新着情報トピック

ブーツに足を噛まれるについて (2014年04月09日)

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

入学式シーズンmituhanaですねぇ~。今日も制服姿の学生さんやスーツに身を固めた保護者の方々をお見かけしてフレッシュな雰囲気を感じましたface03。この時期に新しいブーツや革靴を購入される方々も多いようです。革靴やブーツの人が苦手って言う方々の要因で多いのは、
・重たい。
・固い(足が痛くなる)。

じゃないでしょうか?

勿論皮革素材は、人工皮革やその他生地素材と比べると重たいです。これはいかんとしがたいですね。
で、固い、足が痛いについては今回一考したいと思います。

ブーツは足が痛くなるのは致し方ない。最初の試練だけどどこまでが許容範囲??
新品のブーツは足が痛くなります。私でもicon11
むしろ新品の時から痛みの伴わないブーツはオーバーサイズなんだろう。と思います。なので、どうしても痛みが嫌って方はワンサイズ大き目をチョイスしたら良いかと思います。
しかし、ジャストで穿くことにより、かっこいい経年変化が得られます。痛みはだいたい2週間~3週間で革に癖がついて解放されます。

経験上ですが、足の外側を見た時、くるぶしと甲が痛い場合は普通だと思います。
それ以外にかかとが痛いや指が痛いってのはサイズや形状がご自身に合っていないと思います。

ブーツは新品の時は凛としたシルエットでかっこいいですね。
しかし、人間の足は歩いたり立ったり座ったりと動作するときに足が動きます。足の動きに併せてブーツは形状を変えていきますが、皮革素材にはある程度の元に戻ろうとする力がかかりますので、これが抵抗となり、足に干渉して痛みを伴うメカニズムです。

私の愛用のスモークジャンパー。
くるぶしと足の甲が痛くて痛くて歩くのも当初辛かったです。
ま、我慢して履き続けることによって私の足の癖に変形しました。
これが、ブーツのエイジングの構成要素になるんですよね。

ブーツ愛好者の試練だと思っていただけると幸いです。



同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
『茶芯』と言う経年変化の魅力
超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件
日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を
【推奨】お財布のメンテナンス
コードバンと栃木レザーのコラボキーケース完成してます
完売御礼のお知らせ
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 『茶芯』と言う経年変化の魅力 (2017-11-18 18:55)
 超シンプルなバッグinバッグが欲しすぎる件 (2017-09-19 18:04)
 日本一のレザー精製『たつの市』で昔ながら普通のヌメ革を (2017-09-13 11:28)
 【推奨】お財布のメンテナンス (2017-08-28 12:53)
 コードバンと栃木レザーのコラボキーケース完成してます (2017-08-11 21:34)
 完売御礼のお知らせ (2017-07-18 13:15)

Posted by エイジングマスター at 14:19│Comments(0)お知らせエイジングを楽しむアイテムメンテナンス(ブーツ)
前のページ
次のページ