新着情報トピック

2014年12月15日

めっちゃ経年変化します

こんばんはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

本日神戸は神戸はkirakiraルミナリエkirakiraと言うイルミネーションが最終日。
いよいよ年末モードに突入です。

前回ご紹介しましたロングワレット『Bespoked Long Wallet』ですが、WEBを見て遠方からお買い求め頂くことが多いと、報告を受けました。喜んで頂けると企画してる私も、製作してる職人さんも嬉しく思いますface03
販売やお問い合わはいつもの如く、姫路レザー有限会社及びまでHoney Hills神戸本店お願いします。

んで、私も販売より先行して自分で使ってみてるんですけど、すでに予想通りの経年変化してきたので、経年変化サンプルとしてご紹介します。


やっぱり!!アルコモイストは色濃く艶が出る経年変化です。ますます育てたい
今回の採用したのはアルコタンニンレザーのラインナップでもオイルレザーに相当するアルコモイストと言うレザーですface06
使用だいたい1ヶ月程度でこんな感じです。

だいぶ変化してますでしょ?
私はモカ×ブラックを愛用しておりますが。
え?良く分からない?
私も気づいていなかったのですが、新品と比較してみて気づいたわけなんですが(笑)icon11

左:使用一ヶ月
右:新品

でございます。財布は毎日使うアイテムであるので、経年変化が意外と早いアイテムかもしれません。

ホントに元は同じレザーです。
デニムのリアポケットに刺してる事が多いので、経年変化ではなく、ケツ年変化かもしれません(笑)。
デニム生地で擦れて艶が出ています。
アルコモイストも私が企画プロデュースした皮革素材になります。ホントに年単位で使うと濃~い茶色になるんじゃないかな?
と思います。

色々レザーに携わって最近感じるのは芯染めより丘染めでレザー繊維に遊びをもたせた方が経年変化がダイナミックに楽しめることが分かってきました。


ワレットチェーンも経年変化してきたよ。ブラス(真鍮)はやっぱり相性良い
ちなみに、ワレットチェーンも比較してみました。

左:使用約1年
右:新品

ワレットチェーンは1年ぐらい使ってますが、ピカピカ感がなくなって鈍い輝きkirakiraになってきました。
育てるのが楽しみなアイテムでもあります。


お問い合わせ先
在庫状態などはゴメンなさい。
把握しておりませんicon11
姫路レザー有限会社及びまでHoney Hills神戸本店お願いします。

Bespoked Long Wallet  : 38,000 + Tax
Color : Mocha×Black、Mocha×Cheryy Red、Mocha×Off White
Color : Green×Black、Green×Cherry Red、Green×Off White
Color : Burgundy×Black、Burgundy×Cherry Red、Burgundy×Off White
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : Gum-A-Mama Leathers Kobe Representative Koji Honda
Material : Arco Tannin Leather (Cowhide)
Handling : Himeji Leather Co., Ltd.
Distribution source : Honey Hills Kobe head office


カラーは3色ですが、インナーパーツにブラック、エンジ、オフホワイトと3色あり、全部で9種類です。
品薄カラーとか売り切れがあった場合もすみません。
販売はホントに把握してなくてicon11
ちなみに、Honey Hills神戸本店ではワレットチェーンも扱って頂いております。

Bespoked Wallet Chain : 24,000 + Tax
Plan & Produce : Japan Agging Association
Making : 38 Silver Works Representative Tatsurou Miya
Material : Brass
Handling : Himeji Leather Co., Ltd.
Distribution source : Honey Hills Kobe head office


ワレットチェーンは大抵の財布に対応しています。彫金師宮達朗氏のハンドメイドです。

また、皆さんの経年変化も見てみたいです。


【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日


2014年12月10日

【速報】今度は馬革でスキン専用ケースを少量製作

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

師走ですhuman2
今年1年早かったぁ~。あっと言う間です。毎年感じますけどねicon11

何とか年内に間に合ったアイテムがあるので、ご報告までicon23
構想2年の歳月を費やして企画プロデュースしたスキン(コンドーム)専用ケースの『Dear Skin』姫路レザー有限会社の直営店舗であるHoney Hills神戸本店でリリースさせて頂きましたが、非常に好評を得まして、初回製作分は即完売face08。依頼を再度受けて追加製作をしましたが、これまた1ヶ月持たずに完売icon11

企画案をご提案した時には周囲から疑惑と反対の声が多かったので、企画した方としてはしてやったりなんですが、『Dear Skin』に関しては、簡単に追加製作できないアイテムでもあります。
理由としては
①他のアイテムを製作した際に発生した端革を採用してること。
②製作は鞄職人のオールハンドメイドであるため時間がかかること。

ですface06
もともとは企画プロデュースの私の個人的なゴリ押しに近い企画でしたので、レギュラーラインナップではなく、販売による利益すら見込んでおらず、職人さんの製作料金のみに限りなく近い販売価格となっていることも理由の要因です。
後、アルコタンニンレザーの品質が非常に良い為、歩留まりが従来の皮革素材より格段に向上していることから、ある程度面積のある端革が発生しにくいとも言うことが一番かもしれません。

そんな折り、『Leather Western Shirts』を製作して頂いたTomohiro Tokita代表の時田智弘氏からシャツを製作した際に少し端革が発生したと報告を頂きましたringo


今度はフルタンの馬革でインナーパーツがアルコタンニンの牛革仕様で少量追加製作でけました
端革があるなら出来る限り追加で製作してみようface03
と言うことになりまして、でけました。

Dear Skinチョコ : 7,000円+Tax
企画 : 日本経年変化協会
製作 : Ken Shiina Design Laboratory 代表 椎名賢
素材 : 本体フルタン馬革+インナーパーツアルコタンニンレザー牛革
取扱 : 姫路レザー有限会社
販売 : Honey Hills神戸本店


Dear Skinキャメル : 7,000円+Tax
企画 : 日本経年変化協会
製作 : Ken Shiina Design Laboratory 代表 椎名賢
素材 : 本体フルタン馬革+インナーパーツアルコタンニンレザー牛革
取扱 : 姫路レザー有限会社
販売 : Honey Hills神戸本店


今度はこの秋リリースされ好評を頂きました、『Leather Western Shirts』で採用した、姫路レザー有限会社のオリジナル皮革Honey Horse(フルタン馬革)で製作してみましたkirakira。インナーパーツには現在仕様変更して現在オフィシャルとして販売していない旧タイプのアルコベーシック(脱クロム製法牛革)を採用しております。


同じデザインでも皮革素材の種類を変更するだけで違ったレザーの魅力が!?
仕上がった『Dear Skin』を見て、改めて実感したのですが、同じデザイン、仕様のアイテムでも素材を変更して製作すると全然異なった雰囲気になることですface08
「馬革い~やんface05。」
製作担当の椎名賢氏も私とおなじ感覚。
レザーアイテムって製作してできるまで分からないモノなんですよねぇ~tanuki

少しフォーマルな印象を与えてくれるのが、チョコカラー。
ダーク系のカラーは傷が多い馬革の傷がほぼ見えなくなるのが特徴なんですが、上品さすら感じます(スキン専用ケースやけどicon11)。

ケースの裏側。フルタンの馬革でアニリン仕上げしている意外基本加工を加えず馬革らしさを最大限に引き出したのがHoney Horseですので、吟面の質感は私は大好きです。
長年愛用していただくと、フルタンホースハイドの経年変化を堪能していただけます(スキン専用ケースやけどicon11

開くとカブセの部分からArco Craftsのブロンドロゴが出てきますが、刻印よりも高くつく銀の箔押しを採用しています。
インナーのキャメルの皮革は旧タイプのアルコベーシックですね。

勿論、ヘリ返し手法ではなく、タンニンをたっぷり保有している皮革素材ですから切り目本磨きでコバ仕上げを施しております。
周りからは「スキン専用ケースでオーバースペックやろ??」と言われますが、専用ケースでも職人さんが一切手を抜かずに製作するのが私はハンドメイドの魅力であると思いますので、妥協は一切しておりませんicon23

ちなみに、企画担当の私と製作担当の椎名賢氏の個人的な好みはキャメルでございますface03
キャメルのような淡い染色はチョコのように濃い染色と異なり、チョコでは目に見えないような傷も目立ってしまいますが、個人的には天然皮革素材の魅力が最大限に表現されていると言う意味で個人的には大好物でございますface05

裏面を見ると、傷ではなく、血筋(血管跡)が残っています。
※天然皮革素材ですので、血筋跡がないものもございます。

個人的には敢えてこのような荒々しい印象を与えてくれるレザーはたまりません。

ブランドロゴはチョコと同じく、銀の箔押しを採用しています。
キャメルは当初色が淡い分使い込むと色濃く経年変化しますので、箔押しが綺麗に見れるようになるはずだと思います。

こちらもコバはばりばりの切り目本磨きでございますface06
本体のコバはチョコとキャメルで色分けております。このあたりは製作担当の椎名賢氏の拘りです。

今回の『Dear Skin』
なかなかの仕上がりとなっておりますので、馬革の質感を是非ご堪能下さいねぇ~。


ちょっとだけ追加情報
モノの企画をしていると役得と言うか何と言うかなんですが、自分の個人オーダーみたいなモノが職人さんにお願いできるわけなんですよ。とりわけ、専用ケースみたいなものが大好きでして(笑)。実は、私と椎名賢氏が二人で愛用しているとある専用ケースがありまして、それをまたまた製品化してみたいと言われたので、現在製作中です。

ナニが出来るかは、ヒ・ミ・ツ(笑)tanuki


お問い合わせ先
今回の『Dear Skin』も含めて企画したアイテムは各販売店へのお問合せをお願いします。
販売店が販売価格とうとうを決定しているので、私はモノの企画しかしていないので、販売店の運営や販売価格も知っていたりいなかったりと曖昧ですのでご了承よろしくお願いします。
今回のお問合せはHoney Hills神戸本店までよろしくお願いいたします。

【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日



2014年12月09日

定番と言う傑作

こんばんはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

神戸はkirakiraルミナリエkirakiraと言うイルミネーションkirakiraが開催され(12月15日まで)、Xmasムード一色face03
夕方4時から交通規制がかかり、大勢の人だかりicon11
大切な恋人、ご家族、ご友人と素敵な夜を過ごしておられるようです。
まぁ~私は十数年ぶりに独りになりましたからねぇ~(笑)、今年は光に集まることはございません(笑)icon23。自分へのXmasプレゼントを色々購入いたしました。

まぁまぁ、Xmasと言わず年末に何時も私がすることは財布の交換ですkuma
風水とかでは財布の寿命は3年らしいですが、私はいつも1年で買い替えます。12月に手帳と一緒に買えちゃいます。
1年使ったら後輩とか友人にあげちゃいますkinoko

そんな時分に姫路レザー有限会社の埴岡社長から「財布欲しい・・・face05と企画依頼がございました。
んで、今回出来上がったのはこちらでございますぅ~kinoko


色んな財布を使ってみてシンプル・イズ・ベストを実感したので最高品質のレザーでこしらえてみました
今回でけたのはこちらでございますぅ~。

Gum-A-Mama Leathers Bespoked Long Wallet : 38,000円+Tax
企画 : 日本経年変化協会
製作 : Gum-A-Mama Leathers 代表 本田宏治
素材 : アルコモイスト(本体牛革)+アルコヴィンテージ(インナーパーツ牛革)
取扱 : 姫路レザー有限会社
販売 : Honey Hills神戸本店


めっちゃシンプルと言うか超シンプルのロングワレットです。
製作はワレットと言えばこの方、Gum-A-Mama Leathers代表の本田宏治氏です。財布って想像以上に革を使うし、鞄並に縫製とか仕上げ大変なんですよ。革職人と言うと以外とオールマイティーで何でも作れると思いがちですが、想像に反して得意分野があるもんで、財布なら本田さんかなり得意とされておられます。本田さんと言えばオニのようなステッチワークですが、かなり今回はシンプルなプレーンで製作して頂きました。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

いや、企画した私が発表するより前にすでに店内に並んどるんですわangly(先に紹介されて悔しい・・・)。
ほんまに見たまんまシンプルなロングワレットです。
カラーもバーガンディー、グリーン、キャメルと3色展開なんです。
これシンプルにした理由が
めっちゃ経年変化する極上の皮革素材やから純粋に経年変化たのしみたいねん!!
につきますface06


製造部門のメンバー全員チェンジして失敗を繰り返してでけた極上レザーが『アルコモイスト』
今回、財布の企画で一つだけ条件を姫路レザー有限会社に出したのが、
アルコモイストと言う種類のレザー素材を使わせてくれ!!
と言うこと、現在のアルコタンニンレザーアルコベーシックアルコヴィンテージアルコモイストと言う3つの仕上げの異なるレザーのラインナップがあり、いずれも日本経年変化協会で企画プロデュスさせて頂いた皮革素材になりますが、アルコモイストが特になかなか思い通りにいかなくて、失敗を繰り返し製造メンバーを全員入れ替えてようやく完成に至ったレザーなんです。
プルアップのオイルドレザーと思って頂くとイメージしやすいです。
北米産の原皮採用してるので吟面層が厚く、独特のプルアップとオイルをたっぷり保有するので、モイスト(潤い)と名づけました。脱クロム製法のアルコタンニンレザーなんでオイルヌメ特有のヴォリュームはそのままにメッチャ軽いのが特徴。
皮革の説明は姫路レザー有限会社のWEBサイトでご確認下さい。よ~やくWEBサイトでけたそうです。
http://www.himeji-leather.co.jp/

(写真提供:Honey Hills神戸本店

写真はバーガンディーカラーですが、通常オイルレザーは吟面をヤスリをかけてオイルを添付することが多いのですが、アルコモイストは吟面を傷つけるようなことはあまりしてないので、レザーらしさを存分に味わってもらえます。
アルコモイストなんですが実は、前から使わせて欲しいと言っているのに、回ってこなかったんです。のらりくらりと明確な回答をしない姫路レザー有限会社の埴岡社長を問い詰めてみると、現在欠品状態のレザー皮革で初回生産はなんと完売face08。現在追加生産で鞣しからしてるそうで、年内なんとかあがってくるとか・・・。商社さんとかメーカーさんが現物見ると気に入ってしまうレザーらしく企画担当者の私ですら使えない状態でした。
今回無理いってスワッチサンプル用の最後のストックを半ば強制に頂戴致しました。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

クロムを含んだレザーですが、アルコタンニンレザーはクロムを最低限ギリギリまで抜き取ってからタンニン鞣しを行う製法ゆえに、使い心地はヌメと変わりません。コバは切り目本磨きで着色もせず素のままで仕上げております。極上の皮革素材は小細工無用ですkirakira
ハンドメイドならではのミルフィーユのように層をなす、レザー本来のもつ特徴と切り目本磨きの職人技を堪能して頂きたい。


買い物は早い者勝ちやし、アソートってワクワクするやん?
今回、納品してから
「おいおい、これは・・・!?」
と突っ込まれたのは、インナーパーツのカラー。
財布はバーガンディー、グリーン、キャメルの3色なんですが、各色インナーパーツも3色で製作しました。
これは企画担当者の私と制作担当の本田氏の遊び心。


(写真提供:Honey Hills神戸本店

まずは定番のブラック。
アルコヴィンテージを採用しているのでピグメント仕上げの茶心レザーです。
定番中の定番狙うならコレだね。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

何か、よ~理由は分かりませんが、一番人気はこちらのホワイト。
アルコヴィンテージのカラーラインナップで色合せが一番難しかったやつicon11
普通の白色やなくて、ヴィンテージの白を意識したので、少し黄色がかったホワイトなんです。このカラーの感覚を伝えるのが難しかった。無論、こちらも茶心仕様。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

アルコヴィンテージのレザー素材として、工房・アトリエ、メーカー、商社に一番売れてるカラーがこちらのエンヂカラー。
私、生まれも育ちも神戸ですので、阪急電車カラーですが、ヴィンテージのレッドってこのカラーなんですよ。

財布のカラーは3色。各色インナーパーツも3色。
私食事もお得な定食よりも、いろんなものを少しずつ食べたい性格でしてアソート大好きですface05
ワクワクしますでしょ?
なんか、品薄になってるインナーパーツカラーもあるそうです。詳しくは聞いてないicon11ので、Honey Hills神戸本店で在庫はご確認下さい。


誰も気付かなかった?実はアタリがあるんですわ(笑)
アソートは気づいたようですが、アタリが納品時に誰も気づいてくれなかったのが残念。後日
「会長、あれナニ?」
って気づくの遅っ!!
もうちょい早く気づいてや・・・icon11。購入頂いたお客様も気づいておられない様子らしいですよ。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

通常でもコインケースのジッパーはWALDESのブラスジッパーを採用しております。
スライダー形状は定番もの。
実は2個だけね。2個だけ。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

チェーン形状のスライダーを採用しているんですよ。
「ジッパーの数が足りなかったのですか?」
とスタッフから質問。
この大馬鹿いかれポンチ野郎angly
通常のスライダーより高価なんですよ。こちらの方が。
店舗では2個だけ形状が異なるスライダーなので、販売せずに置いてたそうです。
ってことでアタリは特に聞いていないので、まだ在庫にあるはず??

アタリってワクワクするやないですか?


ちなみに私はキャメル×ブラックを愛用しています。ど定番中のど定番
私はキャメル×ブラックを12月になってから愛用しています。

オイルレザーですが、吟面を研磨加工していないため、経年変化早め。
アルコモイストは使い込めば色がどんどん濃くなって、艶が出る経年変化を楽しめますface03

インナーパーツもヴィンテージ仕様でえ~感じface03
インナーパーツにArco Craftsのブランドロゴが刻印されています。
刻印部分からいち早く茶芯が出てくるのでロゴの経年変化も楽しめると言う仕掛けです。
定番は飽きないと言う傑作。
定番と言う傑作を素材や仕掛けで究極のこだわり(自己満足)を盛り込んでみた感じです。



問い合わせ先
よく、皮革素材やアイテムに関して日本経年変化協会に問い合わせを頂くことが非常に多いですが、私に質問されても基本お答えできません。販売価格とかも知らないケースもあるので、Honey Hills神戸本店にお問合せ頂けますようよろしくお願いします。
【店舗情報】
Honey Hills神戸本店leather fair
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号

TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休日 毎週水曜日



2014年09月16日

キーホルダーSomeの追加生産は未定です

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

先日ですね。Honey Hills神戸本店に夜立ち寄ってみましたら、お客様がいらしておりましたface02
日本経年変化協会Honey Hills神戸本店のブログを欠かさずチェックしてくれていると言うではあ~りませんかface03
お見受けしたところ、お若い方だと思いますが、相当なレザーフリークkirakira

私は時々店舗に出現しますが、接客はしませんので、来店者のお客様がいらっしゃるとバックヤードに雲隠れしてしまいます(笑)icon11
恥ずかしいんだも~ん(笑)。
でも先日お会いしたお客様は、相当なレザー愛好家でいらっしゃいましたので、私から商品の企画や説明についてご紹介させて頂きました。
その時、キーホルダーをお買い上げ頂きましたface02
これホントの革好きだったら一番目に留まるアイテムなんで、ご紹介します。
最近、Honey Hills神戸本店はじめ、プロデュース先のお店のスタッフの方々が凄く上手に商品を紹介されているので、企画する私はだんだん筆不精になっているのですが、Honey Hills神戸本店は100%プロデュースなんだから!!と叱られたたので(笑)。


キーホルダーって雑に扱われやすいから、めっちゃ本気で作りこみたかった
キーホルダーって結構雑なアイテムだと私は思うんですよtanuki
革製品扱っている店舗さんなら必ずと言って良いほどあるのがキーホルダー。お手頃価格でね。
で粗品とか何円以上お買い上げの方にはキーホルダーみたいなん。
困ったときにはキーホルダーみたいな扱いって雑じゃねicon11??
と私ず~~~~~と思ってましたface06
結局日常生活でそんなキーホルダー使ってます???
大半が行方不明になってません(笑)??
理由は使いたいと思わないから行方不明になるんですよ(笑)。

なのでキーホルダーの企画プロデュースはやりたくなかったのですが、姫路レザーの社長さんが、
「オレ、キーホルダー欲しいから企画してよicon23。」
ほな考えよか~って考えて使いたくなるキーホルダーにしようと思ったのはこれ

職人技ばりばり詰め込んだもの~と思ったけど、キーホルダーって小物中の小物なんで、悩んでいたところを鞄の企画してて思いついたのがこれ、アイディアのきっかけは前回のブログ(たかがキーホルダーされどキーホルダー)を参照していただけると助かります。

鞄職人の椎名賢氏作。
一枚革だけでなく、両面が吟面になるように貼りあわせてステッチで縫製してコバを切り目本磨き手法で職人の手磨きなんです。

アルコタンニンレザーなんでフルタンヌメのような質感ですが、クロムの成分が入っているのでめちゃくちゃ丈夫です。折り返してもコバが割れるようなことはありませんkirakira。革製品の愛好家の方からも
「これヌメのタンニンでしょ??」
と言われるほどですが、フルタンではなく、脱クロム製法によるアルコタンニンレザーでございます。
クロムは化学薬品でタンニン剤と比べて非常に強力な薬品です。したがってアルコタンニンレザーのようにタンニンの特色を活かすためには90%以上のクロムを抜き取る必要があります。10%未満のクロムで十分にクロムの軽さや丈夫さが残るのでつくづく、皮革の奥深さを感じますねぇ~。


個人的にはシュリンクがオススメです。先日もお客様にオススメしたのもシュリンクです。
こちらのキーホルダーは『Some』と命名していますが、基本原則、こちらも鞄などを製作した際の端切れ革を上手く活用したアイテムになります。個人的に気に入っているものがありまして、それがこちら

(写真提供:Honey Hills神戸本店

本体の皮革がシュリンクになっています。
これはショルダー・トートバッグ『Ema』の本体の皮革で製作されたものです。
ベルト部分だけスムースレザーを採用したモデルです。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

スムースバージョンと皮革してみても、同じデザインですが、素材の選定によって異なった雰囲気を醸し出してくれます。
先日、店舗でお会いしたお客様にはシュリンクの赤をオススメさせて頂きました。
レザー愛好家はスムースレザーに好みが傾倒しがちですが、シュリンクは使い込む事に独特の艶が出るのがたまりません。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

サイドから見てお分かりいただけますとおり、貼りあわせて縫製をかけています。見えない部分も吟面になっている贅沢仕様face08なんです。刻印もメチャクチャ綺麗にキマっています。


次回生産は未定です。だって製作することにあまり意味ないんです(笑)
キーホルダー『Some』。
こんだけ拘りまくってHoney Hills神戸本店での販売価格は3,000円(税別)なんです。
正直これは実は利益なしのトントン商品なんです。
オープニングに向けたイベントアイテムだったんですが、まさかの大反響で追加をしたのですが、これ職人さんもよほど手が空いてないとできないし、誰も儲かってない(笑)。と言う凄いアイテムなんです。
なので、これは私がドラマ『相棒』の課長役のように
「暇か??」
って職人さんに訊かないとダメだし、職人さん暇じゃないの分かっているので(笑)。当分の間追加生産は考えておりません。
なので、現在店舗に出てる分だけになりますので、ご了承お願いします。

商品名:キーホルダー『Some』
価格 :3,000円(税別)
企画 :日本経年変化協会
製作 :椎名賢
販売元:Honey Hills神戸本店


お問い合わせ先
そうそう、良く私に問い合わせをされるのですが、基本原則Honey Hills神戸本店ですべて取扱しておりますので、店舗への問い合わせがとても迅速な対応ができると思います。
【店舗情報】
Honey Hills神戸本店
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号
TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休 毎週水曜日


2014年09月13日

お問い合わせの多いデニムについて

こんにちはkabinkusa
日本経年変化協会ですkuma

ご無沙汰しておりまして申し訳ないですicon11
もう秋の足音が聞こえてきますが、今年の夏は趣味のジギング三昧で釣りに夢中になっておりました。
兵庫県明石はブリ・ハマチ、鯖のような青物から太刀魚、サワラ、真鯛、タコと美味しい海の幸がいっぱい釣れるんですな。美味しいし楽しいねぇ~と言ってると
「会長ソロソロ企画プロデュース始めなはれや。」
と各方面からご注意を頂き、そろそろ頑張りますicon09

んでもって最近問い合わせが多いのが、私が以前企画プロデュースさせて頂いたデニムについて。
あれは去年だったかな?今だに反響があるのに驚いています。
もともとはR-18プロジェクトの隠れアイテムで企画して、アーティストの衣装を手がけているデザイナー時田智弘氏とコラボしたものでした。出版社のモデルさんの衣装にも提供させて頂きましたが、今日でも今なお問い合わせを多数頂きますface08

ちなみに現在当時のデニムは日本経年変化協会では直販はお休みしておりまして、神戸で姫路レザー有限会社の直営店であるHoney Hills神戸本店に仕様を少し変更して販売しております。


素材に拘ったからヴィンテージに限りなく近い色落ちだけどデザインでオリジナルのエイジングを実現
Honey Hills神戸本店ヴァージョンはデザイン縫製は同じですが、デニム生地やレザーなどを少し変更しました。

R-18プロジェクトの隠れアイテムの時は真っ赤なレザーに併せて、ブラックデニムを採用しましたが、Honey Hills神戸本店ヴァージョンは一般向けするようにインディゴデニム生地を採用していますface06
なぁ~んか最近雑誌とか見てると、ヘビーオンスデニムが流行しているよう~です。自立するようなジーンズねicon11。私ももフラットヘッドのヘビーオンスデニムで20オンスを購入しましたが、個人的にはちょっと苦手かなface07。確かに冬場は暖かいです。
・色落ちが大雑把過ぎる(古着のヴィンテージと比べると全然違う)
・重た~い。

この2点が苦手な理由。質実剛健なアイテムは大好きですが、30代なかばを過ぎると重たいのは少し(笑)。
で実際古着のヴィンテージと呼ばれるデニムはほとんどが12オンス以下(大戦モデルは14オンス)で、分厚いデニム生地を織る機械が存在していなかったってのが理由です。ヴィンテージのエイジングを目標としている国産デニムブランドの多くが12オンス前後を標準デニム生地として採用しているように思えます。

今回私がHoney Hills神戸本店ヴァージョンとして再度企画をやり直した際も12オンスデニム生地を採用しましたkirakira
ちなみに国産デニム生地を初めて作った広島県カイハラのデニム生地を採用しています。創業はなんと明治26年face08。国産デニムと言うと岡山県児島も頑張ってますが、実はパイオニアはおとなりの広島県なんですicon11。基本ジーンズの色落ち・エイジングはデニム生地で決まりますからね。素材選定をしっかり行えばエイジングは間違いありません。
でも最近言われるのが
「普通の5ポケットパンツ作って下さい。」
と言われます。
ハイicon23。作りません。だって既存の国産ブランドでいっぱい出回ってますもん。十分完成度が高いですし、私も各ブランドのデニムは愛用させてもらってます。なので、MXパンツのシルエットでブッシュパンツを企画したんです。

ブッシュパンツって色落ちしたらカッコいいですからね。あえてこのデザインを指定して製作しました。


毎日穿ける。つまり穿きやすいってことなんです
「会長、もうっちょっとデニムの説明をした方がいいのでは?」
と言われてましたが、今日まで放置状態icon11
あんましメジャーになってほしくないと言うか(笑)。使い勝手が良いジーンズなんです。インプレはのHoney Hills神戸本店藤田店長
がブログで紹介されているので、補足説明的に。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

藤田店長も普段から愛用して頂いて凄いって言ってくれるのが履き心地。素材はやわらかすぎず固すぎない12オンスデニムですが、型紙を起こす際、デザイナー時田智弘氏が得意とする立体裁断を採用しています。足を曲げた際にモモ裏やヒップ周りががつっぱらないのでストレスが無い設計になっています。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

股上を深く取っているのも特徴でお腹周りが非常に楽な設計になっています。
釣りしたり、単車に乗ったりと私は一般的な社会人より外で遊んでいるので立ったりしゃがんだりが多いので、これは非常に楽ちんkuma

リアポケットはワレットを入れると観音開きで中からレザーが出てくると言う設計です。Honey Hills神戸本店ヴァージョンは勿論アルコタンニンレザーを採用しています。これはデザイン上の遊びでございます。革好きだから~と言う理由です(笑)。

(写真提供:Honey Hills神戸本店

藤田店長はフロントポケットがスマホに丁度良いとのことですが、そこまで考えてませんでした。デザイン上丁度良い大きさに設定したので、偶然ですね(笑)。ちなみに私はポケットにモノを入れない主義でございますicon23

普通のデニムを何本か持ってる方向けの遊び心満載の楽ちんブッシュパンツデニムと思って頂けると良いかと思います。


お問い合わせ先
なので、現在はHoney Hills神戸本店での取扱販売のみです。
サイズはS、M、L、XLです。
SとXLが在庫が乏しいようです。
価格は24,000円+taxです。
【店舗情報】
Honey Hills神戸本店
兵庫県神戸市中央区下山手通3-3-12 元町福穂ビル1F-B号
TEL 078-322-0777
営業時間 11:00~20:00
定休 毎週水曜日

前のページ
次のページ