してファーストサンプルを仕上げて頂きました。

カードケース『名称不詳』 : サンプルの為価格未定 
ブランド : Specialite(スペシャリテ)
企画 : 日本経年変化協会
製作 : Ken Shiina Design Laboratory 代表 椎名賢
素材 : 牛革(脱クロム製法オリジナル皮革『Pate』)


普通のシンプルな奴こそが飽きず長く使えて経年変化を楽しめると思うので、外装パーツはシンプルに仕上げようと思いました。
サンプルですので、手持ちの日本経年変化協会オリジナル皮革レーベル『Marche』から丘染めスムースレザーの『Pateを採用しております。コバは切り目本磨きで仕上げておりますので、ブランドは『Specialite』名義にしております。
実際のご依頼頂いたレザーはカラーも仕上げも専用で仕上げているのでまた別モノの仕上がりになるのかなぁ~?とワクワクしておりますface03

カードのインナー設計はこんな感じを想定しております。
右側にカードポケットを3箇所。
左側にカードポケット2箇所設置しておりますkabinkusa

実際にカードを差し込むとこんな感じicon11
特に一番下のポケットを大きめのゆとりのある設計にしておりますので、2~3枚収納できるスペックを持たせています。

ブランドロゴはカードケースインナー部分右側に刻印します。
『Specialite』のロゴレストランモチーフで気に入っておりますface03
製作担当職人の椎名賢氏は鞄職人であり小物製作もかなり細やかな仕上げを行ってくれています。
カードケースインナーパーツはミシンの上糸と下糸の双方が見えますが、かなり丁寧な縫製であるため、さして違和感を感じませんkuma

カードポケットなどには全てネン入れを行っており、デザインを締めて見せるため手間暇を惜しんでおりませんkirakira
製作している椎名賢氏は「大変やんか~」と言いつつ、作品のクオリティー向上の為理解を頂いておりますicon11

コバは切り目本磨きkirakira
ファーストサンプルなので、軽くの磨きですが、オリジナル皮革『Pateは一瞬にしてコバがある程度整ってしまう優れものです。
実際改良点としては外装パーツの革の厚みをもう少し分厚くすることにより、さらに美しいコバ処理を実現する予定です。


入門ブランド『Entree』でもリリース予定でございます。
「もっと身近にレザーの魅力と経年変化の育てる喜びを知ってもらいたい。」
「もっと身近に日本の卓越した職人のハンドメイドクオリティーを感じてもらいたい。」

そんな想いを込めて、リリースするブランド『Entree』からもカードケースをリリース予定ですface03

名刺ケース『名称未定』 : サンプルのため価格未定 
ブランド : Entree(アントレ)
企画 : 日本経年変化協会
製作 : Ken Shiina Design Laboratory 代表 椎名賢
素材 : 余ってたソフトシュリンククロムレザー & 牛革(脱クロム製法オリジナル皮革『Pate』)


『Entree』でリリースする革小物は可能な限り1万円未満でリリースしたいと考えております。
価格を落とすためには品質を落とすのではなく、製作手法を変更すると言う方法を考えておりますface06
今回はそのへんに余っていたソフトシュリンクのクロムレザーを本体外装パーツに使っておりますicon11
いや、ファーストサンプルですから・・・。

切り目本磨きではなく、ヘリ返し技法に角は菊寄せでしあげることによって製作時間を短縮し、製作費用をおさえる方向で現在検討しています。それでも完璧な菊寄せと縫製は椎名賢氏の腕の良さを感じさせてくれますkirakira
内装パーツは現在サンプルですので、流用していますが、何らかの変更を加えます。

ブランドロゴは『Entree』の刻印を施す予定でございます。
まま、ファーストサンプルですので、改良を加えたらまたご報告させて頂きます。


ご好評頂きました『Entree』コラボ名刺ケースはHarris Tweedでリリース予定
さて、先日ご紹介させて頂きましたブログ『Entree』からリリース予定の名刺ケース『Carte』ですが、

名刺ケース『Carte』 : 8,500円(税別) 
ブランド : Entree(アントレ)
企画 : 日本経年変化協会
製作 : Ken Shiina Design Laboratory 代表 椎名賢
素材 : メルトン生地 & 牛革(脱クロム製法オリジナル皮革『Pate』)


コラボ先のオーダーメイドのテーラー様(先方と調整中の為まだヒ・ミ・ツface05)と調整しまして、オーダースーツの定番生地Harris Tweedとレザーのコンビネーションで製作することになりました。

多分メッチャかっこ良くなりますが、製作個数に限りがあります(随時追加制作頑張りますが、なんせ手作業ですのでicon11)。
随時お知らせさせて頂きますので、ご希望の方はテーラー様にお問合せお願いします。


現在通販サイトとショールームの準備に伴って専用のブログも準備中です。
私販売苦手なので、直営ブランドの『Specialite』『Entree』は通販サイトとショールームも準備しておりますが、筆不精でもあるので、別にブログを作成して専任のスタッフさんにお願いするつもりでありますicon11
日本経年変化協会は企画と経年変化にふさわしい素材や職人さん、そしてメンテナンス方法を紹介していくのが中心ですからね。
またまた、ご報告させて頂きますので、応援よろしくお願いしますface03



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
32年間愛したい
年末のご挨拶
本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 32年間愛したい (2018-01-13 20:10)
 年末のご挨拶 (2017-12-31 18:00)
 本田宏治氏のご紹介と新年度新作サンプル (2017-12-18 16:05)
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)

Posted by エイジングマスター at 19:56│Comments(0)お知らせSpecialiteEntreeオススメのアイテム
前のページ
次のページ