新着情報トピック

2011年12月30日

N1ジャケットの着込み開始

おはようございます。日本経年変化協会です。
今年もあと残すところ二日となりました。

さて,自分のアイテムを整理してると
ワイズエッグのメガネ@部長さんからお電話icon10
「ちょいと嬉しいアイテムゲットやねん。」
なんだろうと思うと,なんとリアルマッコイズのN1ジャケットをゲットされたとのことface08。こんな高価なお洋服どうしたんですか?
クリスマスプレゼントに彼女から贈られたらしい・・・。うらやましいicon11。いつも寒そうにしてるからとのこと。メガネ@部長はレザーが大好きで,何時も革ジャンですからね・・・。ちなみにレザーの防寒性は低いですよ(笑)。

N1デッキジャケットについて

ヴィンテージやアメカジのアイテムにおいて,フライトジャケット軍モノと呼ばれるアイテムがあります。所謂軍隊のアイテムです。軍隊で採用されていたジャケットやブーツのことです。
「戦争は技術を大いに発展させる」
と戦争を明るく捉えた発言がありますが,戦争は良くないですが,合理性や機能性を重視することが多く,軍隊の用いるアイテムから派生した商品と言うのは結構多いのですface06。今回,メガネ@部長がゲットしたのは,N1ジャケットです。これは通称”デッキジャケット”と呼ばれアメリカ海軍が第2次大戦~朝鮮戦争ぐらいまで採用していた防寒ジャケットです。主に駆逐艦や空母の整備兵が着用しており,寒い甲板での作業に用いられていたので”デッキジャケット”と呼ばれていた由来です。当時の製品を忠実に再現しているブランドがリアルマッコイズです。

メガネ@部長が期待するエイジングとは?
経年変化によるエイジングを期待するのはどうしてもレザージャケットやデニムジャケットになりがち・・・。N1ジャケットの素材はコットンだし,エイジングが期待できないのであれば,日本経年変化協会として取り上げるわけにはいかのですが・・・。メガネ@部長に叱られましたface07
「別に自慢したいわけちゃうわangly。メッチャエイジング期待してるちゅーの」
と(笑)。

N1ジャケットはコットンと言っても100%コットンで,コットングログラン素材と呼ばれる高密度なコットンであることがメガネ@部長の注目ポイントらしいです・・・。コットングログラン素材は皺が入りやすく,腕周りのエイジングと可動部分が擦れた場合光沢が出るそうで,そこに注目されているようです。襟元はアルパカであるため,日焼けして変色も期待できるとのこと。メガネ@部長マニアック過ぎる・・・。当協会の加盟員になって欲しいですが(笑)?

アメリカ海軍のステンシルまで入ってます。N1ジャケットは当初ネイビーカラーで1944年に支給されましたが,1945年にこちらのカーキが支給されました。

風が入り込まないように設計された袖口。この構造も戦争から生まれたもの・・・。戦争は良くないですが,やはり色んなものが進化するきっかけになるのでしょう・・・。ちなみにN1ジャケットのネイビーつまり1944年モデルは袖口にもアルパカがライニングされてますが,カーキの1945年モデルから省略されています。理由は袖口のアルパカが機能的ではないからだと言われています。

ジャケット内側はアルパカでライニングされています。これは絶対温いだろうな・・・。

メガネ@部長はアルパカの毛が寝てくることも期待されているそうです。

羨ましいなぁ~。

「彼女が僕が寒そうってプレゼントしてくれたんやで!愛やろ?愛?これは愛のぬくもりやん?ジャケットは経年変化しても愛情は変わらないよね。」

ってメガネ@部長ちょっと気持ち悪い発言(笑)。ならとっとと結婚しなはれ!
このお方もマニアックで色んなアイテム収集するので,なかなか結婚しないんだろうなぁ~(笑)。ただ今彼はヘビロテで着用しているらしいので,冬が終わったら是非結果を拝見したいです。
2011年12月26日

コットン製MXパンツの穿きこみ開始

こんにちは。日本経年変化協会です。
クリスマスも終了し、一気に年末・年始ムードが街中で溢れかえっています。

先日のブログで撮影を拒否されたメガネ@部長さんも楽しいクリスマスを過ごされたようで、前回面白いアイテムをゲットしたと言われたのでタイミングを見て今回撮影に協力して頂きましたicon11(笑)。

キャンパス地(コットン)のブランクMXパンツ

細身のパンツです。
でぃーぷ神戸でも紹介されていた、Road Runnerさんのオリジナル商品です。

隠しポケットになり、ボタンフライのボタンは真鍮製kirakiraです。
生地はキャンパス地のコットンです。

パッチなど存在せず、ウエスト周りの内側にRoad Runnerさんのロゴが入っています。


ヒップ周りは単車に乗ることを想定してあて布が施されています。
単車乗りの方の特徴としてジーンズも股付近が経年変化によって破けてしまうのです。
メーカーによってはステッチの太さを変えるなどの対応がされていますが、やはりリペアが多い部分になってしまいますface07
あて布が一番効果的な補強策・対応策になります。

そして膝周りにはマチがほどこされており、タイトなデザインにも関わらず、膝の可動領域を楽にしています。

期待・想定するエイジングとは?
コットン製品のエイジングは基本、穿きこみや着込むことによる可動部の摩擦による光沢kirakiraを期待するのが一般的です。
メガネ@部長さんは、キャンパス生地に注目されているようです。
「Road Runnnerさんはステッチがグレーになるといってるけど、生地自体もグレーになるんちゃうん?」
タイトなデザインだからこそ、面白いエイジングを期待されているようです。
メガネ@部長さんの穿きこみに期待しましょう。
2011年12月24日

ユニクロジーンズの穿き込み実験開始

メリー・クリスマスkirakira日本経年変化協会です。
楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?聖なる夜にブログを綴っておりますicon11

昨日,
株式会社ワイズエッグのメガネ@部長さんから
「経年変化楽しみなアイテムゲットしたから,撮影したら?」
と連絡がありました。嬉しい凄く協力的face03
で今日連絡撮影したいなと思ったら
「今日明日はクリスマスやんけ!仕事の話するなangly
と叱られましたicon11。理不尽だけど,彼は昔からこうだから変わってないなぁ~と。メガネ@部長が何をゲットされたかは楽しみにしておいて。

今回は検証実験開始の報告を
ユニクロジーンズ穿き込んだらどうなる?
を検証したいとface06

ユニクロは全国展開しているアパレルメーカー・小売ですが,ジーンズ愛好家としてはなんか安物のなんちゃってジーンズってイメージがありがちです(ユニクロさんすみませんface07)。ユニクロジーンズの穿き込み検証って以外とデータもない。なのでやってみたら?と先週の株式会社ワイズエッグオフィスにお邪魔させて頂いた時にメガネ@部長さんから提案が・・・。日本経年変化協会の会長の私が対外的にもユニクロを穿くわけにはいかず・・・。メガネ@部長も断固穿きたくないと言いだしっぺにも関わらず拒否。メガネ@部長が株式会社ワイズエッグの開発部長である福本部長を呼んで,

「フッキーこれ穿き込んで来年の3月まで洗濯したらあかんで。嫁さんに洗濯されないように業務やからね」


ってあんた鬼か・・・。でも福本部長よろしくお願いしますface03。さて,今回穿き込むのはこちら

ユニクロジーンズ3005

シルエットはリーバイスの505に近い。ジッパーフライタイプです。

デニム生地と言えるのかなこれicon11
10オンス前後。メガネ@部長さんも実物みて「これデニムシャツの生地ちゃうんか?」とのこと(笑)。

穿き込んでいないのにすでに蜂の巣チック(笑)。皺が入るデニムって・・・。

ヒップ周り。パッチは恐らく合皮。何も記載されていない。とりあえずパッチの右下に3005と型式だけが記載。

裾周りも何の特徴もない・・・。

大量生産のジーンズの穿き込み結果は如何に?

福本部長ありがとうございますと伝えると
「しかたないですよ。業務ですから」
とクールな対応。

申し訳ないです。お願いします。

前のページ